Medical Noteとは

岡西 徹

岡西 徹先生

聖隷浜松病院てんかんセンター/小児神経科主任医長

  • 小児科

専門分野

小児の包括的てんかん診療、てんかん外科解析、結節性硬化症の包括診療とてんかん診療、研修医教育

紹介

トロント小児病院のてんかんユニットを経て聖隷浜松病院にて小児の包括的てんかん診療を行っている。聖隷浜松病院てんかんセンターでは数あるセンターでも内科系治療と外科系治療を同時に考えながら診療する北米スタイルを実践する日本でも数少ない専門施設であり、とくに小児科系の医師としてこのスタンスで診療できるてんかん専門医は現在稀である。また結節性硬化症の包括診療とてんかん治療も総合外来を起ち上げて精力的に行ったり、医師教育としても長期キャリアパスを考えるための本を日本で初めて著し、ベストセラーとなっている。

略歴

2001年 名古屋市立大学病院小児科
2002年 聖隷三方原病院小児科
2006年 鳥取大学医学部附属病院脳神経小児科
2008年 名古屋市立大学病院小児科
2009年 聖隷浜松病院小児科
2011年 The Hospital for Sick Children(Toronto) 神経生理部門・てんかんユニット リサーチフェロー
2013年 聖隷浜松病院てんかんセンター/小児神経科 現職

所属学会・資格・役職など

医学博士
日本小児科学会専門医・指導医
日本小児神経学会専門医・評議員
日本てんかん学会専門医・指導医
アメリカてんかん学会会員
日本結節性硬化症学会会員
日本臨床神経生理学学会認定医
The Journal of Typical Images and Videos: Board Member

受賞・著書・論文など

【学術業績】
· Single nucleotide variations in CLCN6 identified in patients with benign partial epilepsies in infancy and/or febrile seizures. Yamamoto T, Shimojima K, Sangu N, Komoike Y, Ishii A, Abe S, Yamashita S, Imai K, Kubota T, Fukasawa T, Okanishi T, Enoki H, Tanabe T, Saito A, Furukawa T, Shimizu

もっと見る

【学術業績】
· Single nucleotide variations in CLCN6 identified in patients with benign partial epilepsies in infancy and/or febrile seizures. Yamamoto T, Shimojima K, Sangu N, Komoike Y, Ishii A, Abe S, Yamashita S, Imai K, Kubota T, Fukasawa T, Okanishi T, Enoki H, Tanabe T, Saito A, Furukawa T, Shimizu T, Milligan CJ, Petrou S, Heron SE, Dibbens LM, Hirose S, Okumura A. PLoS One. 2015 Mar 20;10(3):e0118946.
· Spatial relationship between fast and slow components of ictal activities and interictal epileptiform discharges in epileptic spasms. Akiyama T, Akiyama M, Kobayashi K, Okanishi T, Boelman CG, Nita DA, Ochi A, Go CY, Snead OC 3rd, Rutka JT, Drake JM, Chuang S, Otsubo H. Clin Neurophysiol. 2015 Sep;126(9):1684-91.
· Dynamic changes of interictal post-spike slow waves toward seizure onset in focal cortical dysplasia type II. Sato Y, Doesburg SM, Wong SM, Okanishi T, Anderson R, Nita DA, Ochi A, Otsubo H. Clin Neurophysiol. 2015 Sep;126(9):1670-6.
· Interictal high frequency oscillations correlating with seizure outcome in patients with widespread epileptic networks in tuberous sclerosis complex. Okanishi T, Akiyama T, Tanaka S, Mayo E, Mitsutake A, Boelman C, Go C, Snead OC 3rd, Drake J, Rutka J, Ochi A, Otsubo H. Epilepsia. 2014 Oct;55(10):1602-10.
· Diffusion-weighted MRI for early diagnosis of neonatal herpes simplex encephalitis. Okanishi T, Yamamoto H, Hosokawa T, Ando N, Nagayama Y, Hashimoto Y, Maihara T, Goto T, Kubota T, Kawaguchi C, Yoshida H, Sugiura K, Itomi S, Ohno K, Takanashi J, Hayakawa M, Otsubo H, Okumura A. Brain Dev. 2015 Apr;37(4):423-31.
· Asymmetrical generalized paroxysmal fast activities in children with intractable localization-related epilepsy. Mohammadi M, Okanishi T, Okanari K, Baba S, Sumiyoshi H, Sakuma S, Ochi A, Widjaja E, Go CY, Snead OC 3rd, Otsubo H. Brain Dev. 2015 Jan;37(1):59-65.
· Fulminant encephalopathy with marked brain edema and bilateral thalamic lesions. Ando N, Okumura A, Kobayashi S, Negishi Y, Hattori A, Okanishi T, Abe S, Ikeno M, Igarashi A, Saitoh S, Shimizu T. Neuropediatrics. 2014 Aug;45(4):256-60.
· Dynamic modulation of epileptic high frequency oscillations by the phase of slower cortical rhythms. Ibrahim GM, Wong SM, Anderson RA, Singh-Cadieux G, Akiyama T, Ochi A, Otsubo H, Okanishi T, Valiante TA, Donner E, Rutka JT, Snead OC 3rd, Doesburg SM. Exp Neurol. 2014 Jan;251:30-8.
· PRRT2 mutation in Japanese children with benign infantile epilepsy. Okumura A, Shimojima K, Kubota T, Abe S, Yamashita S, Imai K, Okanishi T, Enoki H, Fukasawa T, Tanabe T, Dibbens LM, Shimizu T, Yamamoto T. Brain Dev. 2013 Aug;35(7):641-6.
· 小児の結節性硬化症に対するてんかん外科治療. 岡西徹ら. 脳と発達 46(4): 257 -263 2014
· 高周波律動とてんかん (特集 てんかんの新治療戦略と課題). 岡西徹ら. 医薬ジャーナル 49(5), 1305-1310, 2013-05
· など

【著書】
· 若手医師のためのキャリアパス論―あなたの医師人生を10倍輝かせる方法 メディカルレビュー社 2016年3月(単著)
· 臨床実践小児神経科(第3版):てんかんの外科治療 診断と治療社 2016年5月(共著)

執筆した記事

すべて見る

所属病院

総合病院 聖隷浜松病院

静岡県浜松市中区住吉2-12-12
JR東海道新幹線 浜松 バス15分

  • 大病院
  • 所属専門家