松山笠置記念心臓血管病院 病院長、社会医療法人 笠置記念胸部外科 理事長

日本胸部外科学会 指導医 日本救急医学会 救急科専門医 日本外科学会 外科専門医 日本呼吸器外科学会 呼吸器外科専門医 日本化学療法学会 抗菌化学療法認定医 日本病院総合診療医学会 認定医

笠置 康 かさぎ やすし 先生

昭和 27年2月24日現在の病院の地に生を受ける。血液型 AB 型、辰年生まれのうお座。 4代目続く医師の家系を継ぎ、胸部外科を専門として多くの患者さんの診療に携わっている。

基本情報

診療科・主な得意領域

  • 胸部外科
  • 心臓血管外科
  • 外科
  • 救急科
  • 笠置先生の漏斗胸の専門領域
    • 筋層下Nuss法を用いた外科治療
  • 笠置先生の下肢静脈瘤の専門領域
    • 血管内レーザー治療
  • 【疾患名】ペースメーカー植え込み術【治療法】静脈切開法による電極挿入
  • 【疾患名】感染性腸炎・慢性腸炎【治療法】独自の治療
  • 【疾患名】コロナ感染症罹患後の後遺症【治療法】独自の治療

資格・学会・役職

日本胸部外科学会 指導医
日本救急医学会 救急科専門医
日本外科学会 外科専門医
日本呼吸器外科学会 呼吸器外科専門医
日本化学療法学会 抗菌化学療法認定医
日本病院総合診療医学会 認定医
  • 松山笠置記念心臓血管病院 病院長
  • 社会医療法人 笠置記念胸部外科 理事長
  • 医学博士 取得
  • 太平洋外科系学会 日本支部会評議員
  • 日本救急医学会 認定医
  • 日本胸部外科学会 評議員選定資格
  • 介護支援専門員(ケアマネジャー)
  • 日本臨床外科学会 評議員
  • 国際心臓胸部外科学会 評議員
  • 日本心血管インターベンション学会 認定医BLS認定
  • 診療情報管理士 取得
  • ACLSEPコース認定 取得

所属病院

松山笠置記念心臓血管病院

  • 内科 外科 心臓血管外科 胸部外科 リハビリテーション科 放射線科 呼吸器内科 循環器内科 感染症内科
  • 愛媛県松山市末広町18-2
  • 伊予鉄道高浜線 松山市 徒歩1分
  • 089-941-2288
公式ウェブサイト
松山笠置記念心臓血管病院

医療記事

笠置先生に無料で相談

松山笠置記念心臓血管病院 病院長、社会医療法人 笠置記念胸部外科 理事長

こんなありませんか?

Check!
  • 漏斗胸の治療を検討している
  • 治療方法について不安がある
  • 受診前にオンラインで相談したい

笠置先生に
無料で相談してみましょう!

お問合せフォームで無料相談

来歴等

略歴

1976年 杏林大学医学部 卒業
1976年 杏林大学医学部大学院入学 外科系外科学専攻
1978年 東京女子医科大学大学院入学 外科学専攻
1982年 東京女子医科大学大学院卒業 医学博士号取得
1982年 東京女子医科大学第一外科学 助手
1983年 東京女子医科大学第一外科学 講師
1985年 東京女子医科大学第一外科学 医局長
1987年 米国 East Carolina 大学客員教授
1988年 カサギ胃腸病院 副院長
1988年 東京女子医科大学第一外科学 非常勤講師
1991年 松山笠置記念心臓血管病院 病院長
1998年 介護支援専門員(ケアマネジャー)
1999年 日本臨床外科学会評議員
2011年 医療法人笠置記念胸部外科 理事長
2016年 社会医療法人笠置記念胸部外科 理事長

