こっせつ

骨折

骨・関節

目次

項目をクリックすると該当箇所へジャンプします。

概要

骨折とは、外から力が加わることによって骨が完全、または、部分的に連続性を失った状態を指します。大きな外力によって生じることもありますが、軽微な外力によっても下記のような骨折を生じることがあります。

  • 疲労骨折:慢性的に同じ部位に軽微な外力がかかることで発生する骨折(金属疲労のようなもの)
  • 骨脆弱性骨折(こつぜいじゃくせいこっせつ):骨粗しょう症が基盤にあることで軽い動作をきっかけに生じる骨折
  • 病的骨折:腫瘍などで部分的に骨が極めて弱くなったために軽いきっかけで折れてしまう骨折

骨折の発症部位や発症様式は、年齢や抱えている病気などによって異なります。

応急処置としては、患部の安静、冷却、圧迫、挙上が重要です。不適切な状態で骨折を放置すると、骨の変形や機能障害をきたすことがあるため、適切な治療介入が必要です。骨折の予防には、カルシウムやビタミンDの摂取、適度な運動が重要です。

 

原因

骨折は、外力がかかることで起こりますが、年齢や骨粗しょう症などの病気によって起こりやすくなることがあります。

高齢者の骨折

骨折は高齢者に多く、特に、骨密度が低くなった女性に多い傾向があります。なかでも脊椎(せきつい)大腿骨(だいたいこつ)橈骨(とうこつ)上腕骨(じょうわんこつ)で頻度が高く、4大骨折と呼ばれています。

高齢者の場合、筋力とバランス感覚の低下による転倒が原因で骨折することが多いです。たとえば、後ろに転倒して尻もちをついた際に脊椎圧迫骨折を生じたり、転んで手を付いた瞬間に橈骨遠位端(とうこつえんいたん)骨折を生じたりすることがあります。

圧迫骨折を放置していると、他の背骨の負担が増え、次々と骨折をする骨折連鎖を起こします。その結果、背中が丸まったり腰痛を生じたりして、生活上のさまざまな面で支障をきたすようになります。

子どもの骨折

肘の骨折、なかでも上腕顆上(じょうわんかじょう)骨折が多いです。たとえば、転んだ瞬間に肘を延ばしたまま手を付くことや、鉄棒や雲梯(うんてい)などの遊具から転倒・落下することなどによって骨折を生じます。

 

症状

骨折で生じる痛みはとても強く、捻挫(ねんざ)や脱臼よりも強いです。また、骨折した部位に腫れや変形が生じることもあります。出血によって、数日後にあざができることもあります。

骨折の部位によっては、近くに存在する神経が刺激を受け、手足の脱力やしびれなどを生じることもあります。また、骨盤骨折などにより大出血を起こした場合には、低血圧や意識障害などが現れることがあります。

検査・診断

骨折が疑われる場合には、単純レントゲン写真を撮影します。骨折の変化が画像上はっきりしない場合には、身体診察による所見と合わせて最終判断をします。細かな骨折ではMRIが診断に有用なことも多いです。

また、きっかけが交通事故や転倒転落である場合には、複数か所に骨折などを生じている可能性があるため、CT検査を行うことがあります。CT検査により、頭蓋内や胸部、腹部の出血や臓器損傷を確認し、緊急度を判断します。

さらに、神経症状を生じている場合には、神経をより詳細に評価するためにMRI検査を行うことがあります。

治療

骨折が疑われる際には、応急処置として下記の4点を行います。

  • 安静
  • 冷却
  • 圧迫
  • 挙上:骨折部位をなるべく心臓より高く上げる

また、正しい骨の形状を保ちながらギブスなどで固定して患部の安静を保ち、骨が結合するまで経過観察を行います。ただし、骨が変形している場合は、徒手整復(としゅせいふく)を行い、その後、ギブスなどで固定します。徒手整復とは、手を使い皮膚の上から骨や関節を整復する手法です。

手術

骨折による骨の損傷が激しい場合は、手術を行うケースもあります。具体的には、金属製のねじやプレートなどを使用して骨折した箇所を結合させる手術を行います。

手術が必要かどうかは、骨の損傷具合・骨折部位、後遺症の可能性などから総合的に判断します。

リハビリ

治療後にリハビリが必要になることもあります。リハビリは、理学療法士や作業療法士の指示の元で行うことになります。

「骨折」に関連する他の記事
もっと見る