畠 清彦 先生のプロフィール

畠 清彦 先生

はたけ きよひこ

畠 清彦 先生

がん研究会有明病院 血液腫瘍科部長 兼 がん化学療法センター臨床部部長

専門分野

多発性骨髄腫、悪性リンパ腫、白血病

紹介

自治医科大学医学部卒業後、新薬臨床開発センターを経て現在がん研究会有明病院 血液腫瘍科部長 兼 がん化学療法センター臨床部部長を務める。抗がん剤治療の名医として多発性骨髄腫や悪性リンパ腫などの腫瘍内科の診療を行う。また血液がんの新薬の研究開発や医師・患者の研修資材の作成にも尽力している。

略歴

1978年 自治医科大学 医学部 卒業
1983年 自治医科大学大学院地域医療系血液疾患入学
1984年 日本内科学会認定内科専門医取得(380号)
1987年 自治医科大学大学院卒業、医学博士取得(甲18号)
1987年 自治医科大学血液学助手、アメリカ留学
1989年 東京大学医科学研究所分子生物部非常勤研究員
1990年 自治医科大学血液学講師
1994年 自治医科大学血液学助教授
2000年 財団法人癌研究会附属病院化学療法科副部長、兼癌化学療法センター臨床部副部長
2001年 財団法人癌研究会附属病院化学療法科部長、兼癌化学療法センター臨床部部長、新薬臨床開発センター治験室室長、ゲノムプロジェクト臨床リーダー、細胞療法研究室室長
2002年 新薬臨床開発センター次長
2005年 癌研究会有明病院 化学療法科・血液腫瘍科部長、兼 がん化学療法センター臨床部部長、新薬臨床開発センター長、細胞療法研究室室長、兼 外来治療センター長
2012年 がん研究会有明病院 血液腫瘍科部長 兼 がん化学療法センター臨床部部長

所属学会・資格・役職など

医学博士
日本臨床腫瘍学会 理事
日本がん分子標的治療学会 理事
医学のあゆみ 編集委員
Journal of Clinical Oncology, Editorial Board Member
Cancer Science , Associate Editor

受賞・著書・論文など

【受賞】
2014年 Savchuk award

【著書】
「心配しないでいいですよ 再発・転移悪性リンパ腫」 2006年4月、真興交易医書出版部
「がんを薬で治す 2013年版」 2012年11月、朝日新聞出版
「がんを薬で治す 2010ー2011年版―抗がん剤・分子標的薬・ホルモン剤」2010年7月、朝日新聞出版
「がんを薬で治す 抗がん剤・分子標的薬・ホルモン剤」2009年6月、朝日新聞出版

【論文】
• Radiation therapy for localized duodenal low-grade follicular lymphoma. Harada A, Oguchi M, Terui Y, Takeuchi K, Igarashi M, Kozuka T, Harada K, Uno T, Hatake K. J Radiat Res. 2016 Mar 23. pii: rrw011.
• Bevacizumab safety in Japanese patients with colorectal cancer. Hatake K, Doi T, Uetake H, Takahashi Y, Ishihara Y, Shirao K. Jpn J Clin Oncol. 2016 Mar;46(3):234-40. doi: 10

【受賞】
2014年 Savchuk award

【著書】
「心配しないでいいですよ 再発・転移悪性リンパ腫」 2006年4月、真興交易医書出版部
「がんを薬で治す 2013年版」 2012年11月、朝日新聞出版
「がんを薬で治す 2010ー2011年版―抗がん剤・分子標的薬・ホルモン剤」2010年7月、朝日新聞出版
「がんを薬で治す 抗がん剤・分子標的薬・ホルモン剤」2009年6月、朝日新聞出版

