新型コロナウイルス感染症特設サイトはこちら

宮崎大学医学部附属病院 コミュニティ・メディカルセンター 教授、宮崎市立田野病院 院長

日本外科学会 指導医・外科専門医 日本消化器外科学会 消化器外科指導医・消化器外科専門医 日本肝胆膵外科学会 肝胆膵外科高度技能指導医 日本消化器病学会 消化器病専門医 日本肝臓学会 肝臓専門医 日本がん治療認定医機構 がん治療認定医

近藤 千博 こんどう  かずひろ 先生

1983年より外科医師としてキャリアをはじめる。2008年宮崎大学医学部腫瘍機能制御外科准教授となり、肝胆膵外科を専門としていた。2015年に宮崎大学医学部附属病院コミュニティ・メディカルセンター教授に就任し、同時に宮崎市立田野病院院長に就任。現在は地域医療の実践と教育に取り組んでいる。

基本情報

診療科・主な得意領域

  • 消化器外科
  • 外科
  • 消化器外科
  • 地域医療

資格・学会・役職

日本外科学会 指導医・外科専門医
日本消化器外科学会 消化器外科指導医・消化器外科専門医
日本肝胆膵外科学会 肝胆膵外科高度技能指導医
日本消化器病学会 消化器病専門医
日本肝臓学会 肝臓専門医
日本がん治療認定医機構 がん治療認定医
  • 宮崎大学医学部附属病院 コミュニティ・メディカルセンター 教授
  • 宮崎市立田野病院 院長
  • 医学博士 取得

所属病院

宮崎市立田野病院

  • 内科 外科 整形外科 耳鼻咽喉科 リハビリテーション科 放射線科
  • 宮崎県宮崎市田野町南原1丁目6-2
  • JR日豊本線(佐伯〜鹿児島中央) 田野 徒歩15分 JR日豊本線(佐伯~鹿児島中央) 田野 徒歩15分
  • 0985-86-1155
公式ウェブサイト
宮崎市立田野病院

宮崎大学医学部附属病院

  • 内科 血液内科 リウマチ科 外科 精神科 神経内科 脳神経外科 呼吸器外科 消化器外科 腎臓内科 心臓血管外科 小児科 小児外科 整形外科 形成外科 皮膚科 泌尿器科 産婦人科 眼科 耳鼻咽喉科 リハビリテーション科 放射線科 矯正歯科 歯科口腔外科 麻酔科 乳腺外科 呼吸器内科 循環器内科 腫瘍内科 膠原病・感染症内科 消化器内科 肝臓内科 糖尿病内科 内分泌内科 代謝内科 肝胆膵外科 病理診断科
  • 宮崎県宮崎市清武町木原5200
  • JR日豊本線(佐伯~鹿児島中央) 清武 宮崎交通バス 清武駅前バス停より清武方面宮崎大学・大学病院行 車10分
  • 0985-85-1510
公式ウェブサイト
宮崎大学医学部附属病院

医療記事

来歴等

略歴

1983年 宮崎医科大学医学部卒業
1991年 宮崎医科大学第一外科 助手
1992年 スウェーデン王立カロリンスカ研究所に留学
1994年 医学博士取得
2004年 宮崎大学第一外科 講師
2008年 宮崎大学腫瘍機能制御外科 准教授
2015年 宮崎大学医学部附属病院コミュニティ・メディカルセンター 教授
     宮崎市立田野病院 院長

論文

Kazu-Hiro Kondo, et al. Cloning and expression of cDNA of human Δ4-3-oxosteroid 5β-reductase and substrate specificity of the expressed enzyme Eur. J. Biochem 1994; 219:357-363.

Kazuhiro Kondo, et al. Risk factors for early death after liver resection in patients with solitary hepatocellular carcinoma. J Hepato-Bilia-Pancr Surg 2005; 12(5):399-404.

Kazuhiro Kondo, et al. Comparison of seven prognostic staging systems in patients who undergo hepatectomy for hepatocellular carcinoma. Hepato-Gastroenterology 2007; 54(77):1534-1538.

Kazuhiro Kondo, et al. Differences in Long-term Outcome and Prognostic Factors According to Viral Status in Patients with Hepatocellular Carcinoma Treated by Surgery. J Gastrointest Surg 2008; 12(3):468-476.

Kazuhiro Kondo, et al. New Technique for Enterostomy of Extremely-low-birth-weight Infants – Intestinal Anchoring with Gauze. J Pediatr Surg 2008; 43(9):1755-1760.

Kazuhiro Kondo, et al. Hepatic resection is justified for elderly patients with hepatocellular carcinoma. World J Surg 2008; 32(10):2223-2229.

Kazuhiro Kondo, et al. Surgical strategy for hepatocellular carcinoma patients with portal vein tumor thrombus based on prognostic factor.
J Gastrointest Surg 2009; 13(6):1078-1083.

Kazuhiro Kondo, et al. Characteristics and Surgical Outcome of HCC Patients with Low Platelet Count, Hepato-Gastroenterology 2012; 59:2269-2272

Kazuhiro Kondo,et al. Selection of prophylactic antibiotics according to the microorganisms isolated from surgical site infections (SSIs) in a previous series of surgeries reduces SSI incidence after pancreaticoduodenectomy. J Hepatobiliary Pancreat Sci 2013; 20:286-293.

Kazuhiro Kondo, Kazuo Chijiiwa: Surgical treatment for hepatocellular carcinoma in elderly patients. Aging Health 2009; 5(3): 333-343.

著書

卒後5年でマスターする消化器標準手術(分担執筆)、メディカルレビュー社、2006年
臨床に直結する肝・胆・膵疾患治療のエビデンス(分担執筆)、分光堂、2007年
消化器疾患最新の治療2009-2010(分担執筆)、南江堂、2009年
消化器疾患最新の治療2010-2012(分担執筆)、南江堂、2011年

その他

  • 【受賞】 第46回日本胆道学会会長奨励賞、2010年

本ページにおける情報は、医師本人の申告に基づいて掲載しております。内容については弊社においても可能な限り配慮しておりますが、最新の情報については公開情報等をご確認いただき、またご自身でお問い合わせいただきますようお願いします。

なお、弊社はいかなる場合にも、掲載された情報の誤り、不正確等にもとづく損害に対して責任を負わないものとします。