能勢 博 先生のプロフィール

能勢 博 先生

のせ ひろし

能勢 博 先生

信州大学 学術研究院医学系 特任教授

専門分野

運動生理学、環境生理学、スポーツ医科学

紹介

画期的な効果で、これまでのウォーキングの常識を変えたといわれるインターバル速歩を提唱。趣味は登山。長野県の常念診療所長などを歴任し、1981年には中国・天山山脈の未踏峰・ボゴダオーラ峰(5445m)に医師として同行、自らも登頂した。

略歴

1979年 京都府立医科大学医学部医学科・卒業
1979年 京都府立医科大学・助手・第一生理学教室・勤務
1985年 米国・Yale大学医学部・John B. Pierce 研究所へ博士研究員として留学.
1988年 帰国
1993年 京都府立医科大学・助教授昇任・第一生理学教室・勤務
1995年 信州大学医学部附属加齢適応研究センター・スポーツ医学分野・教授
2003年 信州大学大学院医学研究科・加齢適応医科学系(独立専攻)・個体機能学部門・スポーツ医科学分野・教授に配置換え
2004年 NPO法人熟年体育大学リサーチセンター・理事長
2006年 厚生労働省「運動所要量・運動指針の策定検討会」委員
2012年 信州大学大学院医学系研究科疾患予防医科学系専攻スポーツ医科学講座 教授
2018年 信州大学大学院 総合医理工学研究科 特任教授

所属学会・資格・役職など

医学博士
日本生理学会、日本生気象学会、日本体力医学会、American Physiological Society(米国生理学会)、American College of Sports Medicine(米国スポーツ医学会)

受賞・著書・論文など

【受賞】
青蓮賞(京都府立医科大学学友会研究奨励賞)受賞 1992年

【著書】(5本程度)
1. 歩き方を変えるだけで10歳若返る、主婦と生活社、2013年
2. 山に登る前に読む本-運動生理学からみた科学的登山術-、講談社ブルーバックス、2014年
3. いくつになっても自分で歩ける筋トレウォーキング、青春出版、2015年
4.「寝たきり」が嫌ならこのウォーキングに変えなさい、朝日新聞出版、2015年
5. もう山でバテない!「インターバル速歩」の威力、山と渓谷社、2017年

【論文】(和文も可、代表的な物を10本程度)
1) Nemoto K, Gen-no H, Masuki S, et al.: Effects of high-intensity interval walking training on physical fitness and blood pressure in middle-aged and older people, Mayo Clin. Proc. 82: 803-811, 2007.
2) Yamazaki T, Gen-no H, Kamijo Y, et al: A new device to estimate VO2 during incline walking by accelerometry and baro

【受賞】
青蓮賞(京都府立医科大学学友会研究奨励賞)受賞 1992年

【著書】(5本程度)
1. 歩き方を変えるだけで10歳若返る、主婦と生活社、2013年
2. 山に登る前に読む本-運動生理学からみた科学的登山術-、講談社ブルーバックス、2014年
3. いくつになっても自分で歩ける筋トレウォーキング、青春出版、2015年
4.「寝たきり」が嫌ならこのウォーキングに変えなさい、朝日新聞出版、2015年
5. もう山でバテない!「インターバル速歩」の威力、山と渓谷社、2017年

【論文】(和文も可、代表的な物を10本程度)
1) Nemoto K, Gen-no H, Masuki S, et al.: Effects of high-intensity interval walking training on physical fitness and blood pressure in middle-aged and older people, Mayo Clin. Proc. 82: 803-811, 2007.
2) Yamazaki T, Gen-no H, Kamijo Y, et al: A new device to estimate VO2 during incline walking by accelerometry and barometry, Med. Sci. Sports Exerc. 41: 2213-2219, 2009.
3) Nose H, Morikawa M, Yamazaki T, et al.: Beyond epidemiology: field studies and the physiology laboratory as the whole world, J. Physiol. (Lond.) 587: 5569-5575, 2009.
4) Masuki S, Mori M, Tabara Y, et al.: Vasopressin V1a receptor polymorphism and interval walking training effects in middle-aged and older people, Hypertension 55: 747-754, 2010.
5) Morikawa M, Okazaki K, Masuki S, et al.: Physical fitness and indices of life-style related diseases before and after interval walking training in middle-aged and older males and females, Br. J. Sports Med. 45: 216-224, 2011.
6) Okazaki K, Yazawa D, Goto M, Kmijo Y, Furihata M, Gen-no H, et al.: Effects of macronutrient intake on thigh muscle mass during home-based walking training in middle-aged and older women, Scandinavian J. Med. Sci. in Sports 23: e286-e292, 2013.
7) Morishima Y, Mizushima T, Yamauchi K, et al: Effects of home-based interval walking training on thigh muscle strength and aerobic capacity in female total hip arthroplasty patients: a randomized, controlled piolt study, PLOS ONE 9: 1-9, 2014.
8) Masuki S, Mori M, Tabara Y, et al.: The factors affecting to a long term interval walking training program in middle-aged and older people, J. Appl. Physiol.118:595-603, 2015.
9) Handa S, Masuki S, Ohshio T, et al.: Target intensity and interval walking training in water to enhance physical fitness in middle-aged and older women: randomized controlled study, Eur J Appl Physiol 116: 203-215, 2016.
10) Masuki S, Morita A, Kamijo Y, et al.: Impact of 5-aminolevulenic acid with iron supplementation on exercise efficiency and home-based walking training achievement in older women. J Appl Physiol, 120: 87-96, 2016.
11) Masuki S, Nishida K, Hashimoto S. et al. .: Effects of milk product intake on thigh muscle strength and NFkB gene methylation during home-based interval walking training in older women: A randomized, controlled pilot study. PLOS ONE 12: e0176757. https//doi.org/10.1371/journal.pone.0176757, 2017.
12) 能勢 博:10歳若返る!「インターバル速歩」-生活習慣病・介護予防のために新しい運動処方システム-、老年医学の展望、日本老年医学雑誌54:1

続きを見る

能勢 博 先生 の記事