新型コロナウイルス感染症特設サイトはこちら

名古屋大学大学院医学系研究科 消化器外科学 教授、名古屋大学医学部附属病院 病院長

日本外科学会 外科専門医・指導医 日本消化器外科学会 消化器外科専門医・消化器外科指導医 日本消化器病学会 消化器病専門医・消化器病指導医 日本外科系連合学会 会員 日本大腸肛門病学会 会員 日本臨床腫瘍学会 会員 日本肝胆膵外科学会 会員 日本膵臓学会 会員

小寺 泰弘 こでら やすひろ 先生

1985年より消化器外科医師としてキャリアをはじめる。2011年より名古屋大学大学院医学系研究科消化器外科学講座教授に就任。胃がんを専門として、臨床・研究ともに日本をリードしており、2018年からは日本胃癌学会理事長に就任。

基本情報

診療科・主な得意領域

  • 消化器外科
  • 消化器外科全般
  • 胃外科

資格・学会・役職

日本外科学会 外科専門医・指導医
日本消化器外科学会 消化器外科専門医・消化器外科指導医
日本消化器病学会 消化器病専門医・消化器病指導医
日本外科系連合学会 会員
日本大腸肛門病学会 会員
日本臨床腫瘍学会 会員
日本肝胆膵外科学会 会員
日本膵臓学会 会員
  • 名古屋大学大学院医学系研究科 消化器外科学 教授
  • 名古屋大学医学部附属病院 病院長
  • 日本外科学会 理事・代議員・専門医制度委員会委員長・教育委員会委員・臨床研究推進委員会委員・国際委員会委員・総務委員会委員
  • 日本消化器外科学会 評議員
  • 日本癌治療学会 理事・代議員・ガイドライン作成・改定委員長
  • 日本消化器病学会 学会評議員・東海支部評議員
  • 日本胃癌学会 理事長・評議員・会誌編集委員会理事委員・将来構想委員会委員
  • 日本消化器癌発生学会 理事・評議員
  • 日本臨床外科学会 評議員
  • 日本内視鏡外科学会 評議員
  • American Society of Clinical Oncology (ASCO)
  • 日本食道学会 評議員
  • The Society of Surgical Oncology (SSO)
  • 日本消化器病学会東海支部 評議員
  • International Association of Surgeons Gastroenterologists and Oncologists(IASGO)
  • International Surgical Society (ISS)
  • Honorary Member: Brazilian Society of Surgical Oncology
  • European Society for Medical Oncology (ESMO)
  • Fellow of the American College of Surgeons
  • 日本バイオセラピィ学会 会員
  • American College of Surgeons

所属病院

名古屋大学医学部附属病院

  • 内科 血液内科 リウマチ科 外科 精神科 神経内科 脳神経外科 呼吸器外科 消化器外科 腎臓内科 心臓血管外科 小児科 小児外科 整形外科 形成外科 皮膚科 泌尿器科 産婦人科 眼科 耳鼻咽喉科 リハビリテーション科 放射線科 歯科口腔外科 麻酔科 乳腺外科 呼吸器内科 循環器内科 消化器内科 総合診療科
  • 愛知県名古屋市昭和区鶴舞町65
  • JR中央本線(名古屋~塩尻)「鶴舞駅」 名大病院口側 徒歩3分 名古屋市営地下鉄鶴舞線「鶴舞駅」 徒歩8分 名古屋市営地下鉄東山線「栄駅」 栄18系統 妙見町行き 名大病院下車 バス
  • 052-741-2111
名古屋大学医学部附属病院

医療記事

来歴等

略歴

1985年 名古屋大学医学部卒
1985年 小牧市民病院研修医
1986年 小牧市民病院外科
1991年 名古屋大学医学部第二外科非常勤医員
1994年 愛知県がんセンター消化器外科医長
2002年 名古屋大学大学院医学研究科病態制御外科学講座 助手
2004年 名古屋大学大学院医学系研究科消化器外科学講師
2004年 名古屋大学 大学院医学系研究科 機能構築医学専攻 講師
2008年 名古屋大学大学院医学系研究科消化器外科学准教授
2008年 名古屋大学 大学院医学系研究科 機能構築医学専攻 准教授
2011年 名古屋大学 大学院医学系研究科 総合医学専攻 病態外科学 教授
2011年 名古屋大学大学院医学系研究科消化器外科学教授
2019年 名古屋大学医学部附属病院 病院長
現在に至る

