皮膚

麻疹(ましん)

麻疹とは

麻疹は,昔から「はしか」として知られている発熱,発疹を主な症状とする感染症です.麻疹ウイルスが原因となります.多くの場合自然経過で軽快しますが,まれに肺炎,脳炎などの合併症を起こし命に関わることがあります.感染力が強く,根本的な治療薬もないため,予防接種による予防が大切です.

原因

麻疹は,パラミクソウイルス科に属する麻疹ウイルスに感染することにより,発熱,発疹などの症状を引き起こす感染症です.感染力が強く,飛沫感染,接触感染に加え,直接接触していなくても同室にいただけで感染力を持ちます(空気感染).感染した後の潜伏期間は10-12日です.一度感染し発症すると一生免疫を持つといわれています(終生免疫).

より詳しい情報は、こちらをご参照ください

症状

麻疹の典型的な症状は,1. 潜伏期,2. カタル期,3. 発疹期,4. 回復期の4つの期間に分けられます.

1. 潜伏期(感染後10-12日)

ウイルスが体に侵入してから,実際に症状が出るまでの期間です.

2. 前駆期(カタル期)(3-4日)

麻疹の最初の症状は,発熱(38℃前後)・鼻水・目やに・せきなど,風邪と類似した症状です.この時期にはまだ特徴的な発疹が現れず,麻疹と気付かない可能性があります.この時期に頬の粘膜を見ると,「コプリック斑」と呼ばれる,周囲が赤く,真ん中が白い斑点が数個から数十個見られることがあります.コプリック斑は麻疹に特徴的な症状です.

3. 発疹期(3-4日)

前駆期の終わりには一度熱が下がり気味になりますが,半日ほどで再び40℃近くまで上昇する(二峰性発熱)とともに全身に小さな赤い発疹が出現します.顔や耳の後ろから始まり,体幹,そして手足の順で広がります.また発疹どうしが融合する(くっつく)ことも麻疹による発疹の特徴です.

4. 回復期(7-9日)

解熱とともに発疹も自然に消えていきますが,肌に色素の沈着が茶色に残ります.

麻疹は多くの場合,自然経過で症状が消失し,治癒する病気です.

5.合併症

肺炎:麻疹によるウイルス性肺炎は,ウイルスの増殖に伴う免疫反応により起こる肺炎です.麻疹の病初期にみられ,乳児では死因の多くを占めています.

脳炎:麻疹による脳炎は,病初期に発症することが多く,成人では死因の多くを占めています.脳炎発症患者の20-40%が後遺症を残し,10-20%が死に至るといわれています.

麻疹による死因は肺炎と脳炎が多くを占めています.

クループ症候群:クループ症候群とは,喉頭周囲が狭くなり,呼吸器症状を引き起こす合併症です.犬が吠えたような咳(犬吠様咳嗽と呼びます)が特徴です.

亜急性硬化性全脳炎(SSPE):麻疹ウイルスが中枢神経へ持続的に感染することにより,麻疹の初感染後7-10年後に学習障害,運動障害,痙攣といった症状が起こる合併症です.

細菌感染:麻疹感染時とその後しばらくの間は中耳炎,肺炎といった細菌感染を合併し中耳炎や肺炎を起こしやすくなります.

より詳しい情報は、記事①記事②をご参照ください

より詳しい情報はこちら

検査・診断

麻疹ウイルスに対する抗体(IgM抗体)の上昇,あるいはウイルスの遺伝子検査,ウイルス分離により診断が確実になります.しかし,上記の検査はどの医療機関でもできる検査ではないことから,特徴的な症状のみから診断をすることがほとんどです.

より詳しい情報は、こちらをご参照ください

治療

麻疹に有効な治療法はありません.対症療法を行い自然経過で症状の消失を待ちます.高熱が出るので,脱水にならないように水分をきちんととることが大切です.昔は「はしかは冷やすな」という言い伝えがありましたが,医学的な根拠はなく,患者さんご自身が快適になるように過ごすことが大事ですので必要に応じてクーリングを行ってください.体を温めるとむしろ脱水を助長する可能性がありますので注意が必要です.合併症を発症した場合はそれぞれの合併症に対する治療を行います.合併した細菌感染には抗生物質を使用します.

予防

麻疹は非常に感染力が強いため,手洗い・うがい・マスクでの予防効果は限定的です.唯一の予防方法は予防接種です.

麻疹の予防接種は風疹ワクチンと混合となったMRワクチンとして,日本で定期接種となっており,1歳のときと小学校就学前(年長児)の2回,無料で受けることができます。予防接種が開発されてから麻疹の患者さんの数は99%以上減少しています.

成人でも,麻疹に対する免疫がない患者さんは自費で予防接種をすることが可能です.麻疹の流行地域に渡航する方や,医療関係者で麻疹の患者さんに接触する可能性がある場合には医療機関にご相談ください.

麻疹ワクチンは,鶏の胚細胞を用いて製造されており,卵そのものを使っていないため卵アレルギーの方へのアレルギー反応の可能性は低いとされています.しかし,鶏卵に対する重度のアレルギー(アナフィラキシー反応の既往のある人など)のある方は,ワクチンに含まれるその他の成分によるアレルギー反応が生ずる可能性もあるので,接種時に必ず医師に相談してください.

麻疹に対して免疫のない方が,麻疹の患者さんに接触した場合には、医療機関へご相談ください.72時間以内に麻疹ワクチンやガンマグロブリンという薬を使用すると,発症を予防できる可能性があります.

より詳しい情報は、こちらをご参照ください

その他

麻疹に感染した場合,感染を広げないように,解熱後3日を経過するまで登校,登園は停止と学校保健安全法で定められています.登校・登園許可証が必要な場合は医療機関にご相談ください.

麻疹の記事を読む

麻疹の記事にご協力いただいている医師