山本 元久 先生のプロフィール

山本 元久 先生

やまもと もとひさ

山本 元久 先生

札幌医科大学 医学部 免疫・リウマチ内科学 講師

専門分野

リウマチ学、臨床免疫学、関節リウマチ、IgG4関連疾患

紹介

IgG4関連疾患の第一人者。IgG4関連疾患の発見から、疾患概念の構築、診断基準の確立に携わる。症例データベースを構築し、患者さんのために、IgG4関連疾患の日常診療に不可欠な臨床情報を絶え間なく、発信している。

略歴

1997年 札幌医科大学医学部卒業
2005年 札幌医科大学大学院修了 医学博士 取得
2008年 札幌医科大学医学部 内科学第一講座 助教
2013年 札幌医科大学医学部 消化器・免疫・リウマチ内科学講座 助教
2015年 札幌医科大学医学部 消化器・免疫・リウマチ内科学講座 講師
2016年 札幌医科大学医学部 免疫・リウマチ内科学 講師

所属学会・資格・役職など

医学博士
日本内科学会 総合内科専門医
日本リウマチ学会 評議員・指導医・専門医
日本アレルギー学会 専門医
日本臨床免疫学会 評議員・編集委員
日本リウマチ財団 登録医
日本臨床リウマチ学会
日本免疫学会
日本炎症・再生医学会
日本シェーグレン症候群学会
IgG4研究会 世話人

受賞・著書・論文など

【受賞】
日本リウマチ財団 調査研究助成金受賞、2007年
難病医学研究財団 医学研究奨励金受賞、2009年
日本リウマチ学会奨励賞、2011年
秋山記念生命科学振興財団研究助成金受賞、2011年
ノーステック財団若手研究人材・ネットワーク育成補助金受賞、2011年
塩川美奈子・膠原病研究奨励賞、2014年
大和証券ヘルス財団 調査研究助成金受賞、2014年
加藤記念難病研究助成金受賞、2015年

【代表的な著書】
Yamamoto M, Takahashi H, Shinomura Y. 12.1. Lacrimal and salivary lesions. Umehara H, Okazaki K, Stone JH, Kawa S, Kawano M (ed.) IgG4-related disease. Springer, New York, 2013; 153-162.

山本元久,高橋裕樹,篠村恭久.第三节 泪腺及涎腺病变.川茂幸,川野充弘(編集),梅原久範,岡崎和一(監修),王占奎(主译),刘英牟坤(副主译)IgG4相关性疾病解读.人民軍醫出版社,北京,2014; 128-137.

山本元久,高橋裕樹,苗代康可,鈴木知佐子,篠村恭久,今井浩三: ミクリッツ病とIgG4.川茂幸,川野充弘(編集),谷内江昭宏(監修)IgG4関連疾患への

【受賞】
日本リウマチ財団 調査研究助成金受賞、2007年
難病医学研究財団 医学研究奨励金受賞、2009年
日本リウマチ学会奨励賞、2011年
秋山記念生命科学振興財団研究助成金受賞、2011年
ノーステック財団若手研究人材・ネットワーク育成補助金受賞、2011年
塩川美奈子・膠原病研究奨励賞、2014年
大和証券ヘルス財団 調査研究助成金受賞、2014年
加藤記念難病研究助成金受賞、2015年

【代表的な著書】
Yamamoto M, Takahashi H, Shinomura Y. 12.1. Lacrimal and salivary lesions. Umehara H, Okazaki K, Stone JH, Kawa S, Kawano M (ed.) IgG4-related disease. Springer, New York, 2013; 153-162.

山本元久,高橋裕樹,篠村恭久.第三节 泪腺及涎腺病变.川茂幸,川野充弘(編集),梅原久範,岡崎和一(監修),王占奎(主译),刘英牟坤(副主译)IgG4相关性疾病解读.人民軍醫出版社,北京,2014; 128-137.

山本元久,高橋裕樹,苗代康可,鈴木知佐子,篠村恭久,今井浩三: ミクリッツ病とIgG4.川茂幸,川野充弘(編集),谷内江昭宏(監修)IgG4関連疾患への誘いーIgG4研究会モノグラフ.前田書店,金沢,2010; 69-77.

山本元久,高橋裕樹,篠村恭久.組織 涙腺・唾液腺病変.川茂幸,川野充弘(編集),梅原久範,岡崎和一(監修)IgG4関連疾患アトラスーIgG4研究会モノグラフ.前田書店,金沢,2012; 129-138.

山本元久,高橋裕樹,篠村恭久.I. IgG4関連腎臓病とは何か 1.IgG4関連疾患と腎臓病の研究の流れ 2) Mikulicz病の立場から.斉藤喬雄,西慎一(編集)IgG4関連腎臓病のすべて.南江堂,東京,2014; 5-7.

山本元久,高橋裕樹.7. リウマチ性疾患との鑑別.川茂幸,川野充弘(編集),中村誠司,住田孝之(監修)IgG4関連疾患の実践的臨床から病因論へーIgG4研究会モノグラフ.前田書店,金沢,2015; 51-60.