論文

1) 笠置 康,石橋 修,塚越 茂, 金 有世,馬原文彦,中江純夫,池田晃治: 完全房室ブロックを伴った粘液水腫症例に対するペースメーカー治験. 心臟ペーシング学会 :(1),p95,1977.
2) 笠置 康,中江純夫,馬原文彦,石橋 修,塚越 茂: 胸腔内囊胞02手術治験, 杏林医学会雜誌 9:(1),p33,1978.
3)笠置 康,北村信夫,今村栄三郎,和田寿郎,梅津光生,藤本哲男,松本尚己, 土屋喜一: 各種代用弁における弁機能特性の比較検討。 人工臟器 8:(1),p140, 1979. 竹田晴
4)笠置 康,和田寿郎,横山正義,柳沢正敏、日野恒和,河村剛史,長柄英男, 夫,板岡俊成,白楽淑,毛井純一,伊藤隆一,松田哲郎,田原士朗: 代用弁の Turburance 一Mechanical valve と Xenograft の差異, 人工臟器 10: (2), p601, 1981.
5)笠置康,和田寿郎,橋本明政,酒井 章: 傾斜合併症 一大動脈置換術開放位固定をきたした一例一. 臨床胸部外科 1.(3), p429, 1981.
6) Yasushi Kasagi and Juro Wada. Hemodynamic characteristics of the St. Judo Medical valve in mock circulation and one year follow-up of our initial 120 St. Judo Medical valve Implantation. Second International Symposium. San Diego. California. p245,1981.
7) 笠置 康,板岡俊成,和田寿郎: 漏斗胸の場合、呼吸管理研究会会誌 2:p12, 1982,
8)笠遭康: | Pyrolytic carbon 製二葉ディスク弁の研究ー基礎と臨床一 日本胸部外科学会雑誌 30: (3) , p379, 1982.
9) 笠置 康: 第6回南西部心臓血管シンポジウムおよび第2回国際心臓移植学会の印象記. 臨床胸部外科 2:15), p757,1982.
10) Yasushi Kasagi and Judo Wada. In Vitro Evaluation of the All Pyrolytic Carbon Bi-Leaflet Valve. Bulletion of the Heart Institute of Japan p40, 1981-82.
11)笠置 康,長柄英男,横山正義,和田寿郎: 異種生体弁の硬化による弁狭窄の手術治験. 日本心臓血管外科学会雑誌 12 : (2) , p87, 1982.
12) 笠置 康,和田寿郎,横山正義,河村剛史,長柄英男,日野恒和,板岡俊成, 白楽淑: 非対称性漏斗胸に対する根治的術式. 手術 37 : (2) , p137, 1983.
13) 笠置 康,横山正義,笹生正人,中島秀嗣,長柄英男,和田寿郎: 左腋窩縦切開によるDDDペースメーカーの植え込み治験. 日本胸部外科学会雑誌36 : (10), p802, 1983.
14) 笠置 康: Pyrolytic carbon 製二葉ディスク弁の研究 -基礎と臨床- 東京女子医科大学雑誌 53 : (8), p820, 1983. (学位論文)
15) 笠置 康,和田寿郎: 胸郭変形疾患の外科臨床, 外科診療 25 : (12) , p1697, 1983.
16) 笠置 康,横山正義,曽根康之,中島秀嗣,山口明満,日野恒和,長柄英男, 和田寿郎: 高圧吸引ドレナージの胸腔内への応用, 医科器械学 53 : (4) , p215, 1983.
17) 笠置 康,和田寿郎,横山正義,長柄英男、山口明満: 弁機能よりみた機械弁と生体弁. 人工臓器 13 : (1), p7, 1984.
18) 笠置 康,横山正義,曽根康之,中島秀嗣,毛井純一,長柄英男,和田寿郎: ペースメーカー植え込みの新しい術式. 人工臓器 13 : (1), p376, 1984,
19) 笠置 康: 術後感染症 一心臓外科領域を中心にー. MEDICAMENT NEWS 第1086号, p2, 1984.
20) 笠置 康,横山正義,長柄英男,和田寿郎: ICUと感染 -胸部外科の場合一. Today's Therapy 8: (4), p99, 1984.
