Img searchbox
骨・関節

骨折

目次

骨折とは

骨折とは、外から力が加わることによって一塊だった骨が完全、または、部分的にずれた状態を指します。外力の加わり方は必ずしも大きなものである必要はなく、慢性的に同じ部位に軽微な外力がかかることから発生する「疲労骨折」や、骨粗しょう症が基盤にあるためにちょっとした動作をきっかけに生じる「骨脆弱性骨折」などがあります。

骨折の発症部位や様式は、年齢や基礎疾患などによっても大きく異なります。骨折の応急処置としては、患部の安静、冷却、圧迫、挙上が重要です。不適切な状態で骨折を放置すると、骨の変形や機能障害を来すことになるため、適切な治療介入が必要です。また、そもそも骨折を起こさないように、カルシウムやビタミンDの摂取、適度な運動を日頃から心がけることが重要です。

より詳しい情報は、記事①記事②をご覧ください

原因

骨折は、外力がかかることを原因として発症しますが、年齢や骨粗しょう症などの基礎疾患の有無に応じても発症しやすさが異なります。骨折は圧倒的に高齢者の方で発症することが多数で、特に、骨密度が低くなった女性が多い傾向にあります。なかでも脊椎・大腿骨・橈骨・上腕骨で頻度が多く、脊椎圧迫骨折・大腿骨頚部骨折・橈骨遠位端骨折・上腕骨近位端骨折は4大骨折と呼ばれています。

高齢者の場合、筋力とバランス感覚の低下による転倒が原因で骨折することが多いです。たとえば、後ろに転倒して尻もちをついた際、骨に衝撃が伝わって脊椎圧迫骨折をしたり、転んで手を付いた瞬間に手首に負担がかかり、橈骨遠位端骨折をしてしまうことが多いとされています。圧迫骨折を放置していると、隣り合う骨にも負担が増え、次々と骨折をする骨折連鎖を起こします。その結果、背中が丸まったり腰痛を発症したりと、生活上の様々な面で支障をきたすようになり、健康寿命が短くなってしまうのです。

高齢者のみならず、子どもにおいても骨折を見ることはあります。子ども(学童期くらいまで)の骨折として多い部位は肘で、その中でも上腕顆上骨折が最も多いと思われます。理由としては、転んだ瞬間に、肘を延ばしたまま手を付くことや、鉄棒や雲梯(うんてい)などの遊具から転倒・落下した場合が挙げられます。

より詳しい情報は、記事①記事②をご覧ください

症状

骨折では、痛みを始めとして様々な症状が出現しえます。骨折で生じる痛みはとても強く、捻挫や脱臼よりも強いです。また、腫れを伴うこともありますし、骨折で骨が歪むことから外観から見て変形していることもあります。骨折では出血をすることから、数日経過してからあざが出来ることになります。

さらに骨折の部位によっては、近傍に存在する神経が刺激を受けることもあり、手足の脱力やしびれなどを見ることもあります。

骨折は、部位によっては大出血となり血圧が大きく影響を受けることもあります。代表的には骨盤骨折であり、低血圧、意識障害などの症状を呈するようになります。

より詳しい情報は、記事①記事②をご覧ください

検査

骨折が疑われる際には、該当部位に対しての単純レントゲン写真が行われます。骨折の変化が画像上はっきりしないこともありますが、身体診察による所見と合わせて最終判断をします。

また、交通外傷や転倒転落では、一カ所の骨折に留まらない可能性もあります。この場合には、全身の外傷部位を評価するために、CT検査が行われることもあります。CTを行うことで緊急の治療介入が必要とされる骨折が評価できますし、同時に頭蓋内や胸部、腹部の出血や臓器損傷も同時に評価可能です。さらに、骨折に関連して神経症状が出現するような時には、神経に対してのより詳細な評価を目的としてMRIが撮像されることもあります。

より詳しい情報は、記事①記事②記事③をご覧ください

治療

 骨折が疑われる際には、応急処置として(1)Rest:安静、(2) Icing:冷やす、(3)Compression:圧迫、(4)Elevation:挙上(骨折部位をなるべく心臓より高く上げること)の4点を行うことが重要です。

また、骨折では正しい骨の形状を保ちながらギブスなどで固定し患部の安静を保ち、骨が結合するまで経過観察を行います。ただし、骨が曲がって変形している場合は徒手整復(手を使い皮膚の上から、骨や関節を整復する手法)を行い、その後、ギブスなどで固定します。

骨折による骨の損傷が激しい場合は手術(金属製のねじやプレートなどを使用して骨折した箇所を結合させる手術)を行うケースもあります。手術が必要かどうかは、骨の損傷具合・骨折部位、後遺症の可能性などを総合的に加味して判断することになります。

骨折では、治療後にリハビリが必要になることもあります。自己流のリハビリを行うのではなく、理学療法士や作業療法士の指示の元、適切なリハビリを継続することが重要です。

さらに、そもそも骨折を起こさないように、カルシウムやビタミンDの摂取、適度な運動を日頃から心がけることが重要です。適切な食事は骨の強度を高める効果を期待できますし、運動を行うことで骨の健康を保つことが可能となります。

より詳しい情報は、記事①記事②をご覧ください

 

骨折に関する記事一覧

もっと見る

この病気の記事に協力していただいている先生

病気検索に戻る