新型コロナウイルス感染症特設サイトはこちら

京都大学 医学研究科外科学講座(消化管外科学) 准教授

日本外科学会 外科専門医・指導医・代議員 日本内視鏡外科学会 技術認定取得者(消化器・一般外科領域)・評議員・ロボット支援手術認定プロクター(消化器・一般外科) 日本食道学会 食道科認定医・評議員 日本消化器外科学会 消化器外科専門医・消化器外科指導医 日本消化器病学会 消化器病専門医 米国外科学会(ACS) フェロー(Fellow of American College of Surgeons) 日本ロボット外科学会 国際B級認定ロボット手術専門医・国内A級認定ロボット手術専門医 日本胃癌学会 代議員

小濵 和貴 おばま かずたか 先生

公開日
2020/06/29

早い時期からロボット支援胃がん手術を手掛け、ロボット手術に精通している。胃がんや食道胃接合部がんのロボット支援手術を専門としており、多忙な臨床・研究・教育の合間をぬって、全国約40施設のロボット支援胃がん手術の立ち上げをサポートした。ロボット手術のプロクター(手術指導)は100件を超える。趣味はマラソンと登山とバイク。

小濵先生のストーリー記事

つらいときを乗り越えた先に、外科医としてのやりがいは必ずある
つらいときを乗り越えた先に、外科医としてのやりがいは必ずある

一人ひとりの患者さんに誠実に対応するとともに、これまでに培った技術や考え方を後進に伝えることに力を注ぐ小濵 和貴先生のストーリー

基本情報

診療科・主な得意領域

  • 消化器外科
  • 小濵先生の胃がんに関する得意な領域
    • ロボット支援手術
    • 腹腔鏡手術
    • 集学的治療
  • 小濵先生の消化管間質腫瘍に関する得意な領域
    • ロボット支援手術
    • 腹腔鏡手術
    • 集学的治療
  • 小濵先生の食道がんに関する得意な領域
    • ロボット支援手術
    • 胸腔鏡・腹腔鏡手術
    • 集学的治療
  • 【疾患名】食道胃接合部がん【治療法】ロボット支援手術、腹腔鏡手術、集学的治療

資格・学会・役職

日本外科学会 外科専門医・指導医・代議員
日本内視鏡外科学会 技術認定取得者(消化器・一般外科領域)・評議員・ロボット支援手術認定プロクター(消化器・一般外科)
日本食道学会 食道科認定医・評議員
日本消化器外科学会 消化器外科専門医・消化器外科指導医
日本消化器病学会 消化器病専門医
米国外科学会(ACS) フェロー(Fellow of American College of Surgeons)
日本ロボット外科学会 国際B級認定ロボット手術専門医・国内A級認定ロボット手術専門医
日本胃癌学会 代議員
  • 京都大学 医学研究科外科学講座(消化管外科学) 准教授

所属病院

京都大学医学部附属病院

  • 内科 血液内科 リウマチ科 外科 精神科 神経内科 脳神経外科 呼吸器外科 消化器外科 腎臓内科 心臓血管外科 小児科 小児外科 整形外科 形成外科 皮膚科 泌尿器科 産婦人科 眼科 耳鼻咽喉科 リハビリテーション科 放射線科 歯科口腔外科 麻酔科 乳腺外科 呼吸器内科 循環器内科 消化器内科 免疫・膠原病内科
  • 京都府京都市左京区聖護院川原町54
  • 京阪鴨東線「神宮丸太町駅」 5番出口 徒歩7分 琵琶湖線「京都駅」 八条口 京都駅直通バスhoop 京大病院前・京都大学前行き バス
  • 075-751-3111
京都大学医学部附属病院

来歴等

略歴

1995年 京都大学医学部 卒業
2002年 京都大学大学院医学研究科(外科系専攻) 入学
2006年 京都大学大学院医学研究科(外科系専攻) 修了 医学博士取得
2006年 三菱京都病院 外科 医長
2007年 京都大学医学部附属病院 消化管外科 助教
2010年 Yonsei University外科 臨床フェロー
2011年 京都大学医学研究科外科学講座(消化管外科学) 講師
2013年 京都市立病院外科 副部長
2016年 京都大学医学研究科外科学講座(消化管外科学) 准教授

論文

  • Linear or circular stapler? A propensity score-matched, multicenter analysis of intracorporeal esophagojejunostomy following totally laparoscopic total gastrectomy. Surg Endosc. 2019 (in press).

    Murakami K, Obama K, Tsunoda S, et al.

  • Three-dimensional Stereoscopic Visualization Shortens Operative Time in Laparoscopic Gastrectomy for Gastric Cancer. Scientific Reports. 9(1):4108, 2019.

    Itatani Y, Obama K, Nishigori T, et al.

  • Long-term oncologic outcomes of robotic gastrectomy for gastric cancer compared with laparoscopic gastrectomy. Gastric Cancer. 21(2):285-295, 2018.

    Obama K, Kim YM, Kang DR, et al.

  • Advantage of Completely Laparoscopic Gastrectomy with Linear Stapled Reconstruction: A Long-term Follow-up Study. Ann Surg. 259(1):109-16, 2014.

    Okabe H, Obama K, Tsunoda S, et al.

  • A novel drug delivery system of intraperitoneal chemotherapy for peritoneal carcinomatosis using gelatin microspheres incorporating cisplatin. Surgery. 154(5):991-9, 2013.

    Gunji S, ObamaK, Matsui M, et al.

  • Feasibility of laparoscopic gastrectomy with radical lymph node dissection for gastric cancer: from a viewpoint of pancreas-related complications. Surgery.149(1):15-21, 2011.

    Obama K, Okabe H, Hosogi H, et al.

  • Enhanced expression of RAD51AP1 is involved in the growth of intrahepatic cholangiocarcinoma cells. Clin Cancer Res. 14(5):1333-9, 2008.

    Obama K, Satoh S, Hamamoto R, et al.

  • Survival in nonoclusive mesenteric ischemia: early diagnosis by multidetector row CT and early treatment with continuous intravenous high-dose PGE1. Ann Surg. 246(2):229-35, 2007.

    Mitsuyoshi A, Obama K, Shinkura N, et al.

  • Overexpression of peptidyl-prolyl isomerase-like 1 is associated with the growth of colon cancer cells. Clin Cancer Res. 12(1):70-6, 2006. Erratum in: Clin Cancer Res. 12(6):1947, 2006.

    Obama K, Kato T, Hasegawa S, et al.

  • Genome-wide analysis of gene expression in human intrahepatic cholangiocarcinoma. Hepatology. 41(6):1339-48, 2005.

    Obama K, Ura K, Li M, et al.

著書

  • Obama K, Hyung WJ. Robotic gastrectomy for gastric cancer. Robotic Surgery. Springer (Tokyo, Editor: Go Watanabe), Chapter 5, 49-62, 2014.

その他

  • 【受賞】2018年 西記念賞 (日本胃癌学会Gastric Cancer誌)

本ページにおける情報は、医師本人の申告に基づいて掲載しております。内容については弊社においても可能な限り配慮しておりますが、最新の情報については公開情報等をご確認いただき、またご自身でお問い合わせいただきますようお願いします。

なお、弊社はいかなる場合にも、掲載された情報の誤り、不正確等にもとづく損害に対して責任を負わないものとします。

他の医師を見る

同じ所属病院の医師