新型コロナウイルス感染症特設サイトはこちら

京都大学大学院医学研究科 血液・腫瘍内科学 教授

日本臨床腫瘍学会 暫定指導医

高折 晃史 たかおり あきふみ 先生

京都大学を卒業後、米国UCSFグラッドストーン研究所研究員などを経て、京都大学大学院医学研究科血液・腫瘍内科学 教授へと就任する。現在は若手医師の教育を行う立場として、血液内科医を増やそうと日々奮闘している。

高折先生のストーリー記事

医学は研究によって進歩する
医学は研究によって進歩する

臨床と研究に人生を費やし、多くの血液内科医誕生を願う高折晃史先生のストーリー

基本情報

診療科・主な得意領域

  • 血液内科
  • 造血器腫瘍
  • レトロウイルス感染症
  • HIV感染症

資格・学会・役職

日本臨床腫瘍学会 暫定指導医
  • 京都大学大学院医学研究科 血液・腫瘍内科学 教授
  • 日本血液学会 理事・評議員
  • 日本造血幹細胞移植学会 会員
  • 日本リンパ網内系学会 会員
  • 日本輸血・細胞療法学会 会員
  • 日本癌学会 会員
  • 日本免疫学会 会員
  • 日本癌治療学会 会員
  • 日本内科学会 評議員
  • 日本エイズ学会 会員
  • 日本ウイルス学会 理事・評議員
  • 日本HTLV-1学会 理事・評議員
  • 日本感染症学会 会員
  • International AIDS Society 会員
  • American Society of Cell Biology 会員
  • American Society of Hematology 会員
  • The Myelodysplastic Syndromes Foundation 会員

所属病院

京都大学医学部附属病院

  • 内科 血液内科 リウマチ科 外科 精神科 神経内科 脳神経外科 呼吸器外科 消化器外科 腎臓内科 心臓血管外科 小児科 小児外科 整形外科 形成外科 皮膚科 泌尿器科 産婦人科 眼科 耳鼻咽喉科 リハビリテーション科 放射線科 歯科口腔外科 麻酔科 乳腺外科 呼吸器内科 循環器内科 消化器内科 免疫・膠原病内科
  • 京都府京都市左京区聖護院川原町54
  • 京阪鴨東線「神宮丸太町駅」 5番出口 徒歩7分 琵琶湖線「京都駅」 八条口 京都駅直通バスhoop 京大病院前・京都大学前行き バス
  • 075-751-3111
京都大学医学部附属病院

来歴等

略歴

1986年 京都大学医学部卒業
     京都大学医学部附属病院 研修医
1987年 静岡県立総合病院 内科医員
1990年 京都大学大学院医学研究科博士課程入学
1995年 米国UCSFグラッドストーン研究所研究員
1999年 京都大学医学部附属病院第一内科医員
2000年 京都大学大学院医学研究科 血液・腫瘍内科学 助教
2008年 同 講師
2010年 同 教授
2015年 京都大学医学部附属病院がんセンター長
2017年 京都大学医学部附属病院副院長

その他

  • 【受賞】1994年 日本血液学会奨励賞受賞

本ページにおける情報は、医師本人の申告に基づいて掲載しております。内容については弊社においても可能な限り配慮しておりますが、最新の情報については公開情報等をご確認いただき、またご自身でお問い合わせいただきますようお願いします。

なお、弊社はいかなる場合にも、掲載された情報の誤り、不正確等にもとづく損害に対して責任を負わないものとします。

他の医師を見る

同じ所属病院の医師