江藤 正俊 先生のプロフィール

江藤 正俊 先生

えとう まさとし

江藤 正俊 先生

九州大学大学院医学研究院泌尿器科学分野 教授

専門分野

泌尿器腫瘍学、癌免疫学、腹腔鏡手術、ロボット支援手術

紹介

九州大学病院泌尿器・前立腺・腎臓・副腎外科にて泌尿器腫瘍を中心とした診療にあたっている。移植免疫の経験を生かして、現在は泌尿器がんに対する免疫細胞療法やホルモン抵抗性前立腺がんに関する研究を行っている。臨床面ではダヴィンチを含めた腹腔鏡外科に力を入れ、からだにやさしい低侵襲治療であるロボット支援手術ダヴィンチのさらなる普及に向けた活動を行っている。

略歴

1986年 九州大学医学部卒業
1986年 九州大学医学部附属病院医員(研修医)
1987年 浜の町病院(研修医)
1992年 九州大学大学院医学系研究科外科系専攻修了、医学博士
1992年 原三信病院医師
1993年 総合せき損センター医師
1994年 県立宮崎病院副医長
1995年 九州労災病院医師
1996年 国立中津病院医長
1997年 九州大学医学部附属病院医員
1998年 九州大学医学部附属病院助手
1999年 米国ピッツバーグ大学外科研究員
2001年 九州大学病院助手
2003年 九州大学病院講師
2009年 熊本大学大学院生命科学研究部泌尿器科学分野教授
2015年 九州大学大学院医学研究院泌尿器科学分野教授

所属学会・資格・役職など

医学博士
【学会】
日本泌尿器科学会・日本癌学会・日本癌治療学会・日本移植学会・日本免疫学会
日本泌尿器内視鏡学会・日本内視鏡外科学会・EAU・AUA・ASCO・国際移植学会
【資格】
日本泌尿器科学会専門医・指導医
日本泌尿器科学会・日本泌尿器内視鏡学会泌尿器腹腔鏡技術認定医
日本内視鏡外科学会技術認定医(泌尿器腹腔鏡)
日本がん治療認定医機構がん治療認定医
日本泌尿器科学会・日本泌尿器内視鏡学会 泌尿器ロボット支援手術プロクター

受賞・著書・論文など

【受賞】
1999年 免疫・アレルギー等研究推進事業に係る「外国への日本人研究者派遣事業」に採用
2006年 第94回日本泌尿器科学会総会賞受賞
2011年 第49回日本癌治療学会優秀演題賞受賞
2012年 第27回Annual EAU Congress Best Poster Award受賞
2012年 平成24年度科学研究費助成事業(科研費)審査員賞受賞
2015年 第22回日本泌尿器科学会学会賞受賞

【著書】
1) 江藤正俊.泌尿器系がん:免疫細胞療法Ⅱ(幻冬舎,東京, 2011)(分担執筆)
2) 和田孝浩, 高橋渡, 江藤正俊.3.腎細胞癌治療における分子標的治療薬の併用療法の可能性を探る 腎細胞癌分子標的治療の新たなストラテジー ~個別化医療へ向けて~(先端医学社, 東京, 2011)(分担執筆)
3) 和田孝浩、高橋渡、江藤正俊.4)分子標的治療 ⑤テムシロリムス インフォームドコンセントのための図説シリーズ 腎がん(改訂版)(医薬ジャーナル社, 大阪, 2011)
(分担執筆)
4) 河野吉昭, 江藤正俊.3 サイトカイン療法 4)インターフェロン+ソラフェニブ併用療法 Year Book of RCC 2014(メディカルビュー社, 大阪, 2014)(分担執筆)

【論文】
1) Eto M, Mayumi H, Tomita

【受賞】
1999年 免疫・アレルギー等研究推進事業に係る「外国への日本人研究者派遣事業」に採用
2006年 第94回日本泌尿器科学会総会賞受賞
2011年 第49回日本癌治療学会優秀演題賞受賞
2012年 第27回Annual EAU Congress Best Poster Award受賞
2012年 平成24年度科学研究費助成事業(科研費)審査員賞受賞
2015年 第22回日本泌尿器科学会学会賞受賞

