新型コロナウイルス感染症特設サイトはこちら

獨協医科大学 循環器・腎臓内科 教授

日本内科学会 認定内科医・内科指導医 日本循環器学会 循環器専門医・指導医 日本腎臓学会 腎臓専門医 日本透析医学会 透析専門医・透析指導医

石光 俊彦 いしみつ としひこ 先生

日本高血圧学会の理事を務める高血圧診療・研究のエキスパート。動脈硬化を基盤として進展する循環器疾患とともに腎不全・透析まで腎臓病を包括した心腎連関の領域を専門とする。県内の医療機関から紹介される難治性高血圧の患者を中心に、二次性高血圧の確定診断など、専門的な医療を提供している。高血圧の病態に応じて複数の降圧薬を組み合わせ、効果的かつ安全に血圧をコントロールすることにより、長期的に心血管疾患や循環器系臓器障害の抑制を目標とした治療を実践する。

石光先生のストーリー記事

新しいことへの探求心で患者さんを助ける
新しいことへの探求心で患者さんを助ける

コツコツと地道に患者さんのために時間を使う石光俊彦先生のストーリー

基本情報

診療科・主な得意領域

  • 循環器内科
  • 腎臓内科

資格・学会・役職

日本内科学会 認定内科医・内科指導医
日本循環器学会 循環器専門医・指導医
日本腎臓学会 腎臓専門医
日本透析医学会 透析専門医・透析指導医
  • 獨協医科大学 循環器・腎臓内科 教授
  • 医学博士 取得
  • 日本高血圧学会 認定高血圧専門医・指導医・理事
  • 日本腎臓学会 評議員
  • Hypertension Research 編集長

所属病院

獨協医科大学病院

  • 内科 アレルギー科 血液内科 リウマチ科 外科 精神科 神経内科 脳神経外科 呼吸器外科 腎臓内科 心臓血管外科 小児科 小児外科 整形外科 形成外科 美容外科 皮膚科 泌尿器科 産婦人科 眼科 耳鼻咽喉科 リハビリテーション科 放射線科 歯科口腔外科 麻酔科 乳腺外科 呼吸器内科 循環器内科 腫瘍内科 消化器内科 内分泌内科 代謝内科 膠原病内科 脳神経内科 放射線治療科 頭頸部外科 精神神経科 総合診療科 病理診断科
  • 栃木県下都賀郡壬生町北小林880
  • 東武宇都宮線「おもちゃのまち駅」 西口 徒歩10分
  • 0282-86-1111
獨協医科大学病院

来歴等

略歴

1981年 東京大学医学部卒業
1983年 三井記念病院 腎センター
1985年 東京大学医学部第二内科
1988年 医学博士取得
     米国ミネソタ大学内科
1991年 獨協医科大学 循環器内科 講師
1993年  国立循環器病センター 高血圧研究室長
1996年  獨協医科大学 循環器内科 准教授
2006年  獨協医科大学 循環器内科 教授
2013年  獨協医科大学 循環器・腎臓内科 教授

論文

Ishimitsu T, Ohno E, Ueno Y, Onoda S, Nagase A, Ohira T, Nakano N, Satonaka H. Effects of atorvastatin and ezetimibe on endothelial function in dyslipidemic patients with chronic kidney disease. Clin Exp Nephrol 2014;18:704-10.

Ishimitsu T, Ohta S, Ohno E, Takahashi T, Numabe A, Okamura A, Ohba S, Hashimoto A, Matsuoka H. Long-term antihypertensive effects of aliskiren, a direct renin inhibitor, in chronic hemodialysis patients. Ther Apher Dial 2013;17:524-31.

Ishimitsu T, Honda T, Ohno E, Furukata S, Sudo Y, Nakano N, Takahashi T, Ono H, Matsuoka H. Year-long antihypertensive therapy with candesartan completely prevents development of cardiovascular organ injuries in spontaneously hypertensive rats. Int Heart J 2010;51:359-64.

Ishimitsu T, Numabe A, Masuda T, Akabane T, Okamura A, Minami J, Matsuoka H. Angiotensin-II receptor antagonist combined with calcium channel blocker or diuretic for essential hypertension. Hypertens Res 2009;32:962-8.

Ishimitsu T, Nakano N, Sudo Y, Akashiba A, Takahashi T, Ohta S, Minami J, Matsuoka H. Predictive significance of blood pressure values for the incidence of cardiovascular events in chronic hemodialysis patients. Hypertens Res 2008;31:1703-9.

