新型コロナウイルス感染症特設サイトはこちら

東京都医師会 理事

日本頭痛学会 認定頭痛専門医 日本脳卒中学会 脳卒中専門医 日本老年精神医学会 老年精神医学専門医 日本医師会 認定産業医

目々澤 肇 めめざわ はじめ 先生

1933年に開設された目々澤醫院(東京都江戸川区)の第3代目院長。1981年に獨協医科大学医学部を卒業。スウェーデン・ルンド大学医学部実験脳研究所への留学経験も有する。東京都医師会では、東京都における医療ネットワークの構築(東京総合医療ネットワーク・SNSによる医療介護連携)を進めている。 また、AIの日常診療への応用も先陣を切っている。

基本情報

診療科

  • 脳神経内科

主な領域

  • 慢性頭痛

資格・所属学会

日本頭痛学会 認定頭痛専門医
日本脳卒中学会 脳卒中専門医
日本老年精神医学会 老年精神医学専門医
日本医師会 認定産業医

役職など

  • 東京都医師会 理事
  • 医学博士、Ph.D. 取得
  • 日本頭痛学会 評議員

所属病院

目々澤醫院

  • 内科 神経内科 小児科 耳鼻咽喉科
  • 東京都江戸川区北小岩4丁目5-8
  • 京成本線「江戸川駅」 徒歩8分
  • 03-3657-5470
目々澤醫院

医療記事

来歴等

略歴

1981年 獨協医科大学医学部卒業
1987年 日本医科大学 医学博士取得
1988-90年 スウェーデン・ルンド大学医学部実験脳研究所留学
1993年 スウェーデン・ルンド大学医学部 Ph.D.取得
1993-97年 日本医科大学付属第一病院内科 医局長
1994-98年 日本医科大学内科学第二講座 講師
1998-99年 日本医科大学北総病院脳神経センター 副所長
1999年 日本医科大学内科学第二講座 兼任講師、現非常勤講師
1999年 医療法人社団茜遥会目々澤醫院 院長
2011年 東京都医師会 理事

