益田 宗孝 先生のプロフィール

益田 宗孝 先生

ますだ むねたか

益田 宗孝 先生

横浜市立大学外科治療学(旧第一外科) 主任教授

益田 宗孝 先生のストーリー記事を読む

専門分野

心臓血管外科(弁膜症外科、先天性心疾患、冠動脈外科、補助人工心臓、など)

紹介

1980年より心臓外科医師としてキャリアをはじめる。2006年には横浜市立大学外科治療学(旧第一外科)主任教授に就任。心臓血管外科を小児から成人まで幅広くこなし、2013~2017年は日本胸部外科学会理事。2016年より横浜市立大学附属市民総合医療センター副院長。

略歴

1980年 九州大学医学部卒業、九州大学心臓外科入局
1986年 九州大学心臓外科 助手
1987年 医学博士取得(九州大学)
1989年-1991年 Catholic University of Leuven (Belgium) 心臓血管外科留学
1991年 九州大学心臓外科 助手
1994年 九州大学心臓外科 講師
1996年 福岡市立こども病院 心臓外科医長
1998年 九州大学心臓外科 講師
2005年 九州大学大学院医学研究院循環器外科 助教授
2006年 横浜市立大学外科治療学(旧第一外科) 主任教授
2016年 横浜市立大学附属市民総合医療センター副院長(兼任)

所属学会・資格・役職など

医学博士
日本外科学会 指導医・専門医・代議員、日本胸部外科学会 指導医・評議員
日本心臓血管外科学会 専門医・評議員、日本人工臓器学会 評議員
日本冠動脈外科学会 評議員、日本冠疾患学会 評議員
日本小児循環器学会 評議員、日本外科系連合学会 フェロー・評議員
日本呼吸器外科学会、日本消化器外科学会、日本大腸肛門外科学会、日本臨床外科学会、などの多数の学会会員
Society of Thoracic Surgeons international member
European Association for Cardio-Thoracic Surgery international member
Society of Asian Cardiovascular and Thoracic Surgery international member

受賞・著書・論文など

【著書】
Adult Congenital Heart Disease (Editor), Springer, 2017年

Cardiovascular Surgery for Congenital Heart Disease (Editor), Springer, 2009

先天性心疾患手術書 (Editor)、Medical View, 2003

標準外科学、医学書院、2016

今日の心臓手術の適応と至適時期、文光堂、2011

心臓血管外科テクニック:弁膜症編、メディカ出版、2009

ICG蛍光Navigation Surgeryのすべて、インターメディカ、2008

小児心臓外科の要点と盲点、文光堂、2006

ガイドラインに基づく成人先天性心疾患の臨床、中外医学社、2001

心臓血管外科の最前線、先端医療技術研究所、1999

新外科学大系、中山書店、1990

【論文】
1)Masuda M: Postoperative residua and sequelae in adults with repaired tetralogy of Fallot. General Thoracic and Cardiovascular Surgery, 64(7):373-379, 2016.

2)Masuda M,

【著書】
Adult Congenital Heart Disease (Editor), Springer, 2017年

Cardiovascular Surgery for Congenital Heart Disease (Editor), Springer, 2009

先天性心疾患手術書 (Editor)、Medical View, 2003

標準外科学、医学書院、2016

今日の心臓手術の適応と至適時期、文光堂、2011

心臓血管外科テクニック:弁膜症編、メディカ出版、2009

ICG蛍光Navigation Surgeryのすべて、インターメディカ、2008

小児心臓外科の要点と盲点、文光堂、2006

ガイドラインに基づく成人先天性心疾患の臨床、中外医学社、2001

心臓血管外科の最前線、先端医療技術研究所、1999

新外科学大系、中山書店、1990

【論文】
1)Masuda M: Postoperative residua and sequelae in adults with repaired tetralogy of Fallot. General Thoracic and Cardiovascular Surgery, 64(7):373-379, 2016.

2)Masuda M, Okumura M, Doki Y, Endo S, Hirata Y, Kobayashi J, Kuwano H, Motomura N, Nishida H, Saiki Y, Saito A, Shimizu H, Tanaka F, Tanemoto K, Toh Y, Tsukihara H, Wakui S, Yokomise H ;Committee for Scientific Affairs, The Japanese Association for Thoracic Surgery: Thoracic and cardiovascular surgery in Japan during 2014, Annual report by The Japanese Association for Thoracic Surgery. General Thoracic and Cardiovascular Surgery, 64(11):665-697, 2016.

3)Masuda M : Does cardioplegia during cardiac surgery protect the heart at any time?.European Journal of Cardio-Thoracic Surgery, 48(2):243-244, 2015.

4)Masuda M, Kuwano H, Okumura M, Arai H, Endo S, Doki Y, Kobayashi J, Motomura N, Nishida H, Saiki Y, Tanaka F, Tanemoto K, Toh Y, Yokomise H : Thoracic and cardiovascular surgery in Japan during 2013 : Annual report by The Japanese Association for Thoracic Surgery. General thoracic and cardiovascular surgery, 63(12):670-701, 2015.

5)Yokoyama U, Minamisawa S, Shioda A, Ishiwata R, Jin MH, Masuda M, AsouT, Sugimoto Y, Aoki H, Nakamura T, Ishikawa Y : Prostaglamdin E2 Inhibits Elastogenesis in the Ductus Arteriosus Via EP4 Signaling.Circulation, 129(4):487-496, 2014.

6)Yasuda S, Imoto K, Uchida K, Machida D, Yanagi H, Sugiura T, Kurosawa K, Masuda M : Successful endovascular treatment of a ruptured superior mesenteric artery in a patient with Ehlers-Danlos syndrome. Annals of Vascular Surgery, 27(7): 975, 2013.

7) Goda M, Arakawa K, Yano H, Himeno H, Yamazaki I, Suzuki S, Masuda M: Congenital aortopulmonary artery fistulas combined with bilateral coronary artery fistulas. Annals of Thoracic Surgery, 92(4): 1524-1526, 2011.

8) Masuda M: Which is the best technique for CABG: OPCAB, On-pump arrest CABG or on-pump beating CABG? Annals Thoracic and Cardiovascular Surgery, 17(3):218-220, 2011.

9) Goda M, Imoto K, Suzuki S, Uchida K, Yanagi H, Yasuda S, Masuda M: Risk analysis for hospital mortality in patients with acute type A aortic dissection. Annals of Thoracic Surgery, 90(4):1246-1250, 2010.

10) Masuda M, Tanoue Y, Ohni T, Tominaga R: Modified Damus-kaye-Stansel procedure using aortic flap techiniqe for systemic ventricular outflow tract obstruction in functionally univentricular heart. European Journal of Cardio-thoracic Surgery, 29(6):1056-1058, 2006.

続きを見る

益田 宗孝先生 の所属する医療機関

横浜市立大学附属病院

TEL: 045-787-2800

横浜市立大学附属病院

神奈川県横浜市金沢区福浦3丁目9

横浜シーサイドライン金沢シーサイドライン「市大医学部」駅 駅直結 徒歩1分

- - -

受付時間: 8:30~10:30 原則紹介制、一部診療科予約制 診療時間9:00~16:00 科により異なる 臨時休診あり

診療科目: 内科 血液内科 リウマチ科 外科 精神科 神経内科 脳神経外科 消化器外科 腎臓内科 心臓血管外科 小児科 整形外科 形成外科 皮膚科 泌尿器科 産婦人科 眼科 耳鼻咽喉科 リハビリテーション科 放射線科 歯科 矯正歯科 歯科口腔外科 麻酔科 乳腺外科