Img searchbox
食道

食道がん

食道がん
に関する情報を集めました

食道がんとは

食道の内面を覆っている粘膜の表面の上皮から発生したがんのことを食道がんと呼びます。
食道は、喉と胃をつなぐ長さ約25㎝の管状臓器であり、肺や心臓よりもさらに背中側に位置しています。食道の内面を覆う粘膜から発生したがんは、大きくなるとその下にある粘膜下層、筋層にも入り込み、さらに食道の壁を貫いて食道の周りの組織(気管や肺、大動脈など)に広がってしまいます(このように直接がんが広がることを「浸潤」といいます」)。また、食道のまわりにはリンパ管や血管が豊富にあり、がん細胞はこれらの流れにのって離れた臓器に流れ着きそこで増殖を行います(「遠隔転移」といいます)。
2014年度に日本において食道がんで命を落とした方は1,1548名であり、これはすべての悪性腫瘍のなかで第9位でした。食道がんにかかる方の数は、近年男性で緩やかに増加傾向であり、女性では横ばいとされています。また日本では食道がんは男性に多くみられ、男女比はおよそ6:1とされています。40歳代後半から増加し60歳代に発生しやすいことも特徴です。食道がんには「扁平上皮がん」と「腺がん」という2種類の組織型(がん細胞の種類の違い)があります。日本では食道がんの90%以上は扁平上皮がんであり、残りの数%が腺がんです。一方で、欧米では腺がんが増加しており、現在は半数以上が腺がんとなっています。

こちらの記事も参照ください。
https://medicalnote.jp/contents/150821-000009-LMTQBL

症状・治療法など

食道がんに関する記事一覧

もっと見る

この病気の記事に協力していただいている先生

病気検索に戻る