新型コロナウイルス感染症特設サイトはこちら

東京慈恵会医科大学 眼科学講座 講師/診療医長/医学博士

日本眼科学会 眼科専門医 日本緑内障学会 会員 日本眼科手術学会 会員 日本網膜硝子体学会 会員 米国眼科学会 会員 米国神経科学会 会員

野呂 隆彦 のろ たかひこ 先生

公開日
2021/03/10

基本情報

診療科・主な得意領域

  • 眼科
  • 野呂先生の緑内障に関する得意な領域
    • 緑内障治療全般

資格・学会・役職

日本眼科学会 眼科専門医
日本緑内障学会 会員
日本眼科手術学会 会員
日本網膜硝子体学会 会員
米国眼科学会 会員
米国神経科学会 会員
  • 東京慈恵会医科大学 眼科学講座 講師/診療医長/医学博士

所属病院

東京慈恵会医科大学附属病院(母子医療センター)

  • 救急科 総合診療科 消化器内科 肝臓内科 脳神経内科 腎臓内科 リウマチ科 膠原病内科 循環器内科 糖尿病内科 代謝内科 内分泌内科 腫瘍内科 血液内科 呼吸器内科 感染症内科 精神神経科 小児科 消化器外科 肝胆膵外科 乳腺外科 呼吸器外科 血管外科 小児外科 整形外科 脳神経外科 形成外科 心臓血管外科 婦人科 泌尿器科 眼科 耳鼻咽喉科 頭頸部外科 皮膚科 リハビリテーション科 歯科 脊椎脊髄外科 緩和ケア内科 産科 放射線科 麻酔科 
  • 東京都港区西新橋3丁目19-18
  • 都営三田線「御成門駅」 A5出口 徒歩3分 東京メトロ日比谷線「神谷町駅」 3番出口 徒歩7分 東京メトロ銀座線「虎ノ門駅」 1番出口 徒歩10分 JR東海道本線(東京~熱海)「新橋駅」 徒歩12分
  • 03-3433-1111
東京慈恵会医科大学附属病院(母子医療センター)

来歴等

略歴

2000年 東京慈恵会医科大学 医学部卒業
2000年 東京慈恵会医科大学 眼科学講座 助手
2011年 東京警察病院 眼科 診療医員
2012年 麻生総合病院 眼科 医長
2014年 東京都医学総合研究所 視覚病態プロジェクト 研究員
2017年 米国Stanford大学 眼科 Spencer Vision Research Center 研究員
2019年 東京慈恵会医科大学 眼科学講座 講師
2019年 東京慈恵会医科大学附属病院 診療医長

論文

  • 1. Normal tension glaucoma-like degeneration of the visual system in aged marmosets. Scientific Reports 2019; 9: 14852.

    Noro T, Namekata K, Kimura A, Azuchi Y, Hashimoto N, Moriya-Ito K, Komaki Y, Lee C Y, Okahara N, Guo X, Harada C, Kim E, Nakano T, Tsuneoka H, Inoue T, Sasaki E, Tokuno H and Harada T.

  • 2. Spermidine promotes retinal ganglion cell survival and optic nerve regeneration in adult mice following optic nerve injury. Cell Death and Disease 2015; 6: e1720.

    Noro T, Namekata K, Kimura A, Guo X, Azuchi Y, Harada C, Nakano T, Tsuneoka H and Harada T.

  • 3. Spermidine Ameliorates Neurodegeneration in a Mouse Model of Normal Tension Glaucoma. Invest Ophthalmol Vis Sci 2015; 56(8): 5012-5019.

    Noro T, Namekata K, Azuchi Y, Kimura A, Guo X, Harada C, Nakano T, Tsuneoka H, Harada T.

  • 4. Role of animal models in glaucoma research. Neural Regeneration Research 15(7):1257-1258, 2020.

    Kimura A, Noro T and Harada T.

  • 5. Suppression of Oxidative Stress as Potential Therapeutic Approach for Normal Tension Glaucoma. Antioxidants 16; 9(9): E874. 2020.

    Harada C, Noro T, Kimura A, Guo X, Namekata K, Nakano T, Harada T.