【著書】
1) 江藤正俊.泌尿器系がん:免疫細胞療法Ⅱ(幻冬舎,東京, 2011)(分担執筆)
2) 和田孝浩, 高橋渡, 江藤正俊.3.腎細胞癌治療における分子標的治療薬の併用療法の可能性を探る 腎細胞癌分子標的治療の新たなストラテジー ~個別化医療へ向けて~(先端医学社, 東京, 2011)(分担執筆)
3) 和田孝浩、高橋渡、江藤正俊.4)分子標的治療 ⑤テムシロリムス インフォームドコンセントのための図説シリーズ 腎がん(改訂版)(医薬ジャーナル社, 大阪, 2011)
(分担執筆)
4) 河野吉昭, 江藤正俊.3 サイトカイン療法 4)インターフェロン+ソラフェニブ併用療法 Year Book of RCC 2014(メディカルビュー社, 大阪, 2014)(分担執筆)

【論文】
1) Eto M, Mayumi H, Tomita Y, Yoshikai Y, Nomoto K:
Intrathymic clonal deletion of V6+ T cells in cyclophosphamide-induced tolerance to H-2 compatible, Mls-disparate antigens.
J Exp Med 171: 97-113, 1990
2) Eto M, Mayumi H, Tomita Y, Yoshikai Y, Nishimura Y, Nomoto K:
The requirement of intrathymic mixed chimerism and clonal deletion for a long-lasting skin allograft tolerance in cyclophosphamide-induced tolerance.
Eur J Immunol 20: 2005-2013, 1990
3) Eto M, Mayumi H, Tomita Y, Yoshikai Y, Nishimura Y, Maeda T, Nomoto K:
Specific destruction of host-reactive mature T cells of donor origin prevents graft-versus-host disease in cyclophosphamide-induced tolerant mice.
J Immunol 146: 1402-1409, 1991
4) Eto M, Mayumi H, Yoshikai Y, Nishimura Y, Maeda T, Nomoto K:
Similarity and difference in the mechanisms of neonatally induced
tolerance and cyclophosphamide-induced tolerance in mice.
J Immunol 147: 2439-2446, 1991
5) Eto M, Harada M, Tamada K, Tokuda N, Koikawa Y, Nakamura M, Nomoto K, Naito S:
Antitumor activity of interleukin-12 against murine bladder cancer.
J Urol 163: 1549-1552, 2000
6) Eto M, Hackstein H, Kaneko K, Nomoto K, Thomson AW.
Promotion of skin graft tolerance across MHC barriers by mobilization of dendritic cells in donor hemopoietic cell infusion.
J Immunol 169: 2390-2396, 2002
7) Eto M, Bennouna J, Hunter OC, Hershberger PA, Kanto T, Johnson CS, Lotze MT, Amoscato AA:
C16 ceramide accumulates following androgen ablation in LNCaP prostate cancer cells.
Prostate 57: 66-79, 2003
8) Harano M*, Eto M*, Iwai T, Tatsugami K, Kiyoshima K, Kamiryo Y, Tsuneyoshi M, Yoshikai Y, Naito S (*equal contribution):
Renal cancer treatment with low levels of mixed chimerism induced by nonmyeloablative regimen using cyclophosphamide in mice.
Cancer Res 65: 10032-10040, 2005
9) Eto M, Harano M, Tatsugami K, Harada M, Kamiryo Y, Kiyoshima K, Hamaguchi M, Tsuneyoshi M, Yoshikai Y, Naito S:
Cyclophosphamide-using nonmyeloablative allogeneic cell therapy against renal cancer with a reduced risk of graft-versus-host disease.
Clin Cancer Res 13: 1029-1035, 2007
10) Ito N*, Eto M*, Nakamura E, Takahashi A, Tsukamoto T, Toma H, Nakazawa H, Hirao Y, Uemura H, Kagawa S, Kanayama H, Nose Y, Kinukawa N, Nakamura T, Jinnai N, Seki T, Takamatsu M, Masui Y, Naito S, Ogawa O (*equal contribution):
STAT3 polymorphism predicts the interferon- response in patients with metastatic renal cell carcinoma.
J Clin Oncol 25: 2785-2791, 2007
11) Eto M, Kamiryo Y, Takeuchi A, Harano M, Tatsugami K, Harada M, Kiyoshima K, Hamaguchi M, Teshima T, Tsuneyoshi M, Yoshikai Y, Naito S.
Posttransplant administration of cyclophosphamide and donor lymphocyte infusion induces potent antitumor immunity to solid tumor.
Clin Cancer Res 14: 2833-2840, 2008
12) Kamiryo Y, Eto M, Yamada H, Yajima T, Harano M, Takeuchi A, Tatsugami K, Hamaguchi M, Naito S, Yoshikai Y:
Donor CD4 T cells are critical in allogeneic stem cell transplantation against murine solid tumor.
Cancer Res. 69: 5151-5158, 2009
13) Naito S, Eto M, Shinohara N, Tomita Y, Fujisawa M, Namiki M, Nishikido
M, Usami M, Tsukamoto T, Akaza H:
Multicenter phase II trial of S-1 in patients with cytokine-refractory metastatic renal cell carcinoma.
J Clin Oncol. 28: 5022-5029, 2010
14) Takeuchi A, Eto M, Yamada H, Tatsugami K, Naito S, Yoshikai Y:
A reduction of recipient regulatory T cells by cyclophosphamide contributes to an anti-tumor effect of nonmyeloablative allogeneic stem cell transplantation in mice.
Int J Cancer 130: 365-376, 2012
15) Eto M, Kamba T, Miyake H, Fujisawa M, Kamai T, Uemura H, Tsukamoto T, Azuma H, Matsubara A, Nishimura K, Nakamura T, Ogawa O, Naito S, the Japan Immunotherapy SNPs-Study Group for Kidney Cancer:
STAT3 Polymorphism Can Predict the Response to Interferon-α Therapy in Patients with Metastatic Renal Cell Carcinoma.
Eur Urol 63: 745-752, 2013