山本元久.Ⅱ.臓器別病変の診断と治療 3. 唾液腺炎(3)検査.岡崎和一,川 茂幸(編集)最新 IgG4関連疾患.診断と治療社,東京,2015; 56-58.

山本元久,高橋裕樹.12. その他の疾患 3. IgG4関連疾患.松本功,保田晋助(編集)リウマチ・膠原病診療ハイグレード 分子標的/Bio時代のリウマチ・膠原病治療ストラテジー.文光堂,東京,2015; 405-416.

山本元久.IgG4関連疾患.福井次矢,高木誠,小室一成(編集),山口徹,北原光夫(監修)今日の治療指針 2016年版—私はこう治療している.医学書院,東京,2016; 895-896.

【代表的な論文】
Yamamoto M, Harada S, Ohara M, Suzuki C, Naishiro Y, Yamamoto H, Takahashi H, Imai K. Clinical and pathological differences between Mikulicz's disease and Sjögren's syndrome. Rheumatology (Oxford). 2005; 44: 227-234.

Yamamoto M, Takahashi H, Ohara M, Suzuki C, Naishiro Y, Yamamoto H, Shinomura Y, Imai K. A new conceptualization for Mikulicz’s disease as an IgG4-related plasmacytic disease. Mod Rheumatol. 2006; 16: 335-340.

Yamamoto M, Takahashi H, Tabeya T, Suzuki C, Naishiro Y, Ishigami K, Yajima H, Shimizu Y, Obara M, Yamamoto H, Himi T, Imai K, Shinomura Y. Risk of malignancies in IgG4-related disease. Mod Rheumatol. 2012; 22: 414-418.

Yamamoto M, Tabeya T, Naishiro Y, Yajima H, Ishigami K, Shimizu Y, Obara M, Suzuki C, Yamashita K, Yamamoto H, Hayashi T, Sasaki S, Sugaya T, Ishida T, Takano KI, Himi T, Suzuki Y, Nishimoto N, Honda S, Takahashi H, Imai K, Shinomura Y. Value of serum IgG4 in the diagnosis of IgG4-related disease and in differentiation from rheumatic diseases and other diseases. Mod Rheumatol. 2012; 22: 419-425.

Yamamoto M, Takahashi H, Ishigami K, Yajima H, Shimizu Y, Tabeya T, Matsui M, Suzuki C, Naishiro Y, Imai K, Shinomura Y. Relapse patterns in IgG4-related disease. Ann Rheum Dis. 2012; 71: 1755.

Yamamoto M, Takahashi H, Shinomura Y. Mechanisms and assessment of IgG4-related disease: lessons for the rheumatologist. Nat Rev Rheumatol. 2014; 10: 148-159.

Yamamoto M, Hashimoto M, Takahashi H, Shinomura Y. IgG4 Disease. J Neuroophthalmol. 2014; 34: 393-399.

Yamamoto M. Nojima M, Takahashi H, Yokoyama Y, Ishigami K, Yajima H, Shimizu Y, Tabeya T, Matsui M, Suzuki C, Naishiro Y, Takano K, Himi T, Imai K, Shinomura Y. Identification of relapse predictors in IgG4-related disease using multivariate analysis of clinical data at the first visit and initial treatment. Rheumatology (Oxford). 2015; 54: 45-49.

Yamamoto M, Awakawa T, Takahashi H. Is rituximab effective for IgG4-related disease in the long term? Experience of cases treated with rituximab for 4 years. Ann Rheum Dis. 2015 74; e46.

Yamamoto M, Yajima H, Takahashi H, Yokoyama Y, Ishigami K, Shimizu Y, Tabeya T, Suzuki C, Naishiro Y, Takano K-I, Yamashita K, Hashimoto M, Keira Y, Honda S, Abe T, Suzuki Y, Mukai M, Himi T, Hasegawa T, Imai K, Shinomura Y. Everyday clinical practice in IgG4-related dacryoadenitis and/or sialadenitis: results from the SMART database. Mod Rheumatol. 2015; 25: 199-204.

続きを見る

山本 元久先生 の所属する医療機関

札幌医科大学附属病院

TEL: 011-611-2111

札幌医科大学附属病院

北海道札幌市中央区南一条西16丁目291

札幌市営地下鉄東西線「西18丁目駅」 5・6番出口 徒歩3分

札幌市電一条線「西15丁目駅」 徒歩3分

- - -

受付時間: 8:45~11:00 原則紹介制、予約は紹介元医療機関経由のみ 診療時間9:00~17:30 科により異なる 臨時休診あり

診療科目: 内科 アレルギー科 血液内科 リウマチ科 外科 精神科 神経内科 脳神経外科 呼吸器外科 消化器外科 腎臓内科 心臓血管外科 小児科 整形外科 形成外科 皮膚科 泌尿器科 産婦人科 眼科 耳鼻咽喉科 リハビリテーション科 放射線科 歯科口腔外科 麻酔科 乳腺外科

山本 元久 先生 の記事