鮫島 浩 先生のプロフィール

鮫島 浩 先生

さめしま ひろし

鮫島 浩 先生

宮崎大学理事、医学部附属病院 病院長 宮崎大学発達泌尿生殖医学講座産婦人科分野主任教授

専門分野

周産期医学

紹介

1981年鹿児島大学医学部卒業。鹿児島市立病院、米国Loma Linda大学を経て、1995年に宮崎医科大学(現宮崎大学医学部)生殖発達医学講座 産科婦人科学分野に。以後20年以上、宮崎県の周産期医療改善に従事。年間約約1万件ある宮崎県のお産が全て安全に行なわれるよう、医師の教育や、受け入れ対策の構築、行政との協力体制構築に尽力。

略歴

1981年 鹿児島大学医学部医学科卒業
1983年 米国カリフォルニア州Loma Linda大学留学
1995年 宮崎医科大学医学部 講師
1996年 宮崎医科大学医学部附属病院 助教授
2011年 宮崎大学医学部 教授
2016年 宮崎大学理事(病院担当:病院長)医学部産婦人科主任教授兼務

所属学会・資格・役職など

医学博士
日本産科婦人科学会 代議員
日本周産期・新生児医学会 理事
日本母体胎児医学会 常任幹事
日本糖尿病・妊娠学会 理事
日本母性衛生学会

受賞・著書・論文など

【著書】
周産期管理、池ノ上 克 監修 メディカ出版、2009年
合併症妊娠、村田 雄二 編 メディカ出版、2003年
妊娠合併症、村田 雄二 編 メディカ出版、2013年

【論文】
Fujisaki M, Furuta K, Ohhashi M, Furukawa S, Kodama Y, Kawagoe Y, Sameshima H, Ikenoue T. Antithrombin improves the maternal and neonatal outcomes but not the angiogenic factors in extremely growth-restricted fetuses at <28 weeks of gestation. J Perinat Med. 2016 Dec 3. [Epub ahead of print]

Michikata K, Sameshima H, Urabe H, Tokunaga S, Kodama Y, Ikenoue T. The Regional Centralization of Electronic Fetal Heart Rate Monitoring and Its Impact on Neonatal Acidemia and the Cesarean Birth Rate.J

【著書】
周産期管理、池ノ上 克 監修 メディカ出版、2009年
合併症妊娠、村田 雄二 編 メディカ出版、2003年
妊娠合併症、村田 雄二 編 メディカ出版、2013年

【論文】
Fujisaki M, Furuta K, Ohhashi M, Furukawa S, Kodama Y, Kawagoe Y, Sameshima H, Ikenoue T. Antithrombin improves the maternal and neonatal outcomes but not the angiogenic factors in extremely growth-restricted fetuses at <28 weeks of gestation. J Perinat Med. 2016 Dec 3. [Epub ahead of print]

Michikata K, Sameshima H, Urabe H, Tokunaga S, Kodama Y, Ikenoue T. The Regional Centralization of Electronic Fetal Heart Rate Monitoring and Its Impact on Neonatal Acidemia and the Cesarean Birth Rate.J Pregnancy. 2016;2016:3658527. doi: 10.1155/2016/3658527. Epub 2016 Jun 9. PMID: 27379185

Ohhashi M, Yoshitomi T, Sumiyoshi K, Kawagoe Y, Satoh S, Sameshima H, Ikenoue T.
Magnesium sulphate and perinatal mortality and morbidity in very-low-birthweight infants born between 24 and 32 weeks of gestation in Japan. Eur J Obstet Gynecol Reprod Biol. 2016 Jun;201:140-5.

Yamada N, Sato Y, Moriguchi-Goto S, Yamashita A, Kodama Y, Sameshima H, Asada Y.
Histological severity of fetal inflammation is useful in predicting neonatal outcome. Placenta. 2015 Dec;36(12):1490-3.

Kodama Y, Sameshima H, Ikenoue T. Temporal trends in perinatal mortality and cerebral palsy: A regional population-based study in southern Japan. Brain Dev. 2016 Apr;38(4):386-91.

Kodama Y, Sameshima H, Yamashita R, Oohashi M, Ikenoue T. Intrapartum fetal heart rate patterns preceding terminal bradycardia in infants (>34 weeks) with poor neurological outcome: A regional population-based study in Japan. J Obstet Gynaecol Res. 2015 Nov;41(11):1738-43.

Maki Y, Furukawa S, Kodama Y, Sameshima H, Ikenoue T.Amniocentesis for threatened preterm labor with intact membranes and the impact on adverse outcome in infants born at 22 to 28 weeks of gestation. Early Hum Dev. 2015 May;91(5):333-7.

続きを見る

鮫島 浩先生 の所属する医療機関

宮崎大学医学部附属病院

TEL: 0985-85-1510

宮崎大学医学部附属病院

宮崎県宮崎市清武町木原5200

JR日豊本線「清武駅」 バス利用可能(宮崎交通バス 清武方面 宮崎大学・大学病院行) 車10分

- - -

受付時間: 8:30〜11:00 原則紹介制、一部診療科予約制(紹介元医療機関からのみ予約可能な診療科あり) 診療時間9:00〜17:00 科により異なる 臨時休診あり

診療科目: 内科 血液内科 リウマチ科 外科 精神科 神経内科 脳神経外科 呼吸器外科 消化器外科 腎臓内科 心臓血管外科 小児科 小児外科 整形外科 形成外科 皮膚科 泌尿器科 産婦人科 眼科 耳鼻咽喉科 リハビリテーション科 放射線科 矯正歯科 歯科口腔外科 麻酔科 乳腺外科

鮫島 浩 先生 の記事