【論文】
• Radiation therapy for localized duodenal low-grade follicular lymphoma. Harada A, Oguchi M, Terui Y, Takeuchi K, Igarashi M, Kozuka T, Harada K, Uno T, Hatake K. J Radiat Res. 2016 Mar 23. pii: rrw011.
• Bevacizumab safety in Japanese patients with colorectal cancer. Hatake K, Doi T, Uetake H, Takahashi Y, Ishihara Y, Shirao K. Jpn J Clin Oncol. 2016 Mar;46(3):234-40. doi: 10.1093/jjco/hyv182. Epub 2016 Jan 15.
• Frequent BCOR aberrations in extranodal NK/T-Cell lymphoma, nasal type. Dobashi A, Tsuyama N, Asaka R, Togashi Y, Ueda K, Sakata S, Baba S, Sakamoto K, Hatake K, Takeuchi K. Genes Chromosomes Cancer. 2016 May;55(5):460-71. doi: 10.1002/gcc.22348. Epub 2016 Feb 10.
• Gastric involvement, a rare site for extramedullary myeloma. Kusano Y, Nishimura N, Yokoyama M, Terui Y, Hatake K. Ann Hematol. 2016 Mar;95(4):663-4. doi: 10.1007/s00277-016-2596-z. Epub 2016 Jan 12. No abstract available.
• A phase 1/2 study of carfilzomib in Japanese patients with relapsed and/or refractory multiple myeloma. Watanabe T, Tobinai K, Matsumoto M, Suzuki K, Sunami K, Ishida T, Ando K, Chou T, Ozaki S, Taniwaki M, Uike N, Shibayama H, Hatake K, Izutsu K, Ishikawa T, Shumiya Y, Kashihara T, Iida S. Br J Haematol. 2016 Mar;172(5):745-56. doi: 10.1111/bjh.13900. Epub 2016 Jan 5.
• Cetuximab treatment for metastatic colorectal cancer with KRAS p.G13D mutations improves progression-free survival. Osumi H, Shinozaki E, Osako M, Kawazoe Y, Oba M, Misaka T, Goto T, Kamo H, Suenaga M, Kumekawa Y, Ogura M, Ozaka M, Matsusaka S, Chin K, Hatake K, Mizunuma N. Mol Clin Oncol. 2015 Sep;3(5):1053-1057. Epub 2015 Jul 9.
• Impact of immunohistological subtypes on the long-term prognosis of patients with metastatic breast cancer. Kobayashi K, Ito Y, Matsuura M, Fukada I, Horii R, Takahashi S, Akiyama F, Iwase T, Hozumi Y, Yasuda Y, Hatake K. Surg Today. 2015 Oct 14.
• Suzuki SI, Matsusaka S, Hirai M, Shibata H, Takagi K, Mizunuma N, Hatake K. A novel approach to detect KRAS/BRAF mutation for colon cancer: Highly sensitive simultaneous detection of mutations and simple pre-treatment without DNA extraction. Int J Oncol. 2015 Apr 30. doi: 10.3892/ijo.2015.2978. [Epub ahead of print]
• Ogura M, Uchida T, Terui Y, Hayakawa F, Kobayashi Y, Taniwaki M, Takamatsu Y, Naoe T, Tobinai K, Munakata W, Yamauchi T, Kageyama A, Yuasa M, Motoyama M, Tsunoda T, Hatake K. Phase I study of OPB-51602, an oral inhibitor of signal transducer and activator of transcription 3, in patients with relapsed/refractory hematological malignancies. Cancer Sci. 2015 Apr 23. doi: 10.1111/cas.12683. [Epub ahead of print]

続きを見る

畠 清彦先生 の所属する医療機関

がん研究会有明病院

TEL: 03-3520-0111

がん研究会有明病院

東京都江東区有明3丁目8-31

東京臨海新交通臨海線(ゆりかもめ)「有明」駅 徒歩2分

東京臨海高速鉄道りんかい線「国際展示場」駅 徒歩4分

- - -

診療時間: 8:30〜12:00 紹介予約制 科により異なる 臨時休診あり

診療科目: 内科 血液内科 精神科 呼吸器外科 消化器外科 整形外科 形成外科 皮膚科 泌尿器科 婦人科 眼科 耳鼻咽喉科 放射線科 歯科 麻酔科 乳腺外科

院長インタビュー

畠 清彦 先生 の記事