論文

1. 斎藤義朗、目々澤肇:一過性全健忘を伴った片頭痛の一男子例. 脳と発達, 42(4): 303-304, 2010
2. Uchiyama S, Goto S, Matsumoto M et al.: Cardiovascular event rates in patients with cerebrovascular disease and atherothrombosis at other vascular locations: results from 1-year outcomes in the Japanese REACH Registry. J Neurol Sci. 287:45-5, 2009 (1 of 336 Collaborators)
3. 目々澤肇、片山泰朗、小林士郎: 高血圧を有する片頭痛に対するARB使用の経験-バルサルタンの片頭痛予防効果-. 日本頭痛学会誌, 33(2):109, 2006
4. 目々澤肇:トリプタン剤登場以後の片頭痛治療成績. 江戸川医学会誌. 20: 18-21, 2003
5. 目々澤肇:脳虚血と高体温・低体温. 医学のあゆみ, 191(6) : 651-656, 1999 (Review)
6. Memezawa H. Zhao Q. Smith ML. et al. Hyperthermia nullifies the ameliorating effect of dizocilpine maleate (MK-801) in focal cerebral ischemia. Brain Research. 670(1):48-52, 1995
7. 目々澤 肇、赫 彰郎. 脳血管障害急性期の治療に関する最近の動向. 老年医学. 32(4): 417-423, 1994 (Review)
8. Zhao Q, Memezawa H, Smith ML, Siesjö BK. Hyperthermia complicates middle cerebral artery occlusion induced by an intraluminal filament. Brain Res. 27: 253-259, 1994
9. 赫 彰郎、目々澤 肇、片山 泰朗. Up date 老化と疾患・脳血管障害. 現代医療. 25: 2247-2254, 1993 (Review)
10. Folbergrová J, Kiyota Y, Pahlmark K, Memezawa H, Smith ML, Siesjö BK.: Does ischemia with reperfusion lead to oxidative damage to proteins in the brain? J Cereb Blood Flow Metab. 13: 145-152 1993
11. Kiyota Y, Pahlmark K, Memezawa H, Smith ML, Siesjö BK.: Free radicals and brain damage due to transient middle cerebral artery occlusion: the effect of dimethylthiourea. Exp Brain Res. 95: 388-396 1993
12. Katayama Y, Kashiwagi F, Memezawa H, et al. Effect of a prostacyclin derivative (OP-41483) and a hyperosmotic agent (glycerol) on brain edema and metabolism in cerebral ischemia. Jpn Circ J. 56: 1239-1247. 1992
13. Memezawa H. Minamisawa H. Smith ML. et al. Ischemic penumbra in a model of reversible middle cerebral artery occlusion in the rat. Experimental Brain Research. 89(1):67-78, 1992
14. Memezawa H. Smith ML. Siesjo BK. Penumbral tissues salvaged by reperfusion following middle cerebral artery occlusion in rats. Stroke. 23(4):552-559, 1992 PDF download (free)
15. Memezawa H, Minamisawa H, Smith ML, Siesjö BK.: Ischemic penumbra in a model of reversible middle cerebral artery occlusion in the rat. Exp Brain Res. 89: 67-78, 1992
16. Siesjö BK, Memezawa H, Smith ML.: Neurocytotoxicity: pharmacological implications. Fundam Clin Pharmacol. 5:755-767, 1991 (Review)
17. Memezawa H, Katayama Y, Shimizu J, Suzuki S, Kashiwagi F, Kamiya T, Terashi A.: Effects of fluosol-DA on brain edema, energy metabolites, and tissue oxygen content in acute cerebral ischemia. Adv Neurol. 52: 109-118, 1990
18. Katayama Y, Shimizu J, Suzuki S, Memezawa H, Kashiwagi F, Kamiya T, Terashi A.: Role of arachidonic acid metabolism on ischemic brain edema and metabolism. Adv Neurol. 52: 105-108, 1990
19. Suzuki S, Memezawa H, Katayama Y, Shimizu J, Sugimoto S, Nagazumi A, Terashi A.: Effect of brovincamine fumarate on cerebral ischemia acutely induced by BLCL in SHRSR. 脳と神経. 39: 1117-1124, 1987
20. Memezawa H.: Studies on arachidonic acid-induced brain ischemia and the difference in severity between SHRSR and WKY rats. 日本医科大学雑誌. 54: 251-266, 1987
21. Suzuki S, Katayama Y, Memezawa H, Sugimoto S, Nagazumi A, Terashi A. Influence of long-term antihypertensive treatment on cerebral ischemia induced by bilateral common carotid artery ligation in SHRSR--protective effect of nicardipine hydrochloride. 脳と神経. 39: 175-182, 1987
22. Katayama Y, Shimizu J, Memezawa H, Minamisawa H, Suzuki S, Sugimoto S, Terashi A.: Protective effect of thromboxane A2 synthetase inhibitor (trapidil) on acutely-induced cerebral ischemia. 脳と神経. 38: 925-931, 1986
23. Katayama Y, Shimizu J, Memezawa H, Minamisawa H, Inamura K, Mizoguchi M, Sugimoto S, Nagazumi A, Terashi A.: Effects of S-adenosyl-L-methionine on experimental cerebral ischemia. 脳と神経. 37: 243-247, 1985

著書

AI問診の可能性と今後への期待:Med Sci Digest. 46(4), 184-187, 2020 「東京総合医療ネットワーク」いよいよ実運用~これまでの経緯とこれからの展開~:東京 都医師会雑 誌. 71(8),3-7,2018
新たなサーバ設置を行わず広域電子カルテ連携を目指す東京総合医療ネットワーク:新医 療. 2008, 124-127, 2018
脳梗塞超急性期-Brain attack 時代の診断と治療-、医歯薬出版株式会社、2001、
「脳虚血と高体温・低体温」
脳卒中ハンドブック、ヴァンメディカル、2001、「Therapeutic Time Window」

本ページにおける情報は、医師本人の申告に基づいて掲載しております。内容については弊社においても可能な限り配慮しておりますが、最新の情報については公開情報等をご確認いただき、またご自身でお問い合わせいただきますようお願いします。

なお、弊社はいかなる場合にも、掲載された情報の誤り、不正確等にもとづく損害に対して責任を負わないものとします。

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)特設サイト

特設サイトを見る

気になる症状をオンラインで医療チームに相談ができます

※医療相談は、月額432円(消費税込)で提供しておりますが、アプリからは初回のみ無料でご利用頂けます。初回利用後も、自動で課金される事はありません。

アプリから医療相談する
初回
無料

東京海上日動火災保険・ 東京海上日動あんしん生命のお客様 は、期間限定無料で医療相談が可能です。