  • 6. Topical ripasudil stimulates neuroprotection and axon regeneration in adult mice following optic nerve injury. Scientific Reports. 2020 Sep 24;10(1):15709.

    Nishijima E, Namekata K, Kimura A, Guo X, Harada C, Noro T, Nakano T, Harada T.

  • 7. Seasonal fluctuation in intraocular pressure and retinal nerve fiber layer thinning in primary open-angle glaucoma. Ophthalmol Glaucoma. 2020 Nov 23: S2589-4196(20)30305-7.

    Terauchi R, Ogawa S, Noro T, Ito K, Kato T, Tatemichi M, Nakano T.

  • 8. Association between Combined Structure Function Index and Glaucoma Severity, Journal of Ophthalmology, vol. 2019, Article ID 9414675, 8 pages, 2019.

    Ogawa S, Tanabe Y, Itoh Y, Noro T, Gunji H.

  • 9. Efficacy of predetermined therapeutic measures against bleb-related infection in the Collaborative Bleb-related Infection Incidence and Treatment Study. Acta Ophthalmol. 2018 Mar;96(2): e229-e236.

    Shoji N, Arakaki Y, Nakamoto K, Yamamoto T, Kuwayama Y; Collaborative Bleb-related Infection Incidence and Treatment Study Group.

  • 10. Targeting Oxidative Stress for Treatment of Glaucoma and Optic Neuritis. Oxidative Medicine and Cellular Longevity. 2017; 2817252, 8 pages.

    Atsuko Kimura, Kazuhiko Namekata, Xiaoli Guo, Takahiko Noro, Chikako Harada, and Takayuki Harada.

  • 11. Twenty-Four-Hour Variation of Intraocular Pressure in Primary Open-Angle Glaucoma Treated with Triple Eye Drops. Journal of Ophthalmology. 2017; 4398494, 6 pages.

    Yoshinori Itoh, Kenji Nakamoto, Hiroshi Horiguchi, Shumpei Ogawa, Takahiko Noro, Makoto Sato, Tadashi Nakano, Hiroshi Tsuneoka, and Noriko Yasuda.

  • 12. Edaravone prevents retinal degeneration in adult mice following optic nerve injury. Investigative Ophthalmology & Visual Science 58(11): 4908-4914, 2017.

    Akiyama G, Azuchi Y, Guo X, Noro T, Kimura A, Harada C, Namekata K, Harada T.

  • 13. Valproic acid and ASK1 deficiency ameliorate optic neuritis and neurodegeneration in an animal model of multiple sclerosis. Neurosci Letters. 2017; 3 (639): 82-87.

    Azuchi Y, Kimura A, Guo X, Akiyama G, Noro T, Harada C, Nishigaki A, Namekata K, Harada T.

  • 14. Change in visual acuity and associated risk factors after trabeculectomy with adjunctive mitomycin C. Acta Ophthalmol. 2016; 94(7): e561-e570

    Kashiwagi K, Kogure S, Mabuchi F, Chiba T, Yamamoto T, Kuwayama Y, Araie M; Collaborative Bleb-Related Infection Incidence and Treatment Study Group.

  • 15. Caloric restriction promotes cell survival in a mouse model of normal tension glaucoma. Scientific Reports. 2016; 6: 33950.

    Guo, X., Kimura, A., Azuchi, Y., Akiyama, G., Noro, T., Harada, C., Namekata, K. and Harada, T.

  • 16. Valproic acid prevents NMDA-induced retinal ganglion cell death via stimulation of neuronal TrkB receptor signaling. American Journal of Pathology 2015; 185(3): 756-764.

    Kimura A, Namekata K, Guo X, Noro T, Harada C and Harada, T.

  • 17. Valproic acid prevents retinal degeneration in a murine model of normal tension glaucoma. Neuroscience Letters 2015; 588: 108-113.

    Kimura A, Guo X, Noro T, Harada C, Tanaka K, Namekata K and Harada T.

  • 18. Brimonidine suppresses loss of retinal neurons and visual function in a murine model of optic neuritis. Neuroscience Letters 2015; 592: 27-31.

