糸川 昌成 先生のプロフィール

糸川 昌成 先生

いとかわ まさなり

糸川 昌成 先生

東京都医学総合研究所 病院等連携研究センター センター長 副所長(兼任)  東京都立松沢病院精神科 非常勤医師

専門分野

精神医学、分子生物学、代謝化学、科学哲学

紹介

分子生物学者としての研究と同時に精神科医としても診療を行なう、統合失調症研究の第一人者。母親が当事者であったことを公表し、家族の立場から生物学的精神医学の在り方を見直している。最新研究の統合失調症カルボニルストレス説が注目を集めている。2015年3月には第10回日本統合失調症学会で会長を務めた。

略歴

1989年 埼玉医科大学卒業
1989年 東京医科歯科大学精神神経科 研修医
1990年 四倉病院精神科 常勤医
1991年 筑波大学人類遺伝学教室 研究生
1993年 東京医科歯科大学精神神経科 医員
1994年 東京大学脳研究施設生化学部門 研究生
1996年 Molecular Neurobiology Branch, National Institute on Drug Abuse, National Institutes of Health, Visiting Fellow
1999年 理化学研究所分子精神科学研究チーム 研究員
2001年 東京都精神医学総合研究所精神分裂症部門 部門長
2004年 東京都精神医学総合研究所統合失調症プロジェクト プロジェクトリーダー(副参事)
2011年 東京都医学総合研究所統合失調症・うつ病プロジェクト プロジェクトリーダー(参事)精神行動医学研究分野長
2015年 東京都医学総合研究所 病院等連携研究センター センター長
2018年 東京都医学総合研究所 病院等連携研究センター 副所長(兼任)

所属学会・資格・役職など

医学博士
日本統合失調症学会 理事
第10回日本統合失調症学会  大会長
日本生物学的精神医学会 理事
日本神経精神薬理学会 評議員
日本精神神経学会・専門医
精神保健指定医

受賞・著書・論文など

【受賞】
埼玉医科大学 毛呂山会長賞、1989年
東京医科歯科大学 島崎・島薗・高橋学術賞、1992
東京都知事表彰(発明・発見)、2008年
統合失調症研究会 最優秀賞、2011
ヘルシーソサイエティ賞(日本看護協会)、2016年

【著書】
臨床家がなぜ研究をするのか − 精神科医が20年の研究の足跡を振り返るとき −、星和書店、2013年
「統合失調症」からの回復を早める本 − 早期治療・早期回復のための最新情報 −、法研、2013年
統合失調症が秘密の扉をあけるまで、星和書店、2014年
精神医学の哲学1 精神医学の科学と哲学、東京大学出版会、2016年
ウルトラ図解 統合失調症: オールカラー家庭の医学、法研、2017年
統合失調症スペクトラムがよくわかる本 (健康ライブラリーイラスト版)、2018年

【論文】
Itokawa M, Miyashita M, Arai M, Dan T, Takahashi K, Tokunaga T, Ishimoto K, Toriumi K, Ichikawa T, Horiuchi Y, Kobori A, Usami S, Yoshikawa T, Amano N, Washizuka S, Okazaki Y, Miyata T.Pyridoxamine: A novel treatment

【受賞】
埼玉医科大学 毛呂山会長賞、1989年
東京医科歯科大学 島崎・島薗・高橋学術賞、1992
東京都知事表彰(発明・発見)、2008年
統合失調症研究会 最優秀賞、2011
ヘルシーソサイエティ賞(日本看護協会)、2016年

【著書】
臨床家がなぜ研究をするのか − 精神科医が20年の研究の足跡を振り返るとき −、星和書店、2013年
「統合失調症」からの回復を早める本 − 早期治療・早期回復のための最新情報 −、法研、2013年
統合失調症が秘密の扉をあけるまで、星和書店、2014年
精神医学の哲学1 精神医学の科学と哲学、東京大学出版会、2016年
ウルトラ図解 統合失調症: オールカラー家庭の医学、法研、2017年
統合失調症スペクトラムがよくわかる本 (健康ライブラリーイラスト版)、2018年

【論文】
Itokawa M, Miyashita M, Arai M, Dan T, Takahashi K, Tokunaga T, Ishimoto K, Toriumi K, Ichikawa T, Horiuchi Y, Kobori A, Usami S, Yoshikawa T, Amano N, Washizuka S, Okazaki Y, Miyata T.Pyridoxamine: A novel treatment for schizophrenia with enhanced carbonyl stress.Psychiatry Clin Neurosci. 2018 Jan;72(1):35-44.

Abe D, Arai M, Itokawa M. Music-evoked emotions in schizophrenia.Schizophr Res. 2017 Jul;185:144-147.

Miyashita M, Arai M, Kobori A, Ichikawa T, Toriumi K, Niizato K, Oshima K, Okazaki Y, Yoshikawa T, Amano N, Miyata T, Itokawa M. Clinical features of schizophrenia with enhanced carbonyl stress. Schizophr Bull 40 (5):1040-1046. . 2014

Arai M, Koike S, Oshima N, Takizawa R, Araki T, Miyashita M, Nishida A, Miyata T, Kasai K, Itokawa M. Idiopathic carbonyl stress in a drug-naive case of at-risk mental state. Psychiatry Clin Neurosci. 65(6):606-607. 2011

Toyosima M, Maekawa M, Toyota T, Iwayama Y, Arai M, Ichikawa T, Miyashita M, Arinami T, Itokawa M, Yoshikawa T. Schizophrenia with the 22q11.2 deletion and additional genetic defects: case history. Br J Psychiatry. 199(3):245-246. 2011

