岩中 督 先生のプロフィール

岩中 督 先生

いわなか ただし

岩中 督 先生

埼玉県病院事業管理者 前東京大学小児外科学教授 元日本小児外科学会理事長

専門分野

小児外科

紹介

東京大学小児外科学教授、東京大学附属病院副院長を経て埼玉県立小児医療センターで病院長を務める。全外科系学会を束ねた「ナショナルクリニカルデータベース」においては代表理事を務めており、ビッグデータを用いて小児外科だけではなく外科分野、さらには全体的に日本の医療レベルを上げるために精力的な活動をしている。現在は埼玉県病院事業管理者として病院経営に深く携わる。

略歴

1978年 東京大学医学部医学科卒業
1978年 東京大学医学部付属病院外科系研修医
1979年 静岡県藤枝市立志太総合病院外科
1981年 東京大学医学部付属病院小児外科(病院医員)
1983年 国立小児病院外科(厚生技官)
1987年 東京大学医学部付属病院小児外科(文部教官助手)
1997年 埼玉県立小児医療センター外科科長
2006年 東京大学大学院医学系研究科生殖・発達・加齢医学専攻小児医学講座小児外科学・小児腫瘍学分野教授
2015年 埼玉県立小児医療センター病院長
2017年 埼玉県病院事業管理者
現在に至る

1994年4月〜1994年9月 文部省高等教育局医学教育課専門員併任
1994年10月〜1994年3月 米国小児がん学会研究員併任
シンシナティ小児医療センターに研究のため留学(Visiting Scientist)
2010年6月~2015年3月 東京大学大学院医学系研究科医療品質評価学講座協力教授併任
2011年4月~2015年3月 東京大学医学部附属病院副院長併任(総務、経営・財務担当)
2013年4月~2015年3月 東京大学教育研究評議員併任
2015年6月~ 東京大学名誉教授

所属学会・資格・役職など

【資格】
1978年5月24日 医籍登録 第239338号
1988年10月 日本小児外科学会認定医 第980054号
1990年12月 日本外科学会認定医 第9007549号
1993年1月27日 医学博士(東京大学)第11026号
1994年2月 日本集中治療医学会専門医 第94006号
1994年12月 日本小児外科学会指導医 第04164号
2002年10月 臨床修練指導医 第2410号
2004年10月 日本小児外科学会指導医更新 第09164号
2004年10月 日本小児外科学会専門医 第4090054号
2005年12月 日本外科学会専門医 第1801943号
2007年12月 日本外科学会指導医 第S007773号
2009年1月 日本内視鏡外科学会技術認定医 09-PS-001
2012年8月1日 日本がん治療暫定教育医 第120021号
2014年4月1日 小児がん認定外科医 第1420069号

【所属学会】
日本小児外科学会、日本外科学会、日本内視鏡外科学会、日本小児血液・がん学会、日本臨床外科学会、日本小児救急医学会、日本周産期・新生児医学会、日本小児科学会、日本機械学会
Pacific Association of Pediatric Surgeons (PAPS)
International Pediatric Endosurgery Group (IPEG)
Society of American Gastrointestinal Endoscopic Surgery (SAGES)
International Society of Pediatric Surgical Oncology (IPSO)
American Pediatric Surgical Association (APSA) (Honorary)
Russian Association of Pediatric Surgeons (Honorary)

【学会活動など】
日本小児外科学会元監事・元会長・元理事長、日本外科学会元理事
日本内視鏡外科学会理事、日本小児救急医学会前理事
国際小児内視鏡外科学会元理事長、
一般社団法人外科系学会社会保険委員会連合代表理事・会長
一般社団法人National Clinical Database代表理事
一般社団法人日本専門医機構前理事
中央社会保険医療協議会診療報酬調査専門組織(医療技術評価分科会)委員
など

受賞・著書・論文など

【邦文原著】
・岩中 督、甲田安二郎、別府倫兄、錦野光浩、若山達郎、重富 亮 、喜納 勇
小児胆嚢捻転症の1治験例
小児外科 14;129ー133、 1982.
・斉藤純夫、土田嘉昭、本名敏郎、牧野駿一、間 浩明、岩中 督
ウイルムス腫瘍、神経芽細胞腫、悪性奇形腫群腫瘍に対する積極的治療
日外会誌 38;912ー915、1982.
など100以上を執筆

【邦文総説】
・土田嘉昭、斉藤純夫、本名敏郎、牧野駿一、岩中 督、間 浩明、別所文雄
白血病と外科的合併症:特にその外科的治療について
小児外科 14;777ー785、1982.
・土田嘉昭、斉藤純夫、牧野駿一、平田彰業、岩中 督
神経芽腫とウイルムス腫瘍に対する最近の治療
外科診療 25;581ー590、1983.
など190以上を執筆