【総説】
1) 江藤正俊:
転移性腎淡明細胞癌の治療戦略:私はこう治療する③
Urology View 6(4): 58-64, 2008
2) 江藤正俊:
分子標的治療の時代におけるサイトカイン治療の位置づけ
医学の歩み 236(12): 1090-1094, 2011
3) 本多次朗, 江藤正俊:
患者さんに説明できる開放腎部分切除術の知識とポイント
泌尿器ケア 17(8): 28-33, 2012

4) 江藤正俊:
分子標的薬時代における転移性腎細胞癌治療の新展開 -ファーストライン治療の変遷を中心に-
癌の臨床 60(1): 105-112, 2014
5) 内藤誠二,江藤正俊,舛森直哉:
腎細胞癌診療の話題と将来展望 ~ASCO2014より~
診療と新薬 51: 1115-1119, 2014
6) 矢津田旬二, 江藤正俊:
去勢抵抗性前立腺癌に対する免疫療法の現況と展望
日本臨床 72: 2174-2178, 2014
7) 江藤正俊, 植村天受, 大家基嗣, 岸田健, 冨田善彦, 野々村祝夫:
非淡明細胞型腎細胞癌治療の現在
RCC INSIGHT 4(3): 2-7, 2015

続きを見る

江藤 正俊先生 の所属する医療機関

九州大学病院

TEL: 092-641-1151

九州大学病院

福岡県福岡市東区馬出3丁目1-1

福岡市地下鉄箱崎線「馬出九大病院前」駅 徒歩2分

JR鹿児島本線「吉塚」駅 徒歩9分

- - -

受付時間: 8:30〜11:00 原則、紹介・予約制 科により異なる  臨時休診あり

診療科目: 内科 血液内科 リウマチ科 外科 心療内科 精神科 神経内科 脳神経外科 呼吸器外科 消化器外科 腎臓内科 心臓血管外科 小児科 小児外科 整形外科 形成外科 皮膚科 泌尿器科 産婦人科 眼科 耳鼻咽喉科 リハビリテーション科 放射線科 歯科 矯正歯科 小児歯科 歯科口腔外科 麻酔科 乳腺外科

江藤 正俊 先生 の記事