Arai M, Yuzawa H, Nohara I, Ohnishi T, Obata N, Iwayama Y, Haga S, Toyota T, Ujike H, Arai M, Ichikawa T, Nishida A, Tanaka Y, Furukawa A, Aikawa Y, Kuroda O, Niizato K, Izawa R, Nakamura K, Mori N, Matsuzawa D, Hashimoto K, Iyo M, Sora I, Matsushita M, Okazaki Y, Yoshikawa T, Miyata T, Itokawa M. Enhanced carbonyl stress in a subpopulation of schizophrenia. Arch Gen Psychiatry. 67(6):589-597. 2010

Itokawa M, Kasuga T, Yoshikawa T, Matsushita M. Identification of a male schizophrenic patient carrying a de novo balanced translocation, t(4; 13)(p16.1; q21.31). Psychiatry Clin Neurosci. 2004 Jun;58(3):333-337

Itokawa M, Yamada K, Yoshitsugu K, Toyota T, Suga T, Ohba H, Watanabe A, Hattori E, Shimizu H, Kumakura T, Ebihara M, Meerabux JM, Toru M, Yoshikawa T. A microsatellite repeat in the promoter of the N-methyl-D-aspartate receptor 2A subunit (GRIN2A) gene suppresses transcriptional activity and correlates with chronic outcome in schizophrenia. Pharmacogenetics. 13(5):271-278. 2003

Itokawa M, Lin Z, Uhl GR. Dopamine efflux via wild-type and mutant dopamine transporters: alanine substitution for proline-572 enhances efflux and reduces dependence on extracellular dopamine, sodium and chloride concentrations. Brain Res Mol Brain Res. 108(1-2):71-80. 2002

Itokawa M, Lin Z, Cai NS, Wu C, Kitayama S, Wang JB, Uhl GR. Dopamine transporter transmembrane domain polar mutants: DeltaG and DeltaDeltaG values implicate regions important for transporter functions. Mol Pharmacol. 57(6):1093-1103. 2000

Lin Z, Itokawa M, Uhl GR. Dopamine transporter proline mutations influence dopamine uptake, cocaine analog recognition, and expression. FASEB J. 14(5):715-728, 2000

Itokawa M, Toru M, Ito K, Tsuga H, Kameyama K, Haga T, Arinami T, Hamaguchi H. Sequestration of the short and long isoforms of dopamine D2 receptors expressed in Chinese hamster ovary cells. Mol Pharmacol. 49(3):560-566, 1996
Arinami T, Itokawa M, Enguchi H, Tagaya H, Yano S, Shimizu H, Hamaguchi H, Toru M. Association of dopamine D2 receptor molecular variant with schizophrenia. Lancet. 343(8899):703-704. 1994

Itokawa M, Arinami T, Futamura N, Hamaguchi H, Toru M. A structural polymorphism of human dopamine D2 receptor, D2(Ser311-->Cys). Biochem Biophys Res Commun. 196(3):1369-1375. 1993

糸川昌成. 精神科医として、科学者として、子供として 精神医学 (印刷中)

糸川 昌成 科学と迷信 統合失調症のひろば (5) 161-174,2015

糸川昌成. 脳と心-分子生物学は精神疾患を解明するのか-. 科学哲学 47-2, 2015

糸川 昌成 脳と心 精神科医が25年の統合失調症研究で考えたこと 統合失調症 (8) 22-30, 2014

糸川昌成. 科学者の失敗. 統合失調症のひろば 4:162-166, 2014

糸川 昌成, 新井 誠, 宮下 光弘, 小堀 晶子, 畠山 幸子, 鳥海 和也, 市川 智恵, 大島 健一, 新里 和弘, 岡崎 祐士, 齋藤 正彦 統合失調症の遺伝子研究における課題と展望 異種性と複雑系  精神医学  55(12)1133-1143, 2013

糸川 昌成, 新井 誠, 小池 進介, 滝沢 龍, 市川 智恵, 宮下 光弘, 吉川 武男, 宮田 敏男, 笠井 清登, 岡崎 祐士 精神医学研究の到達点と展望 脳科学研究から見えてきた統合失調症の病態および治療と予防の展開 精神医学 53(12)1195-1200, 2011.

糸川 昌成、新井 誠, 市川 智恵, 宮下 光弘, 吉川 武男, 岡崎 祐士, 宮田 敏男
統合失調症の分子病態と思春期までの予防戦略 精神神経学雑誌113(7)672-678, 2011

稀な遺伝子変異を手がかりとする統合失調症の病態研究 糸川 昌成, 新井 誠, 市川 智恵, 宮下 光弘, 岡崎 祐士BRAIN and NERVE: 神経研究の進歩 63(3) 223-231, 2011

糸川 昌成, 吉川 武男基礎的・生物学的研究 気分障害の遺伝子研究 医学のあゆみ 別冊最新うつ病のすべて 166-171、2010.

続きを見る

糸川 昌成先生 の所属する医療機関

東京都立松沢病院

TEL: 03-3303-7211

東京都立松沢病院

東京都世田谷区上北沢2丁目1-1

京王電鉄京王線「八幡山駅」 徒歩5分

- -

受付時間: 9:00~12:00 13:00~17:00 土曜AMのみ 予約制(受付時間 月~金曜8:30~17:15 土曜12:45まで)、紹介状持参推奨 土曜は再診のみ 科により異なる 臨時休診あり 精神科診療中心

診療科目: 内科 外科 精神科 神経内科 脳神経外科 整形外科 形成外科 皮膚科 泌尿器科 婦人科 眼科 耳鼻咽喉科 リハビリテーション科 放射線科 歯科 麻酔科

糸川 昌成 先生 の記事