京都大学大学院 医学研究科 消化管外科学 講師

日本外科学会 指導医 日本消化器外科学会 消化器外科指導医 日本内視鏡外科学会 技術認定取得者(消化器・一般外科領域) 腹腔鏡下大腸切除研究会 理事 日本外科教育研究会 世話人

肥田 侯矢 ひだ こうや 先生

公開日
2022/02/28

基本情報

診療科・主な得意領域

  • 肥田先生の直腸がんの専門領域
    • 腹腔鏡手術
    • ロボット手術
  • 肥田先生の潰瘍性大腸炎の専門領域
    • 腹腔鏡手術
  • 肥田先生のクローン病の専門領域
    • 腹腔鏡手術
  • 【診療科】消化管外科、大腸外科、医学教育、外科教育
  • 【疾患名】結腸がん【治療法】腹腔鏡手術、ロボット手術
  • 【疾患名】腹壁瘢痕ヘルニア【治療法】腹腔鏡手術、ロボット手術

資格・学会・役職

日本外科学会 指導医
日本消化器外科学会 消化器外科指導医
日本内視鏡外科学会 技術認定取得者(消化器・一般外科領域)
腹腔鏡下大腸切除研究会 理事
日本外科教育研究会 世話人
  • 京都大学大学院 医学研究科 消化管外科学 講師

所属病院

京都大学医学部附属病院

  • 内科 血液内科 リウマチ科 外科 精神科 神経内科 脳神経外科 呼吸器外科 消化器外科 腎臓内科 心臓血管外科 小児科 小児外科 整形外科 形成外科 皮膚科 泌尿器科 産婦人科 眼科 耳鼻咽喉科 リハビリテーション科 放射線科 歯科口腔外科 麻酔科 乳腺外科 呼吸器内科 循環器内科 消化器内科 免疫・膠原病内科
  • 京都府京都市左京区聖護院川原町54
  • 京阪鴨東線 神宮丸太町 徒歩10分 琵琶湖線 京都 近畿日本鉄道京都線、京都市営地下鉄烏丸線も乗り入れあり  八条口より直通路線バス「京大病院ライナー」利用可(有料) バス30分
  • 075-751-3111
公式ウェブサイト
京都大学医学部附属病院

医療記事

来歴等

略歴

1997年 京都大学医学部 卒業
1997年 沖縄中部徳洲会病院
2000年 京都大学 第二外科
2000年 大阪府済生会泉尾病院 外科
2005年 京都大学外科大学院
2009年 京都大学 消化管外科
2011年 西神戸医療センター 外科 医長
2013年 京都大学 消化管外科 助教
2016年 京都大学医学部附属病院
2016年 総合臨床教育・研修センター 院内講師
2021年 京都大学 消化管外科 講師

論文

  • 1. 【パンデミック下の医学教育-現在進行形の実践報告-】卒後教育 Webオリエンテーションと自宅勤務. 医学教育. 51(3):323.2020.

    肥田 侯矢, 木村 武司, 植野 司, 染谷 真紀, 伊藤 和史, 小西 靖彦, 辻川 明孝.

  • 2. 外科医を育てる![第16回] 氷河期時代の外科教育. 外科. 80(9):958-962.2018.

    肥田 侯矢, 板谷 喜朗, 八木 真太郎, 伊藤 和史, 坂井 義治.

  • 3. 【合併症ゼロを目指した最新の低侵襲内視鏡外科手術】大腸・肛門 TaTME(ISR). 手術. 72(4):629-635.2018.

    肥田 侯矢, 岡田 倫明, 河田 健二, 吉冨 摩美, 稲本 将, 坂井 義治.

  • 4. 【ここが知りたい!腹腔鏡下大腸手術】直腸切断術. 消化器外科. 41(7):1041-1051.2018.

    肥田 侯矢.

  • 5. 【攻めるか守るか 直腸癌手術の機能温存と拡大切除】内腸骨動(静)脈の温存と合併切除. 手術. 71(9):1281-1288.2017.

    肥田 侯矢, 岡田 倫明, 稲本 将, 吉冨 摩美, 河田 健二, 坂井 義治.

  • 6. 【臨床試験デザイン】外科領域の臨床研究 臨床医の視点から. 日本外科学会雑誌. 117(1):28-32.2016.

    肥田 侯矢.

  • 7. 【StageIV大腸癌に対する外科的治療戦略】StageIV大腸癌の腹腔鏡下原発巣切除の意義. 外科. 77(1):18-22.2015.

    肥田 侯矢, 高橋 亮, 平井 健次郎, 西川 元, 塩田 哲也, 河田 健二, 長谷川 傑, 坂井 義治.