論文

1. Kanda M, Shimizu D, Tanaka H, Tanaka C, Kobayashi D, Hayashi M, Iwata N, Niwa Y, Yamada S, Fujii T, Sugimoto H, Murotani K, Fujiwara M, Kodera Y. Significance of SYT8 For the Detection, Prediction, and Treatment of Peritoneal Metastasis From Gastric Cancer. Ann Surg. 2016 [Epub ahead of print]
2. Ito Y, Yoshikawa T, Fujiwara M, Kojima H, Matsui T, Mochizuki Y, Cho H, Aoyama T, Ito S, Misawa K, Nakayama H, Morioka Y, Ishiyama A, Tanaka C, Morita S, Sakamoto J, Kodera Y. Quality of life and nutritional consequences after aboral pouch reconstruction following total gastrectomy for gastric cancer: randomized controlled trial CCG1101. Gastric Cancer. 2016.19(3):977-85.
3. Kodera Y, Takahashi N, Yoshikawa T, Takiguchi N, Fujitani K, Ito Y, Miyamoto K, Takayama O, Imano M, Kobayashi D, Miyashita Y, Morita S, Sakamoto J. Feasibility of weekly intraperitoneal versus intravenous paclitaxel therapy delivered from the day of radical surgery for gastric cancer: a preliminary safety analysis of the INPACT study, a randomized controlled trial. Gastric Cancer. 2016 [Epub ahead of print]
4. Torii K, Yamada S, Nakamura K, Tanaka H, Kajiyama H, Tanahashi K, Iwata N, Kanda M, Kobayashi D, Tanaka C, Fujii T, Nakayama G, Koike M, Sugimoto H, Nomoto S, Natsume A, Fujiwara M, Mizuno M, Hori M, Saya H, Kodera Y. Effectiveness of plasma treatment on gastric cancer cells. Gastric Cancer. 2015.18(3):635-43.
5. Nakada K, Ikeda M, Takahashi M, Kinami S, Yoshida M, Uenosono Y, Kawashima Y, Oshio A, Suzukamo Y, Terashima M, Kodera Y. Characteristics and clinical relevance of postgastrectomy syndrome assessment scale (PGSAS)-45: newly developed integrated questionnaires for assessment of living status and quality of life in postgastrectomy patients. Gastric Cancer. 2015.18(1):147-58.
6. Kodera Y, Fujitani K, Fukushima N, Ito S, Muro K, Ohashi N, Yoshikawa T, Kobayashi D, Tanaka C, Fujiwara M. Surgical resection of hepatic metastasis from gastric cancer: a review and new recommendation in the Japanese gastric cancer treatment guidelines. Gastric Cancer. 2014.17(2):206-12.

著書

1. 胃癌治療ガイドライン第4版-日本胃癌学会編 , 金原出版社 , 2014年
2. 胃外科のすべて・第12章 化学療法 術後補助化学療法 , メジカルビュー社 , 小寺泰弘 , 2014年
3. 消化器疾患 最新の治療 2013-2014・第Ⅲ章 消化管疾患 9.胃癌  b.外科的治療 , 南江堂 , 小寺泰弘 , 2013年
4. Digestive Surgery Now 食道・胃外科標準手術・幽門側胃切除術 , メジカルビュー社 , 小寺泰弘、藤原道隆、中尾昭公 , 2008年
5. Management of gastric cancer resent advances・Extended surgery (D3) for advanced gastric cancer・Surgery for cancer of gastric remnant, with particular respect to lymph node removal , Edizioni Minerva Medica , Y.Kodera, A.Nakao , 2008年
6. 消化器外科-胃癌のすべて-・胃全摘術-標準的なD2郭清における手術操作- , へるす出版 , 小寺泰弘、藤原道隆、中尾昭公 , 2008年

その他

  • 【受賞】2006年 Nishi Memorial Award

  • 【研究発表】 Y. Kodera. “What message from clinical research of the Japanese Gastric Cancer Association should be implemented by western surgeons to improve treatment outcome in advanced gastric cancer?” 11th Biannual International Symposium on Esophageal and Gastric Surgery, Lecture, Lublin, 2016.