    Guo X, Namekata K, Kimura A, Noro T, Azuchi Y, Semba K, Harada C, Yoshida H, Mitamura Y and Harada T.

  • 19. TrkB signaling in retinal glia stimulates neuroprotection after optic nerve injury. American Journal of Pathology 2015; 185(12): 3238-3247.

    Harada C, Azuchi Y, Noro T, Guo X, Kimura A, Namekata K and Harada T.

  • 20. The 5-year incidence of bleb-related infection and its risk factors after filtering surgeries with adjunctive mitomycin Ccollaborative bleb-related infection incidence and treatment study 2. Ophthalmology 121(5), 1001-1006, 2014.

    Yamamoto T, Sawada A, Mayama C, Araie M, Ohkubo S, Sugiyama K, Kuwayama Y; Collaborative Bleb-Related Infection Incidence and Treatment Study Group.

  • 21. Intraocular surgery in patients receiving infliximab therapy for Bech_et disease. Jpn J Ophthalmol 2010; 54: 360-361.

    Sakai T, Kanetaka A, Noro T, Tsuneoka H.

  • 22. Efficacy and safety tafuluprost in normal-tension glaucoma with intraocular pressure of 16mmHg or less. Jpn J Ophthalmol, 2011; 55: 605-613

    Nakano T, Yoshikawa K, Kimura T, Suzumura H, Nanno M, Noro T.

  • 23. 視野検査後の眼圧変動と24時間眼圧日内変動. 日本眼科学会雑誌 2014; 118:831-837.

    野呂隆彦, 中元兼二, 里誠, 安田典子, 伊藤義徳, 小川俊平, 中野匡, 常岡寛.

  • 24. 2%カルテオロール塩酸塩持続性点眼液への切り替えによる患者満足度評価. 臨床眼科 2010; 64(8): 1325-1330.

    野呂隆彦, 中野匡, 柳沼厚仁, 松田英樹, 立道昌幸, 常岡寛.

著書

  • 1. 野呂隆彦, 原田高幸.視神経と再生医療.日本の眼科 第91巻2号.日本眼科医会,2020年 24-28.

  • 2. 野呂隆彦. 視神経低形成. 大鹿哲朗(監修). 眼疾患アトラスシリーズ 第2巻 後眼部アトラス. 総合医学社. 2019年 346-347.

  • 3. 野呂隆彦. 緑内障患者のアドヒアランス向上のために. あたらしい眼科 36(11). 2019年 1423-1424

  • 4. 野呂隆彦.緑内障セミナー 網膜神経節細胞保護と軸索再生. あたらしい眼科34巻9号 2017年 1283-1284

  • 5. 野呂隆彦.緑内障診療に役立つ検査ノウハウ 自動視野計.OCULISTA 第55号,全日本病院出版会 2017年 66-71

  • 6. 野呂隆彦 中野 匡.Humphrey視野計/測定結果の解釈.相原一.眼科診療クオリファイ 第27巻 視野検査とその評価,中山書店2014年 39-44.

  • 7. 野呂隆彦.配合剤点眼の功罪 眼科グラフィック Vol. 1 (創刊号),メディカ出版 2012年 40-44

  • 8. 野呂隆彦 中野 匡.視野検査−HFAによる診断.相原一.眼科診療クオリファイ 第3巻 緑内障診療ガイド,中山書店2011年 108-117

  • 9. 野呂隆彦  中野 匡. HFA update(VFI、進行評価など). あたらしい眼科27巻臨時増刊号 2010年 211-214

受賞

  • 1. 2019年 第1回アジア緑内障アカデミー 代表メンバー

  • 2. 2016年 緑内障学会 須田賞

  • 3. 2010年 第1回 Hida Memorial Tano Travel Grant

  • 4. 2008年 日本眼科手術学会総会 座長賞

本ページにおける情報は、医師本人の申告に基づいて掲載しております。内容については弊社においても可能な限り配慮しておりますが、最新の情報については公開情報等をご確認いただき、またご自身でお問い合わせいただきますようお願いします。

なお、弊社はいかなる場合にも、掲載された情報の誤り、不正確等にもとづく損害に対して責任を負わないものとします。

他の医師を見る

同じ所属病院の医師