新型コロナウイルス感染症特設サイトはこちら

京都大学大学院医学研究科 薬剤疫学 教授

川上 浩司 かわかみ こうじ 先生

大学卒業後、米国連邦政府食品医薬品庁(FDA) 生物製剤評価研究センター (CBER)にて細胞遺伝子治療部 臨床試験審査官、研究官を歴任し、米国内の臨床試験の審査業務および行政指導に従事。東京大学大学院医学系研究科客員助教授を経て、2006 年に33歳で京都大学教授(大学院医学研究科社会健康医学系専攻・薬剤疫学)。2010 年-2014年京都大学理事補(研究担当)、2011 年より京都大学学際融合教育研究推進センター・政策のための科学ユニット長。慶應義塾大学医学部客員教授を兼務。原著論文は140報以上。

基本情報

診療科・主な得意領域

  • 臨床疫学
  • 薬剤疫学

資格・学会・役職

  • 京都大学大学院医学研究科 薬剤疫学 教授
  • 日本臨床疫学会 理事
  • 日本薬剤疫学会 理事
  • 日本臨床試験学会 理事
  • 健康・医療・教育情報評価推進機構 常務理事
  • 医療データベース協会 理事
  • ヘルスケア・データサイエンス研究所 理事
  • 先制医療協会 理事
  • 地域包括ケア病棟協会 参与
  • 国際医薬経済アウトカム学会日本部会 評議員
  • 内閣官房 健康・医療戦略室 医療情報取扱制度調整 WG 委員 (2016年)
  • 文部科学省 科学技術審議会 戦略的基礎研究部会 臨時委員(2015年)
  • 内閣府 健康研究推進会議 アドバイザリー会議 委員(2009年)
  • 経済産業省 産業構造審議会 研究開発小委員会 委員(2009年)
  • 文部科学省 科学技術政策・イノベーション委員会 委員(2008年)
  • 厚生労働省 厚生科学審議会技術部会 専門委員(2007年)

所属病院

京都大学医学部附属病院

  • 内科 血液内科 リウマチ科 外科 精神科 神経内科 脳神経外科 呼吸器外科 消化器外科 腎臓内科 心臓血管外科 小児科 小児外科 整形外科 形成外科 皮膚科 泌尿器科 産婦人科 眼科 耳鼻咽喉科 リハビリテーション科 放射線科 歯科口腔外科 麻酔科 乳腺外科 呼吸器内科 循環器内科 消化器内科 免疫・膠原病内科
  • 京都府京都市左京区聖護院川原町54
  • 京阪鴨東線「神宮丸太町駅」 5番出口 徒歩7分 琵琶湖線「京都駅」 八条口 京都駅直通バスhoop 京大病院前・京都大学前行き バス
  • 075-751-3111
京都大学医学部附属病院

医療記事

来歴等

略歴

1997年 筑波大学医学専門学群卒
2001年 横浜市立大学大学院医学研究科頭頸部外科学卒
米国連邦政府食品医薬品庁(FDA) 生物製剤評価研究センター(CBER)細胞遺伝子治療部 臨床試験審査官、研究官
2004年 東京大学大学院医学系研究科客員助教授
2006年 京都大学教授(大学院医学研究科社会健康医学系専攻・薬剤疫学)
2007年 慶應義塾大学医学部 客員教授(兼務)
2010年-2014年 京都大学理事補(研究担当)
2011年 京都大学学際融合教育研究推進センター・政策のための科学ユニット長

