新型コロナウイルス感染症特設サイトはこちら

国際医療福祉大学 前副学長/九州地区生涯教育センター長

日本神経学会 神経内科専門医

糸山 泰人 いとやま やすと 先生

国際医療福祉大学前副学長、九州地区生涯教育センター長として活躍されている。神経内科医師として東北大学医学部教授、国立精神・神経医療研究センター病院長などを歴任し、多発性硬化症(MS)・視神経脊髄炎(NMO)・筋萎縮性側索硬化症(ALS)などの神経難病の病因・病態や治療、神経難病患者の医療福祉体制のあり方についても研究を行っている。
メディカルノート医療アドバイザー。

基本情報

診療科・主な得意領域

  • 脳神経内科
  • 神経内科学
  • 神経科学

資格・学会・役職

日本神経学会 神経内科専門医
  • 国際医療福祉大学 前副学長/九州地区生涯教育センター長

所属病院

福岡山王病院

  • 内科 糖尿病内科 代謝内科 内分泌内科 血液内科 腫瘍内科 肝胆膵内科 消化器内科 神経内科 呼吸器内科 循環器内科 腎臓内科 心療内科 外科 消化器外科 肝胆膵外科 肛門外科 乳腺外科 血管外科 心臓血管外科 呼吸器外科 整形外科 脳神経外科 形成外科 皮膚科 小児科 産科 婦人科 産婦人科 眼科 リハビリテーション科 泌尿器科 耳鼻咽喉科 放射線科 放射線診断科 放射線治療科 麻酔科 ペインクリニック内科 病理診断科
  • 福岡県福岡市早良区百道浜3丁目6-45
  • 福岡市営地下鉄空港線「藤崎駅」 徒歩15分
  • 092-832-1100
福岡山王病院

医療記事

来歴等

略歴

1972年 九州大学医学部卒業
米国国立衛生研究所(NIH)に留学後九州大学医学部助教授
1993-2010年 東北大学医学部教授・同大学院教授、東北大学病院副病院長
2010-2014年 国立精神・神経医療研究センター病院長などを歴任
2014年- 国際医療福祉大学副学長
2015年- 国際医療福祉大学医療福祉学部長(兼任)

論文

視神経脊髄炎
糸山泰人:「日本人による発見と新規開発」 視神経脊髄炎-アストロサイトパチーとしての新たな疾患概念の確立、医学のあゆみ253:1189-93,2015

Misu T, Fujihara K, Kakita A, Konno H, Nakamura M, Watanabe S, Takahashi T, Nakashima I, Takahashi H, Itoyama Y:Loss of aquaporin 4 in lesions of neuromyelitis optica: distinction from multiple sclerosis. Brain 2007;130:1224-34.

筋萎縮性側索硬化症
Aoki M, Ogasawara M, Matsubara Y, Narisawa K, Nakamura S, Itoyama Y, Abe K: Mild ALS in Japan associated with novel SOD mutation. Nat Genet 1993;5:323-4.

アストロサイトパチー、脱髄
Itoyama Y, Sekizawa T, Openshaw H, Kogure K, Goto I: Early loss of astrocytes in herpes simplex virus-induced central nervous system demyelination. Ann Neurol 1991;29:285-92.

HAMの病態
Itoyama Y, Minato S, Kira J, Goto I, Sato H, Okochi K, Yamamoto N:Spontaneous proliferation of peripheral blood lymphocytes increased in patients with HTLV-I-associated myelopathy. Neurology 1988;38:1302-7.

多発性硬化症の病態
Itoyama Y, Sternberger NH, Webster HD, Quarles RH, Cohen SR, Richardson EP Jr:Immunocytochemical observations on the distribution of myelin-associated glycoprotein and myelin basic protein in multiple sclerosis lesions. Ann Neurol 1980;7:167-77

本ページにおける情報は、医師本人の申告に基づいて掲載しております。内容については弊社においても可能な限り配慮しておりますが、最新の情報については公開情報等をご確認いただき、またご自身でお問い合わせいただきますようお願いします。

なお、弊社はいかなる場合にも、掲載された情報の誤り、不正確等にもとづく損害に対して責任を負わないものとします。