武田 一人 先生のプロフィール

武田 一人 先生

たけだ かずひと

武田 一人 先生

飯塚記念病院 内科外来 / 腎・生活習慣病センター長

専門分野

腎臓病学、高血圧,腎病理学

紹介

飯塚病院腎臓内科部長。平成12年5月に着任して以来15年間が経過。現在腎臓内科医師10名、慢性血液透析患者約180例(サテライト含めて)、慢性腹膜透析患者約50例を維持しており、医師をはじめ看護師、薬剤師、管理栄養士などのコメディカルとのチームで腎疾患総合医療に取り組んでいる。保存期腎不全治療では、特に糖尿病性腎症による腎不全症例の集学的治療に取り組み、約1,100~1,300例/月の保存期腎不全症例をフォロ-アップしている。筑豊地区の約45万の原発性糸球体疾患の検査治療、保存期腎不全医療、急性腎不全および慢性透析導入治療、慢性透析患者の合併症を含めて総合的に腎疾患治療を担っている。毎年、西部腎臓学会、日本透析医学会、日本腎臓学会、日本高血圧学会に参加、演題を発表し、国際学会には国際膜透析学会(ISPD)、ヨーロッパ透析移植学会(ERA-EDTA)、アメリカ透析学会(ADC)にも医師、看護師の演題を発表するなど臨床研究にも力を入れている。

略歴

1984年 熊本大学医学部医学科卒業
1984年 九州大学病態機能内科学(旧第二内科)入局
1986年 福岡赤十字病院 腎センタ-医師
1989年 松山赤十字病院 腎センタ-医師、内科副部長
1995年 済生会八幡総合病院 腎センタ-内科医長
1997年 カナダ連邦 アルバ-タ州立大学病理学腎病理部門研究員
2000年 麻生飯塚病院 腎臓内科診療部長
2001年 同院 腎臓内科部長、腎センタ-長
2013年 同院 血液浄化センタ-、病棟透析室、外来透析センタ-長

所属学会・資格・役職など

九州大学 医学博士
日本内科学会 指導医、総合内科専門医
日本腎臓学会 指導医、専門医
日本透析医学会 評議員、指導医、専門医
日本高血圧学会 指導医、専門医
日本内科学会、日本腎臓学会、日本透析医学会、日本高血圧学会、日本糖尿病学会
The member of Renal Pathology Society (RPS)、European Renal Association (ERA-EDTA)、
International Society of Peritoneal Dialysis (ISPD), American Society of Nephrology (ASN)
International Society of Nephrology (ISN)

【役職、世話人】
日本透析医学会 学術評議員
九州CAPD検討会 世話人、幹事
北九州腎と骨代謝研究会
北九州腎臓懇話会 世話人、幹事
筑豊腎病理研究会 代表世話人
NIT研究会 代表世話人

受賞・著書・論文など

1) K. Takeda K, A. Harada, et al. "Sudden death in chronic dialysis patients"
Nephrology Dialysis Transplantation 12(5): 952-955, 1997
2) K. Takeda, A. Harada, M. Kubo, et al. "Successful use of single-lumen, urokinase immobilized femoral catheters as temporary access for haemodialysis"
Nephrology Dialysis Transplantation. 13(1):130-133, 1998.
3) Takeda K, Harada A, et al. "Three-year outcome after urinary diversions in patients with obstructive uropathy." Nephron, 78(2):246-248, 1997
4) K. Takeda, M. Nakamoto, et al. "Echocardiographic evaluation on long-term continuous ambulator

1) K. Takeda K, A. Harada, et al. "Sudden death in chronic dialysis patients"
Nephrology Dialysis Transplantation 12(5): 952-955, 1997
2) K. Takeda, A. Harada, M. Kubo, et al. "Successful use of single-lumen, urokinase immobilized femoral catheters as temporary access for haemodialysis"
Nephrology Dialysis Transplantation. 13(1):130-133, 1998.
3) Takeda K, Harada A, et al. "Three-year outcome after urinary diversions in patients with obstructive uropathy." Nephron, 78(2):246-248, 1997
4) K. Takeda, M. Nakamoto, et al. "Echocardiographic evaluation on long-term continuous ambulatory peritoneal dialysis compared with the hemodialysis patients."
Clinical Nephrology, 49(5):308-312,1998.
5) K. Takeda, M. Nakamoto, H. Hirakata et al. "Disadvantage for Preserving Cardiac Performance in CAPD Patients over 5 years; An Echocardiographic Study"
American Journal of Kidney Diseases, 32(3):482-487, 1998
6)菅原宏治、武田一人:IgA腎症患者に対する口蓋扁桃摘出術および高容量メチルプレドニゾロンパルス(m-PSL pulse)静注療法の臨床的検討-日本腎臓学会誌50(8):110-115、2008 
7)武田一人:腎症進展因子に対する第一選択薬とその有効性-血圧59(12):29-33,2008

症例報告
1) Takeda K, Nakamoto M, et al." Acute hemorrhagic gastritis associated with acetazolamide intoxication on a patient with chronic renal failure." Clinical Nephrology, 48(4):266-268, 1997
2) Takeda K, Nakamoto M, Yasunaga C, et al. " Vascular access infection associated with methicillin-resistant staphylococcus aureus nasal carriage in a haemodialysis patient." Nephron, 76(3):371-372, 1997.
3) Takeda K, Nakamoto M, et al. " Blood monitoring of bezafibrate in a chronic dialysis patient." Nephron, 76(4):487-488,1997.
4) K.Fujisaki, K.Masutani, T.Yoshimitsu, K.Nakanishi, M.Matsumoto, H.Yagi, H.Ishizashi, Y.Fujimura, K.Takeda, H.Hirakata, and M.Iida. "Thrombotic thrombocytopenic purpura associated with polyarteritis nodosa" Clinical Nephrology, Vol 64 (4):305-310, 2005
5) K.Nakai, K.Takeda, et al :”Nephrogenic systemic fibrosis in a patient on long-term hemodialysis”. Clinical Nephrology, 71(2):217-220、2009

続きを見る

武田 一人先生 の所属する医療機関

飯塚記念病院

TEL: 0948-22-2316

飯塚記念病院

福岡県飯塚市鶴三緒1452-2

JR筑豊本線(福北ゆたか線)「飯塚駅」 徒歩15分

- -

受付時間: 9:30〜12:00 13:00〜17:00 土曜AMのみ 完全予約制 臨時休診あり

診療科目: 内科 心療内科 精神科 歯科

武田 一人 先生 の記事