論文

1. Shinzawa M, Tanaka S, Tokumasu H, Takada D, Tsukamoto T, Yanagita M, Kawakami K. Maternal smoking during pregnancy, household smoking after the child’s birth, and childhood proteinuria at three. Clinical Journal of the American Society of Nephrology, in press, 2017.
2. Kawamura T, Sato I, Kawakami K. Factors influencing the placebo effect in patients with primary open-angle glaucoma or ocular hypertention: an analysis of two randomized clinical trials. PLoS ONE 11(6): e0156706, 2016.
3. Sato A, Hamada S, Urashima Y, Tanaka S, Okamoto H, Kawakami K. The effect of false-positive results on subsequent participation in chest X-ray screening for lung cancer, Journal of Epidemiology, DOI: 10.2188/jea.JE20150106 , 2016.
4. Tokumasu H, Tokumasu S, and Kawakami K. Impact of pre-eclampsia in extremely premature infants: a population-based study, Pediatrics International, 58(7):578-83, 2016.
5. Wilunda C, Tanaka S, Esamai F, Kawakami K. Effects of prenatal anaemia control interventions on anaemia in children aged 6-23 months in sub-Saharan Africa: evidence from national surveys. Maternal & Child Nutrition, DOI 10.1111/mcn.12375, 2016.
6. Tanaka Sh, Shinzawa M, Tokumasu H, Seto K, Tanaka Sa, Kawakami K. Secondhand smoke and incidence of dental caries in deciduous teeth among children in Japan-Results from the Kobe Offspring Study. British Medical Journal (BMJ), 351:h5379, 2015
7. Takizawa O, Urushihara H, Tanaka S, Kawakami K. Price difference as a predictor of the selection between brand name and generic statins in Japan. Health Policy, 119: 612-619, 2015.
8. 川上浩司. 医療系リアルワールドデータを用いた臨床疫学、薬剤疫学、費用対効果研究. 新技術活用のための法工学:リスク対応と安全確保の法律.(近藤恵嗣・編著). 民事法研究会, pp320-343, 2016.
9. 祐野 恵, 川上 浩司. 捨てられていた学校健診データを活用:自治体と連携、健康や研究に生かす. 日経グローカル, 305:54-57, 2016.
10. 川上 浩司. 行政健康資料の可視化とデータベース構築による予防医療にむけて. ファルマシア(日本薬学会雑誌), 52 (10): 925-929, 2016.

その他

  • 2016年 一般財団法人藤原記念財団特別奨励 受賞

  • 2016年 公益財団法人喫煙科学研究財団研究助成 受賞

  • 2016年 公益財団法人小児医学研究振興財団研究助成 受賞

  • 2015年 平成27年度ファイザーヘルスリサーチ振興財団 国際共同研究助成 受賞

  • 2014年 公益財団法人ユニベール財団研究助成 受賞

  • 2014年 大阪ガスグループ福祉財団平成25年度調査・研究助成 受賞

  • 2012年 第30回持田記念研究助成 受賞

  • 2011年 第40回かなえ医薬振興財団研究助成 受賞

  • 2011年 平成23年度佐川がん研究助成 受賞

  • 2011年 2011年度医療経済研究・社会保険福祉協会研究助成 受賞

  • 2010年 第10回バイオビジネスコンペJAPAN優秀賞 受賞

  • 2009年 平成21年度ファイザーヘルスリサーチ振興財団 国内共同研究助成 受賞

  • 2009年 平成21年度稲盛財団研究助成 受賞

  • 2007年 第35回かなえ医薬振興財団研究助成 受賞

  • 2005年 平成17年度ファイザーヘルスリサーチ振興財団 国内共同研究助成 受賞

  • 2004年 連邦政府食品医薬品庁 生物製剤評価研究センター 細胞遺伝子治療部臨床試験審査優秀賞 (Reward & Recognition Award for Excellence in theReview of INDs)

  • 2003年 連邦政府食品医薬品庁 生物製剤評価研究センター最優秀研究者賞(Scientific Achievement Award for Research Associate)

  • 2003年 連邦政府食品医薬品庁 生物製剤評価研究センター 細胞遺伝子治療部臨床試験審査優秀賞(Reward & Recognition Award for Excellence in the Review of INDs)

  • 2002年 横浜市立大学医学研究奨励賞

  • 2001年 横浜市立大学大学院医学研究科優秀論文賞

本ページにおける情報は、医師本人の申告に基づいて掲載しております。内容については弊社においても可能な限り配慮しておりますが、最新の情報については公開情報等をご確認いただき、またご自身でお問い合わせいただきますようお願いします。

なお、弊社はいかなる場合にも、掲載された情報の誤り、不正確等にもとづく損害に対して責任を負わないものとします。

他の医師を見る

同じ所属病院の医師