  • 8. 【消化器外科手術ピットフォールとリカバリーショット】大腸 腹腔鏡下低位前方切除のピットフォールと対策. 外科. 76(12):1411-1415.2014.

    肥田 侯矢, 高橋 亮, 西川 元, 塩田 哲也, 河田 健二, 長谷川 傑, 坂井 義治.

  • 9. 【専門医必修!消化器癌定型手術の標準手技アトラス】大腸癌 腹腔鏡下結腸左半切除術. 手術. 68(4):607-612.2014.

    肥田 侯矢, 河田 健二, 長谷川 傑, 坂井 義治.

  • 10. 【外科当直医必携】病棟当直医必携 術後合併症と対策 大腸癌手術 回盲部切除術. 消化器外科. 33(5):817-818.2010.

    肥田 侯矢, 野村 明成, 坂井 義治.

  • 11. クローン病合併小腸癌の1例. 日本消化器外科学会雑誌. 41(3):329-334.2008.

    肥田 侯矢, 川村 純一郎, 長山 聡, 桜井 孝規, 水本 吉則, 坂井 義治.

  • 12. Japan Society of Laparoscopic Colorectal. Prognostic Impact of Lateral Pelvic Node Dissection on the Survival of Patients in Low Rectal Cancer Subgroups Based on Lymph Node Size. Ann Surg Oncol. 28(11):6179-6188.2021.

    K. Hida, D. Nishizaki, A. Sumii, R. Okamura, Y. Sakai, T. Konishi, T. Akagi, T. Yamaguchi, T. Akiyoshi, M. Fukuda, S. Yamamoto, S. Arizono, M. Uemura, H. Hasegawa, K. Kawada, S. Morita, M. Watanabe, and S.

  • 13. Japan Society of Laparoscopic Colorectal. Open Versus Laparoscopic Surgery for Advanced Low Rectal Cancer: A Large, Multicenter, Propensity Score Matched Cohort Study in Japan. Ann Surg. 268(2):318-324.2018.

    K. Hida, R. Okamura, Y. Sakai, T. Konishi, T. Akagi, T. Yamaguchi, T. Akiyoshi, M. Fukuda, S. Yamamoto, M. Yamamoto, T. Nishigori, K. Kawada, S. Hasegawa, S. Morita, M. Watanabe, and S.

  • 14. A New Prediction Model for Local Recurrence after Curative Rectal Cancer Surgery: Development and Validation as an Asian Collaborative Study. Dis Colon Rectum. 60(11):1168-1174.2017.

    K. Hida, R. Okamura, S. Y. Park, T. Nishigori, R. Takahashi, K. Kawada, G. S. Choi, and Y. Sakai.

  • 15. Open Versus Laparoscopic Resection of Primary Tumor for Incurable Stage IV Colorectal Cancer: A Large Multicenter Consecutive Patients Cohort Study. Ann Surg. 255(5):929-934.2012.

    K. Hida, S. Hasegawa, Y. Kinjo, K. Yoshimura, M. Inomata, M. Ito, Y. Fukunaga, A. Kanazawa, H. Idani, Y. Sakai, and M. Watanabe.

  • 16. Male Sexual Function after Laparoscopic Total Mesorectal Excision. Colorectal Dis. 15(2):244-251.2012.

    K. Hida, S. Hasegawa, Y. Kataoka, S. Nagayama, K. Yoshimura, A. Nomura, K. Kawada, J. Kawamura, Y. Kinjo, and Y. Sakai.

  • 17. Risk Factors for Complications after Laparoscopic Surgery in Colorectal Cancer Patients: Experience of 401 Cases at a Single Institution. World J Surg. 33(8):1733-1740.2009.

    K. Hida, T. Yamaguchi, H. Hata, H. Kuroyanagi, S. Nagayama, H. Tada, S. Teramukai, M. Fukushima, K. Koizumi, and Y. Sakai.

著書

  • K. Hida, R. Okamura, T. Nishigori, N. Hoshino, S. Goto, K. Okumura, Evidence of Laparoscopic Surgery for Colorectal Cancer. Laparoscopic Surgery for Colorectal Cancer, Pages 17-29, 2016. Editor: Sakai Yoshiharu, Springer

本ページにおける情報は、医師本人の申告に基づいて掲載しております。内容については弊社においても可能な限り配慮しておりますが、最新の情報については公開情報等をご確認いただき、またご自身でお問い合わせいただきますようお願いします。

なお、弊社はいかなる場合にも、掲載された情報の誤り、不正確等にもとづく損害に対して責任を負わないものとします。

他の医師を見る

同じ所属病院の医師