新型コロナウイルス感染症特設サイトはこちら

香川大学医学部附属病院 病院長/脳神経外科 教授

田宮 隆 たみや たかし 先生

公開日
2020/05/26

基本情報

診療科・主な得意領域

  • 脳神経外科

資格・学会・役職

  • 香川大学医学部附属病院 病院長/脳神経外科 教授
  • 日本脳神経外科学会 代議員
  • 日本脳神経外科コングレス
  • 日本脳腫瘍学会 理事
  • 日本脳腫瘍病理学会 理事
  • 日本脳腫瘍の外科学会 理事
  • 日本分子脳神経外科学会 世話人
  • 日本脳卒中学会
  • 日本脳卒中の外科学会 代議員
  • 日本脳神経外傷学会 理事
  • 日本脳神経外科救急学会 常務理事
  • 日本頭蓋底外科学会 理事
  • 日本老年脳神経外科学会 世話人
  • 日本微小脳神経外科解剖研究会 世話人
  • 日本脳神経モニタリング学会 理事
  • 日本意識障害学会 理事
  • 日本脳神経CI学会 世話人

所属病院

香川大学医学部附属病院

  • 代謝内科 内分泌内科 血液内科 膠原病・リウマチ内科 呼吸器内科 循環器内科 腎臓内科 消化器内科 神経内科 内科 腫瘍内科 皮膚科 精神科 小児科 産婦人科 心臓血管外科 消化器外科 呼吸器外科 乳腺外科 小児外科 整形外科 形成外科 美容外科 泌尿器科 脳神経外科 眼科 耳鼻咽喉科 頭頸部外科 放射線診断科 放射線治療科 麻酔科 病理診断科 リハビリテーション科 歯科口腔外科
  • 香川県木田郡三木町池戸1750-1
  • 琴電長尾線 高田 路線バスも利用可(からことでんバスで5分、「大学病院」で下車) 車4分
  • 087-898-5111
公式ウェブサイト
香川大学医学部附属病院

医療記事

来歴等

略歴

1981年 岡山大学医学部医学科 卒
1981年 岡山大学医学部附属病院脳神経外科 医員(研修医)
1981年 神戸市立西市民病院脳神経外科勤務
1984年 岡山大学医学部附属病院脳神経外科 医員
1987年 尾道市立市民病院脳神経外科勤務
1991年 岡山市立市民病院脳神経外科勤務
1992年 岡山大学医学部脳神経外科 助手
1993年 米国Harvard Medical School, Massachusetts General Hospital Neurogenetics unit, Neurosurgery Service 留学(1994年まで)
1997年 岡山大学医学部附属病院脳神経外科 講師
2001年 岡山大学医学部脳神経外科 助教授
2003年 香川医科大学医学部脳神経外科 助教授
2003年 香川大学医学部脳神経外科 助教授
2007年 香川大学医学部脳神経外科 教授(現在に至る)
2011年 香川大学医学部附属病院 副病院長(併任)(2017年まで)
2019年 香川大学 副学長(医療担当)・医学部附属病院長(併任)

論文

  • Experimental tumor therapy in mice using the cyclophosphamide-activating cytochrome P450 2B1 gene,Hum Gene Ther, 5(8), 969-978, 1994

    Wei MX, Tamiya T, Chase M, Boviatsis EJ, Chang TKH, Kowall NW, Hochberg FH, Waxman DJ, Breakefield XO, Chiocca EA

  • Transgene inheritance and retroviral infection contribute to the efficiency of gene expression in solid tumors inoculated with retroviral vector producer cells,Gene Ther, 2(8), 531-538, 1995

    Tamiya T, Wei MX, Chase M, Ono Y, Lee F, Breakefield XO, Chiocca EA

  • Escherichia coli gpt gene sensitizes rat glioma cells to killing by 6-thioxanthine or 6-thioguanine,Cancer Gene Ther, 3(3), 155-162, 1996

    Tamiya T, Ono Y, Wei MX, Mroz PJ, Moolten FL, Chiocca EA

  • Expression of cell-cycle regulator p27Kip1 is correlated with survival of patients with astrocytoma,Clin Cancer Res, 5(3), 551-557, 1999

    Mizumatsu S, Tamiya T, Ono Y, Abe T, Matsumoto K, Furuta T, Ohmoto T

  • In vivo efficacy and toxicity of 5-fluorocytosine / cytosine deaminase gene therapy for malignant gliomas mediated by adenovirus,Cancer Gene Ther, 7(1), 74-82, 2000

    Ichikawa T, Tamiya T, Adachi Y, Ono Y, Matsumoto K, Furuta T, Yoshida Y, Hamada H, Ohmoto T

  • Proton magnetic resonance spectroscopy reflects cellular proliferative activity in astrocytomas,Neuroradiology, 42(5), 333-338, 2000

    Tamiya T, Kinoshita K, Ono Y, Matsumoto K, Furuta T, Ohmoto T

  • Spinal atypical teratoid/rhabdoid tumor in infant. Case report,Pediatric Neurosurg, 32(3), 145-149, 2000

