新型コロナウイルス感染症特設サイトはこちら

国際医療福祉大学三田病院 呼吸器センター

日本外科学会 外科専門医 日本呼吸器外科学会 呼吸器外科専門医 日本呼吸器内視鏡学会 気管支鏡専門医・気管支鏡指導医 日本臨床細胞学会 細胞診専門医 日本医師会 認定産業医

小鹿 雅和 こじか まさかず 先生

2002年に東京医科大学医学部医学科を卒業後、東京医科大学外科学第一講座へ入局。東京医科大学病院外科学第一講座、同臨床病理学講座、国立がんセンター東病院などを経て、2016年より現職。呼吸器外科分野における肺がん、縦隔腫瘍の治療、病理細胞診断学、胸腺腫・胸腺がんの鑑別などの研究を行い、第一線で活躍する。

基本情報

診療科・主な得意領域

  • 呼吸器外科
  • 呼吸器外科(肺がん、縦隔腫瘍、気胸)
  • 化学療法
  • 緩和療法

資格・学会・役職

日本外科学会 外科専門医
日本呼吸器外科学会 呼吸器外科専門医
日本呼吸器内視鏡学会 気管支鏡専門医・気管支鏡指導医
日本臨床細胞学会 細胞診専門医
日本医師会 認定産業医
  • 国際医療福祉大学三田病院 呼吸器センター
  • 医学博士 取得
  • 日本臨床細胞学会 認定教育研修指導医
  • 肺がんCT検診認定機構 肺がんCT検診認定医
  • 日本外科感染症学会 ICD認定医
  • 厚生労働省 認定臨床研修医指導医
  • 緩和ケア研修 修了
  • 日本胸部外科学会 会員
  • 日本肺癌学会 会員
  • 日本胸腺研究会 会員
  • IASLC(国際肺癌学会) 会員
  • ITMIG(国際胸腺悪性腫瘍研究会) 会員

所属病院

国際医療福祉大学三田病院

  • 内科 血液内科 外科 精神科 神経内科 脳神経外科 呼吸器外科 消化器外科 腎臓内科 心臓血管外科 小児科 整形外科 形成外科 皮膚科 泌尿器科 婦人科 眼科 耳鼻咽喉科 リハビリテーション科 放射線科 歯科口腔外科 麻酔科 乳腺外科 呼吸器内科 循環器内科 消化器内科 糖尿病内科 内分泌内科 脳神経内科 血管外科 脊椎脊髄外科 放射線診断科 放射線治療科 頭頸部外科 病理診断科
  • 東京都港区三田1丁目4-3
  • 都営大江戸線「赤羽橋駅」 赤羽橋口出口または中之橋出口 徒歩5分 東京メトロ南北線「麻布十番駅」 3番出口 徒歩8分 都営三田線「芝公園駅」 A2番出口 徒歩10分 JR山手線「田町駅」 三田口出口  車5分 徒歩20分
  • 03-3451-8121
国際医療福祉大学三田病院

医療記事

来歴等

略歴

2002年 東京医科大学医学部医学科  卒業
2002年 東京医科大学病院 外科学第一講座入局 同大学院
2004年 総合病院厚生中央病院 呼吸器外科医員
2005年 東京医科大学病院 外科学第一講座 臨床研究医 病理部   
2006年 国立がんセンター東病院 第15期レジデント       
2009年 国際医療福祉大学 熱海病院 呼吸器外科医員       
2010年 国際医療福祉大学 三田病院 呼吸器外科医員       
2012年 新座志木中央総合病院 呼吸器外科医員           
2016年 国際医療福祉大学 三田病院 呼吸器センター

論文

Immunohistochemical differential diagnosis between thymic carcinoma and type B3 thymoma: diagnostic utility of hypoxic marker, GLUT-1, in thymic epithelial neoplasms.
Kojika M, Ishii G, Yoshida J, Nishimura M, Hishida T, Ota SJ, Murata Y, Nagai K, Ochiai A.Mod Pathol. 2009 Oct;22(10):1341-50. doi: 10.1038/modpathol.2009.105. Epub 2009 Jul 31.

