いちがたとうにょうびょう

1型糖尿病

膵臓

目次

項目をクリックすると該当箇所へジャンプします。

概要

1型糖尿病とは、インスリンを作る膵臓のβ細胞が、何かしらの原因により壊されることで発症する糖尿病のひとつです。インスリンは血液から細胞のなかへとブドウ糖を取り込み、血糖を下げる働きを持っています。しかし、1型糖尿病ではインスリンがほとんど分泌されなくなるため、常に血糖値が高い状態が続きます。

1型糖尿病の大部分は自己免疫が関係して発症するものであり、2型糖尿病のような、いわゆる生活習慣病とは異なります。1型糖尿病は以下のタイプに分類されます。

  • 緩徐進行型
  • 急性発症型
  • 劇症型

1型糖尿病が糖尿病全体に占める割合は5%以下にとどまりますが、近年世界的に発症率が増加傾向にあるといわれています。また、1型糖尿病は乳児から成人にいたるまで幅広い年齢で発症することも特徴です。

原因

1型糖尿病は自己免疫性と特発性に大別されます。

自己免疫性

細菌やウイルスに対抗する免疫システムが関連し、膵臓のβ細胞が破壊されることで起こる1型糖尿病です。

特発性

原因がわかっていない1型糖尿病のことです。

大部分は自己免疫性の1型糖尿病であり、その発症には遺伝的要因やさまざまな環境要因が関係していると考えられています。しかし、遺伝的要因を持っていても、必ず1型糖尿病を発症するわけではありません。

症状

1型糖尿病(全般)の症状

血糖値が急激に一定量を超えて上昇すると、腎臓から糖が多量に尿へと排出されて多尿になります。多尿により体内の水分が奪われると喉が渇くようになり(口渇)、水分を補給するために多飲となります。そのほか、疲れやすい、体重減少といった症状もしばしば生じます。

劇症型1型糖尿病の症状

劇症型の場合、典型的な初期症状として感冒症状 (風邪の症状) や腹痛などの消化器症状が現れます。また、急激に喉の渇きや全身倦怠感が現れ、その後も急速に進行します。治療が遅れた場合、命にかかわることもあります。

劇症型1型糖尿病の初期症状は通常の風邪や急性胃腸炎と区別することが難しく、症状だけで気がつくことは困難です。しかし、口の渇き・多飲・多尿といった症状がある場合には早期に病院を受診し、診断を受けることが重要です。2型糖尿病と同様、治療による十分なコントロールが行われていない場合には糖尿病合併症を引き起こすリスクが高まります。

糖尿病合併症糖尿病の3大合併症として、以下が挙げられます。

糖尿病(性)網膜症
糖尿病(性)腎症 糖尿病(性)
神経障害(糖尿病性ニューロパチー)
糖尿病合併症は、よほど進行しない限り症状が現れないため注意が必要です。眼科の受診やそのほかの合併症に関する検査を受け、早期発見に努めることが大切です。

検査・診断

1型糖尿病の診断には、血液検査が用いられます。血糖値、HbA1c、血中・尿中Cペプチド、血中インスリンの3項目に加えて、抗GAD抗体(グルタミン酸脱酸酵素抗体)などが注目されます。

血糖値の測定

血糖値は食事のタイミングにより、空腹時血糖と随時血糖に分けられます。糖尿病と診断するための条件のひとつに、空腹時血糖126mg/dl以上または随時血糖200mg/dl以上であることが含まれています1型糖尿病は、インスリン不足による重篤な高血糖を起こしてみつかることが多いです。

Cペプチドの測定

1型糖尿病の症例や可能性が疑われる症例には、経口ブドウ糖負荷試験ではなく、グルカゴン負荷試験を行い血中のCペプチドを測定します。Cペプチドを測定することで、血中のインスリン分泌がどの程度はたらいているか調べることができます。1型糖尿病の場合、インスリン分泌機能が低下しているためにCペプチドが低値となります。

抗GAD抗体(グルタミン酸脱酸酵素抗体)

このほか、1型糖尿病と2型糖尿病の鑑別の参考にするために、血中の抗GAD抗体の測定も行われます。

治療

インスリン補充療法

1型糖尿病では、膵臓のβ細胞が破壊されてインスリンの分泌が低下してしまうため、インスリン補充療法が必須となります。緩徐進行型の場合進行が緩やかであり、初期のうちは内服の糖尿病治療薬で治療できる場合もあります。

しかし、急性発症型や劇症型の場合、初期からインスリン補充療法が必要となります。日本ではインスリン注射(強化インスリン療法)が基本です。

膵臓移植

重症の1型糖尿病に対しては膵臓移植が適応となる場合があります。しかし、ドナー不足から日本における実施例は少ない件数とどまっています。

「1型糖尿病」に関連する他の記事
もっと見る
この記事をみた人は、
こんな病気も調べています。