    Tamiya T, Nakashima H, Ono Y, Kawada S, Hamazaki S, Furuta T, Matsumoto K, Ohmoto T

  • Ganglioglioma in a patient with Turcot's syndrome: Case report,J Neurosurg, 92(1), 170-175, 2000

    Tamiya T, Hamazaki S, Ono Y, Tokunaga K, Matsumoto K, Furuta T, Ohmoto T

  • Primary Ewing's sarcoma/peripheral primitive neuroectodermal tumor at the vertex of the skull with elevated serum carcinoembryonic antigen: case report,J Neurooncol, 52(2), 173-180, 2001

    Tamiya T, Ono Y, Daido S, Tokunaga K, Hamazaki S, Kawai A, Ohmoto T

  • High cyclin E/low p27Kip1 expression is associated with poor prognosis in astrocytomas,Acta Neuropathol (Berl), 101(4), 334-340, 2001

    Tamiya T, Mizumatsu S, Ono Y, Abe T, Matsumoto K, Furuta T, Ohmoto T

  • Peritumoral brain edema in intracranial meningiomas: Effects of radiological and histological factors,Neurosurgery, 49(5), 1046-1052, 2001

    Tamiya T, Ono Y, Matsumoto K, Ohmoto T

  • Successful chemotherapy for congenital malignant gliomas: A report of two cases,Pediat Neurosurg, 42 (4), 240-244, 2006

    Tamiya T, Takao S, Ichikawa T, Chayama K, Date I

  • Association between YKL-40 and adult primary astrocytoma,Cancer 116(11): 2688-2697, 2010

    Zhang W, Kawanishi M, Miyake K, Kagawa M, Kawai N, Murao K, Nishiyama A, Fei Z, Zhang X, Tamiya T

  • Correlation of biological aggressiveness assessed by (11)C-methionine PET and hypoxic burdenassessed by (18)F-fluoromisonidazole PET in newly diagnosed glioblastoma,Eur J Nucl Med Mol Imaging 38(3):441-450.2011

    Kawai N, Maeda Y, Kudomi N, Miyake K, Okada M, Yamamoto Y, Nishiyama Y, Tamiya T

  • (Pro)renin receptor is crucial for glioma development via the Wnt/β-catenin signaling pathway, J Neurosurg 127: 819-828, 2017

    Kochi m. Shibayama Y, Ogawa D, Miyake K, Nishiyama A, Tamiya T

著書

  • 【共著】Virus vector-mediated transfer of drug-sensitivity genes for experimental brain tumor therapy, Wei MX, Tamiya T, Breakefield XO, Chiocca EA, Viral vectors, Kaplitt MG, Loewy AD, Academic Press, Inc. (U.S.A.), pp 239-257, 1995

  • 【共著】Total removal of a large vestibular schwannoma with hearing preservation, Tamiya T, Ohmoto T, Neurosurgery of complex vascular lesions and tumors, Kobayashi S (ed), Thieme Medical Publishers, Inc. (U.S.A.), pp 152-155, 2005

  • 【共著】Neurosurgical operations using navigation microscope integration system, Tamiya T, Kawanishi M, Miyake K, Kawai N, Guo S: in Wu J (ed): Technological Advancements in Biomedicine for Healthcare Applications. IGI Global, 2012, pp 128-138

  • 【共著】田宮 隆:巨大下垂体腫瘍に対する手術方法 脳神経外科学大系7、脳腫瘍Ⅰ、中山書店 pp323-334 2004

  • 【共著】田宮 隆:乏突起細胞系腫瘍 脳神経外科学大系6、脳腫瘍Ⅰ 中山書店、pp323-334 2004

  • 【共著】田宮 隆:混合膠腫 脳神経外科学大系6、脳腫瘍Ⅰ 中山書店、pp335-339 2004

  • 【共著】田宮 隆:グリオーマの画像診断 グリオーマ:病態と治療、pp 147-169 2006

  • 【共著】田宮 隆:脳神経外科エキスパート:頭蓋底(佐伯 直勝編)、海綿静脈洞および傍鞍部腫瘍に対する手術、pp 65-75、中外医学社、東京、2009

  • 【共著】田宮 隆:イラストレイテッド脳腫瘍外科学(河本 圭司, 本郷 一博, 栗栖 薫編)、脳腫瘍の手術:テント髄膜腫、pp 140-143、2011

  • 【共著】田宮 隆:NS Now傍鞍部病変の手術(寺本 明, 新井 一, 塩川 芳昭, 大畑 建治編)、神経鞘腫、pp 172-180、メジカルビュー社、東京、2011

  • 【共著】田宮 隆、鍋島一樹:Subependymal giant cell astrocytoma、脳腫瘍臨床病理カラーアトラス第4版、pp 50-51、日本脳腫瘍病理学会編、医学書院、東京、2017

本ページにおける情報は、医師本人の申告に基づいて掲載しております。内容については弊社においても可能な限り配慮しておりますが、最新の情報については公開情報等をご確認いただき、またご自身でお問い合わせいただきますようお願いします。

なお、弊社はいかなる場合にも、掲載された情報の誤り、不正確等にもとづく損害に対して責任を負わないものとします。