Ishimitsu T, Kameda T, Akashiba A, Takahashi T, Ohta S, Yoshii M, Minami J, Ono H, Numabe A, Matsuoka H. Efonidipine reduces proteinuria and plasma aldosterone in patients with chronic glomerulonephritis. Hypertens Res 2007;30:621-6.

Ishimitsu T, Honda T, Ohta S, Akashiba A, Takahashi T, Kameda T, Yoshii M, Minami J, Takahashi M, Ono H, Matsuoka H. Cardiorenal protective effects of year-long antihypertensive therapy with an angiotensin-converting enzyme inhibitor or a calcium channel blocker in spontaneously hypertensive rats. Am J Hypertens 2006;19:1233-40.

Ishimitsu T, Ono H, Minami J, Matsuoka H. Pathophysiologic and therapeutic implications of adrenomedullin in cardiovascular disorders. Pharmacol Ther 2006;111:909-27

Ishimitsu T, Tsukada K, Ohta S, Inada H, Minami J, Ono H, Matsuoka H. Increased cardiovascular risk in long-term hemodialysis patients carrying deletion allele of ACE gene polymorphism. Am J Kidney Dis 2004;44:466-75.

Ishimitsu T, Tsukada K, Minami J, Ono H, Ohrui M, Hino J, Kangawa K, Matsuoka H. Microsatellite DNA polymorphism of human adrenomedullin gene in type 2 diabetic patients with renal failure. Kidney Int 2003;63:2230-5.

Ishimitsu T, Hosoya K, Tsukada K, Minami J, Futoh Y, Ono H, Ohrui M, Hino J, Kangawa K, Matsuoka H. Microsatellite DNA polymorphism of human adrenomedullin gene in normotensive subjects and patients with essential hypertension. Hypertension 2001;38:9-12.

Ishimitsu T, Miyata A, Matsuoka H, Kangawa K. Transcriptional regulation of human adrenomedullin gene in vascular endothelial cells. Biochem Biophys Res Commun 1998;243:463-70.

Ishimitsu T, Nishikimi T, Saito Y, Kitamura K, Eto T, Kangawa K, Matsuo H, Omae T, Matsuoka H. Plasma levels of adrenomedullin, a newly identified hypotensive peptide, in patients with hypertension and renal failure. J Clin Invest 1994;94:2158-61.

Ishimitsu T, Kojima M, Kangawa K, Hino J, Matsuoka H, Kitamura K, Eto T, Matsuo H. Genomic structure of human adrenomedullin gene. Biochem Biophys Res Commun 1994;203:631-9.

Ishimitsu T, Uehara Y, Numabe A, Tsukada H, Ogawa Y, Yagi S. Antihypertensive effect of interleukin-2 in salt-sensitive Dahl rats. Hypertension 1994;23:68-73.

Ishimitsu T, Uehara Y, Numabe A, Tsukada H, Ogawa Y, Iwai J, Ikeda T, Matsuoka H, Sugimoto T, Yagi S. Interferon gamma attenuates hypertensive renal injury in salt-sensitive Dahl rats.
Hypertension 1992;19:804-8.

Ishimitsu T, Uehara Y, Ishii M, Ikeda T, Matsuoka H, Sugimoto T. Thromboxane and vascular smooth muscle cell growth in genetically hypertensive rats. Hypertension 1988;12:46-51.

著書

内科学 第11版、朝倉書店、2017年
高血圧治療ガイドライン、ライフサイエンス出版、2014年
臨床腎臓内科学、南山堂、2013年
An Update on Glomerulopathies, Intech, 2011
Adrenomedullin in Cardiovascular Disease, Springer, 2005

その他

  • 【受賞】1993年 腎とエリスロポエチン研究会研究奨励賞

  • 【受賞】1995年 第3回 高血圧と血管代謝研究会 最優秀研究賞

  • 【受賞】1998年 上田賞(International Heart Journal最優秀論文賞)

  • 【受賞】2003年 関湊賞

本ページにおける情報は、医師本人の申告に基づいて掲載しております。内容については弊社においても可能な限り配慮しておりますが、最新の情報については公開情報等をご確認いただき、またご自身でお問い合わせいただきますようお願いします。

なお、弊社はいかなる場合にも、掲載された情報の誤り、不正確等にもとづく損害に対して責任を負わないものとします。