21) Y. Kasagi, M. Yokoyama, H. Nagara, A. Yamaguchi: Tilting Disc Valve Versus Porcine Xenograft. Artificial Organs 8 :(4), p514, 1984. 22) Y. Kasagi, M. Yokoyama, Y. Saso, H. Nakajima, J. Kei, H. Nagara, J. Wada: New Operative Methods for Pacemaker Implantation. Artificial Organs. 8:(4) , p512, 1984.
23) 笠置 康,横山正義,山口明満,長柄英男,和田寿郎: 心外膜電極縫着の新しいアプローチ. 第7回 心臓ペーシング研究会 p240, 1984.
24) 笠置 康,和田寿郎: 漏斗胸 ーこの症例の手術適応と選ぶべき術式一 外科 47 : (3), p222, 1985.
25) 笠置 康,横山正義,板岡俊成,長柄英男,和田寿郎: 電極付IABPカテーテルの開発 人工臓器 14 : (3), p1162, 1985.
26) 笠置 康,曽根康之,貝塚秀樹,板岡俊成,長柄英男,横山正義,和田寿郎: IABP 45 例の臨床 臨床胸部外科 4 :(7) , p971, 1985
27) 笠置 康,斉藤真知子,和田寿郎: 胸部変形疾患に対する外科治療, 日本胸部臨床45: (3), p183, 1986.
28) 笠置 康,横山正義,斉藤真知子,笹生正人,和田寿郎: DDDペースメーカー植え込み術式の検討. 心臓ペーシング学会 2 : (2), p192, 1986.
29) 笠置 康: International Symposium on Artificial Organs, Biomedical Engineering & Transplantation に参加して. 臨床胸部外科 6:(3), p88,1986.
30) 笠置 康,和田寿郎: 術後合併症とその对策。 臨床看護 12 : (11) , p1644, 1986.
31) 笠置康,和田寿郎: 鵝胸, 臨床胸部外科 6;(5), p46, 1986.
32) 笠置 康,和田寿郎, 前 昌宏,三木太一,小山邦広: 鳩胸手術後に心肺圧迫症状が出現し再手術を施行した1例. 日本胸部外科学会雑誌 44 : (3) , p213, 1987.
33) 笠置 康,和田寿郎,横山正義,村杉雅秀,入江利明,川名英世,近藤和典, 伊藤秀幸 : 術後自家輸血の検討, 人工臟器 16: (1),p449,1987.
34) 笠置 康: 胸郭異常, 小児内科 21, p405.1989.
35) 笠置康: 胸郭变形, 小児科診療 Yo1.55 増刊号別刷 1992
36) 笠置康,斉藤真知子,松岡明博,宇都宮慎: 冠動脈バイパス術の経済的評価, 第11回日本胸部外科学会指定施設協議会学術研究会 シンポジウム 心臓手術の経済的評価ー心臓手術は儲かってますか? ーP41.1998.12.
37) 笠置 康: 特集 漏斗胸に対する新しい胸骨挙上術式“Nuss 手術” 小児外科 Vol.35 No. 6 2003.6 前縦隔用指剥離,気管支ファイバースコープガイド下等 Nuss 手術の工夫
38) 笠置 康: DRP執筆 現場ニーズ 救急病院における書類及びデジタルレコーダーによるインフォームド・コンセントを主体とした救急医療におけるリスクマネージメント
39) 笠置 康,笠置 真知子: 二次救急病院の実践的アイデア, 日本臨床救急医学会雑誌 Vol.9, No.5, 2006
40) 笠置 康,笠置 真知子,松岡 明博: 上胸部の陥凹が著しい成人漏斗胸に対する乳輪切開法による筋層下 Nuss 法, 南江堂「胸部外科」 第61巻 第13号 2008年 12月号 p. 1126-1128
41) 笠置 康,斉藤 真知子: 漏斗胸に対する Nuss 法I期的・II期的手術直後の Adaptive-Servo Ventilation 使用. 東京女子医科大学雑誌 第83巻 第6号

著書

『醫心伝心』自費出版、2014年 『胸郭变形一治療と管理ー』文光堂、1987年

本ページにおける情報は、医師本人の申告に基づいて掲載しております。内容については弊社においても可能な限り配慮しておりますが、最新の情報については公開情報等をご確認いただき、またご自身でお問い合わせいただきますようお願いします。

なお、弊社はいかなる場合にも、掲載された情報の誤り、不正確等にもとづく損害に対して責任を負わないものとします。

漏斗胸でお悩みの方へ

笠置先生に無料で相談する