2次元電気泳動法により検出された非小細胞肺癌関連蛋白質の免疫組織化学染色による検証
Validation Analysis Using Immunohistochemistry of Non-small Cell Lung Cancer-associated Proteins Detected by Two-dimensional Polyacrylamide Gel Electrophoresis Japanese Journal of Lung Cancer 47(7), 861-869, 2007-12-20
Kojika Masakazu , Hirano Takashi , Matsubayashi Jun , Guo Ran , Gong Yunbo , Kawamura Takeshi , Kataba Hiroaki , Ohira Tatsuo , Mukai Kiyoshi , Kato Harubumi

プロテオーム解析に基づく非小細胞肺癌関連蛋白の検討:サイトケラチン発現に関して
東京医科大学雑誌 東京医科大学雑誌 66(1), 112, 2008-01-30
小鹿 雅和 , 平野 隆 , 片場 寛明 , 前田 純一 , 岩崎 賢太郎 , 坪井 正博 , 大平 達夫 , 松林 純 , 芹沢 博美 , 向井 清、加藤 治文

Pleomorphic carcinoma of the lung expressing podoplanin and calretinin.
Kenmotsu H, Ishii G, Nagai K, Nakao M, Kawase A, Kojika M, Murata Y, Nishiwaki Y, Ochiai A.
Pathol Int. 2008 Dec;58(12):771-4. doi: 10.1111/j.1440-1827.2008.02309.x.

Immunohistochemical expression of BCRP and ERCC1 in biopsy specimen predicts survival in advanced non-small-cell lung cancer treated with cisplatin-based chemotherapy.
Ota S, Ishii G, Goto K, Kubota K, Kim YH, Kojika M, Murata Y, Yamazaki M, Nishiwaki Y, Eguchi K, Ochiai A.
Lung Cancer. 2009 Apr;64(1):98-104. doi: 10.1016/j.lungcan.2008.07.014. Epub 2008 Sep 26.

Low podoplanin expression of tumor cells predicts poor prognosis in pathological stage IB squamous cell carcinoma of the lung, tissue microarray analysis of 136 patients using 24 antibodies.
Ito T, Ishii G, Nagai K, Nagano T, Kojika M, Murata Y, Atsumi N, Nishiwaki Y, Miyazaki E, Kumamoto T, Ochiai A.
Lung Cancer. 2009 Mar;63(3):418-24. doi: 10.1016/j.lungcan.2008.06.008. Epub 2008 Jul 25.

Photodynamic Therapy (PDT) with Chemotherapy for Advanced Lung Cancer with Airway Stenosis.
Kimura M, Miyajima K, Kojika M, Kono T, Kato H.
Int J Mol Sci. 2015 Oct 23;16(10):25466-75. doi: 10.3390/ijms161025466.

著書

肺癌細胞診断 改訂版 形態とその臨床
加藤 治文 監修/池田 徳彦 編 /長尾 俊孝 編 /工藤 玄恵 編 分担共著
2013/11/30 ベクトルコア

肺がん患者に対する光線力学療法と看護
小鹿 雅和, 大越 教勝, 田中みゆき, 小林 千晃, 木村 雅一, 加藤 靖文, 宮島 邦治, 河野 貴文, 奥仲 哲弥, 加藤 治文
がん看護 18(5), 535-540, 2013-07 南江堂

本ページにおける情報は、医師本人の申告に基づいて掲載しております。内容については弊社においても可能な限り配慮しておりますが、最新の情報については公開情報等をご確認いただき、またご自身でお問い合わせいただきますようお願いします。

なお、弊社はいかなる場合にも、掲載された情報の誤り、不正確等にもとづく損害に対して責任を負わないものとします。

他の医師を見る

同じ所属病院の医師