【邦文教科書】
・岩中 督、斉藤純夫
Littre Hernia
小児内科臨時増刊 p420-421、1983.
・岩中 督、斉藤純夫、土田嘉昭
Clover leaf scull syndrome
小児内科臨時増刊 p145-146、1983.
・岩中 督、土田嘉昭
先天性巨大結腸症
図説臨床看護医学ー消化器ー p196-199、 同朋舎、1986.
・岩中 督、土田嘉昭
先天性腸閉鎖症
図説臨床看護医学ー消化器ー p200-203

【邦文原著】
・岩中 督、甲田安二郎、別府倫兄、錦野光浩、若山達郎、重富 亮 、喜納 勇
小児胆嚢捻転症の1治験例
小児外科 14;129ー133、 1982.
・斉藤純夫、土田嘉昭、本名敏郎、牧野駿一、間 浩明、岩中 督
ウイルムス腫瘍、神経芽細胞腫、悪性奇形腫群腫瘍に対する積極的治療
日外会誌 38;912ー915、1982.
など100以上を執筆

【邦文総説】
・土田嘉昭、斉藤純夫、本名敏郎、牧野駿一、岩中 督、間 浩明、別所文雄
白血病と外科的合併症:特にその外科的治療について
小児外科 14;777ー785、1982.
・土田嘉昭、斉藤純夫、牧野駿一、平田彰業、岩中 督
神経芽腫とウイルムス腫瘍に対する最近の治療
外科診療 25;581ー590、1983.
など190以上を執筆

【邦文教科書】
・岩中 督、斉藤純夫
Littre Hernia
小児内科臨時増刊 p420-421、1983.
・岩中 督、斉藤純夫、土田嘉昭
Clover leaf scull syndrome
小児内科臨時増刊 p145-146、1983.
・岩中 督、土田嘉昭
先天性巨大結腸症
図説臨床看護医学ー消化器ー p196-199、 同朋舎、1986.
・岩中 督、土田嘉昭
先天性腸閉鎖症
図説臨床看護医学ー消化器ー p200-203、同朋舎、1986.
など40以上を執筆

【欧文原著】
・Tsuchida Y, Yokomori K, Iwanaka T, Saito S
Nude mouse xenograft study for treatment of neuroblastoma: Effect of chemotherapeutic agents and
surgery on tumor growth and cell kinetics.
・J Pediatr Surg 19; 72-76, 1984.
Iwanaka T, Tsuchida Y, Honna T, Makino S, Saito S
Ileocecal resection in neonates: A follow-up study.
Jpn J Surg 14; 311-314, 1984.
・Hirata A, Saito S, Tsuchida Y, Hazama H, Iwanaka T, Shima K, Hori T
Surgical management of piriform sinus fistula.
Am Surg 50; 454-457, 1984.
など120以上を執筆

【欧文総説・教科書】
Tsuchida Y, Iwanaka T
Neuroblastomas-General Consideration.
Atlas of Children’s Surgery. Edited by Willital GH, Kiely EM et al, p400-405, Pabst Science
Publishers, Lengerich, Germany, 2005
Iwanaka T, Kawashima H, Uchida H
The laparoscopic approach of neuroblastoma.
Seminars in Pediatric Surgery 16: 259-265, 2007.
Iwanaka T
Laparoscopic approach to abdominal neuroblastoma.
Endoscopic Surgery in Infants and Children. Edited by Bax NMA, pp617-627, Springer-Verlag
Berlin Heidelberg, 2008.
Iwanaka T
Technical innovation, standardization, and skill qualification for pediatric minimally invasive
surgery in Japan.
J Pediatr Surg 44: 36-42, 2009.
Sato S, Hamada Y, Iwanaka T
Recent progresses of pediatric endoscopic surgery in Japan.
JMAJ (Japan Medical Association Journal) 53: 250-253, 2010
Iwanaka T, Kanamori Y, Sugiyama M, Komura M, Tanaka Y, Kodaka T, Ishimaru T.
Laparoscopic fundoplication for gastroesophageal reflux disease in infants and children.
Surg Today. 2010 May;40(5):393-7. Epub 2010 Apr 28. Review.68
International Abstract
Iwanaka T, Kohda Y, Beppu T
Torsion of the gall bladder.
J Pediatr Surg 17: 674, 1982.
Iwanaka T, Nakajo T, Hashizume K, Kawarasaki H
Susceptibility to infection after partial splenic embolization in children with portal hypertention.
J Pediatr Surg 26: 626, 1991.
Iwanaka T, Arkovitz MS, Arya G, Ziegler MM
Evaluation of operative stress and peritoneal macrophage function in minimally invasive operations
Eur J Pediatr Surg 7: 376, 1997 69

続きを見る

岩中 督 先生 の記事