  • 【研究発表】Y. Kodera. ”ROLE OF PARAAORTIC LYMPH NODE DISSECTION IN GASTRIC CANCER.” Korea International Gastric Cancer Week 2016 (KINGCA Week 2016), Symposium, Seoul, 2016.

  • 【研究発表】Y. Kodera, N. Takahashi, T. Yoshikawa, N. Takiguchi, K. Fujitani, S. Itou, K. Miyamoto, O. Takayama, M. Imano, A. Tsuburaya, D. Kobayashi, Y. Miyashita, S. Morita, J. Sakamoto. ”A randomized controlled trial to explore bene¬t of intraperitoneal paclitaxel for gastric cancer patients with high risk of peritoneal carcinomatosis: INPACT study.” 第53回日本癌治療学会学術集会, International session, 京都, 2015.

  • 【研究発表】小寺泰弘「胃癌治療ガイドライン第4版について」日本消化器病学会東海支部第122回例会第33回教育講演会, 教育講演, 三重, 2015.

  • 【研究発表】Y. Kodera, M. Kanda, D. Shimizu, D. Kobayashi, C. Tanaka, M. Fujiwara.” Omentectomy and bursectomy. Changing standards?” 11th International Gastric Cancer Congress (IGCC2015), Symposium, Sao Paulo, 2015.

  • 【研究発表】Y. Kodera, K. Torii, N. Hattori, K. Nakamura, H. Kajiyama, H. Tanaka, S. Yamada. “TREATMENT OF PERITONEAL CARCINOMATOSIS FROM GASTROINTESTINAL TRACT CANCER.” The 2nd International Workshop on Plasma for Cancer Treatment (IWPCT2015), Oral Session, Nagoya, 2015.

  • 【研究発表】小寺泰弘.「わが国の胃癌診療を世界に発信しよう 英文論文執筆のコツ」第87回日本胃癌学会総会, 教育講演, 広島, 2015.

  • 【研究発表】Y. Kodera, K. Yoshida, Y. Kakeji, M. Kochi, W. Ichikawa, T. Sano, M. Takeuchi, T. Nakashima, M. Fuji. ”Postoperative adjuvant chemotherapy: a road map to the new trial in the post ACTS-GC era.” 第87回日本胃癌学会総会, International Session, 広島, 2015.

  • 【研究発表】Y. Kodera. “Challenges for Borderline Resectable Gastric Cancer.” Seoul International Cancer Symposium 2014, Lecture, Seoul, 2014.

  • 【研究発表】Y. Kodera, D. Kobayashi, M. Fujiwara. “Surgery for locally advanced gastric cancer by open approach” JDDW2014(第22回日本消化器関連学会週間), International session, 神戸, 2014.

  • 【研究発表】Y. Kodera. “Minimally invasive gastric cancer experience.” International Congress and the third IASGO CME Postgraduate Course, Lecture, Moscow, 2014.

  • 【研究発表】小寺泰弘、吉田和弘、掛地吉弘、東風貢、市川度、佐野武、小泉和三郎、中島聰總、藤井雅志.「術後補助化療の臨床試験JACCRO GC-07の現況」第86回日本胃癌学会総会, パネルディスカッション, 横浜, 2014.

  • 【研究発表】小寺泰弘.「M1切除可能症例の治療」第86回日本胃癌学会総会, コンセンサスミーティング, 横浜, 2014.

本ページにおける情報は、医師本人の申告に基づいて掲載しております。内容については弊社においても可能な限り配慮しておりますが、最新の情報については公開情報等をご確認いただき、またご自身でお問い合わせいただきますようお願いします。

なお、弊社はいかなる場合にも、掲載された情報の誤り、不正確等にもとづく損害に対して責任を負わないものとします。