新型コロナウイルス感染症特設サイトはこちら

福島県立医科大学 副理事長、福島県立医科大学脳神経外科 教授

日本脳神経外科学会 脳神経外科専門医 日本脳卒中学会 脳卒中専門医 日本神経内視鏡学会 技術認定医 日本小児神経外科学会 認定医

齋藤 清 さいとう きよし 先生

1982年より脳神経外科医師としてキャリアを積む。2009年には福島県立医科大学脳神経外科教授に就任。脳腫瘍および頭蓋底外科手術を牽引しており、2016年から2019年3月末まで福島県立医科大学附属病院長、2019年4月からは福島県立医科大学副理事長を務める。2017年からは日本間脳下垂体腫瘍学会理事長に就任。

基本情報

診療科・主な得意領域

  • 脳神経外科
  • 脳腫瘍
  • 間脳下垂体腫瘍
  • 頭蓋底外科手術

資格・学会・役職

日本脳神経外科学会 脳神経外科専門医
日本脳卒中学会 脳卒中専門医
日本神経内視鏡学会 技術認定医
日本小児神経外科学会 認定医
  • 福島県立医科大学 副理事長
  • 福島県立医科大学脳神経外科 教授
  • 医学博士 取得
  • 日本間脳下垂体腫瘍学会 理事長
  • 日本頭蓋底外科学会 理事
  • 日本脳腫瘍の外科学会 理事
  • 日本神経内視鏡学会 運営委員
  • 日本小児神経外科学会 評議員
  • 日本老年脳神経外科学会 世話人
  • 日本微小脳神経外科解剖研究会 世話人

所属病院

福島県立医科大学附属病院

  • 内科 血液内科 リウマチ膠原病内科 外科 心療内科 神経内科 脳神経外科 呼吸器外科 消化器外科 腎臓内科 心臓血管外科 小児科 小児外科 整形外科 形成外科 皮膚科 泌尿器科 産科 婦人科 産婦人科 眼科 耳鼻咽喉科 リハビリテーション科 放射線科 歯科口腔外科 麻酔科 乳腺外科 呼吸器内科 循環器内科 腫瘍内科 消化器内科 糖尿病内科 内分泌内科 代謝内科 脳神経内科 漢方内科 肝胆膵外科 内分泌外科 放射線治療科 頭頸部外科 病理診断科
  • 福島県福島市光が丘1
  • JR東北本線(黒磯〜利府・盛岡) 福島 路線バスもあり(東口 福島交通バス 医大行き 医大病院または医科大学前下車) 車20分
  • 024-547-1111
公式ウェブサイト
福島県立医科大学附属病院

医療記事

来歴等

略歴

1980年 名古屋大学医学部 卒業
1984年 マサチューセッツ総合病院(ハーバード大学医学部) 留学
1991年 名古屋大学脳神経外科 助手
1992年 インド・サンジャイガンジー医科学研究所 JICA援助計画専門家
2000年 名古屋大学脳神経外科 講師
2003年 名古屋大学脳神経外科 助教授
2009年 福島県立医科大学脳神経外科 教授
2016年 福島県立医科大学附属病院長 病院長
2019年 福島県立医科大学 副理事長

論文

  • Development of a new high-resolution intraoperative imaging system (dual-image videoangiography, DIVA) to simultaneously visualize light and near-infrared fluorescence images of indocyanine green angiography. Acta Neurochir 2015; 157: 1295-1301.

    Sato T, Suzuki K, Sakuma J, Takatsu N, Kojima Y, Sugano T, Saito K.

  • Endoscopic resection of cystic pontine tumours: three case reports and a proposal for minimally invasive dual-endoscopic surgery. Acta Neurochir 2014; 156: 1145-1150.

    Watanabe T, Sato T, Kishida Y, Ito E, Ichikawa M, Sakuma J, Nagatani T, Saito K.

  • Wakabayasi T. Peptide-based inhibition of the HOXA9/PBX interaction retards the growth of human meningioma. Cancer Chemotherapy Pharmaco 2014; 73: 53-60.

    Ando H, Natsume A, Senga T, Watanabe R, Ito I, Ohno M, Iwami K, Ohka F, Motomura K, Saito K, Morgan R,

  • Motor evoked potential monitoring of the vagus nerve with transcranial electrical stimulation during skull base surgeries. J Neurosurg 2013; 118: 195-201.

    Ito E, Ichikawa M, Itakura T, Ando H, Matsumoto Y, Oda K, Sato T, Watanabe T, Sakuma J, Saito K.

  • Skull base reconstruction using various types of galeal flaps. Acta Neurochir 2012. 154: 179-185.

    Ito E, Watanabe T, Sato T, Ichikawa M, Oda K, Matsumoto Y, Ando H, Sakuma J, Saito K.

  • Epigenetic subclassification of meningiomas based on genome-wide DNA methylation analyses. Carcinogenesis 2012; 33: 436-441.

    Kishida Y, Natsume A, Kondo Y, Takeuchi I, An B, Okamoto Y, Shinjo K, Saito K, Ando H, Ohka F, Sekido Y, Wakabayashi T.

  • En bloc petrosectomy for malignant tumors involving the external auditory canal and middle ear: surgical methods and long-term outcome. J Neurosurg 2008; 108: 97-104.

    Okada T, Saito K, Takahashi M, Hasegawa Y, Fujimoto Y, Terada A, Kamei Y, Yoshida J.

  • Age at symptom onset and long-term survival in patients with neurofibromatosis type 2. J Neurosurg 2003; 99: 480-483.

    Otsuka G, Saito K, Nagatani T, Yoshida J.

  • Management of the cavernous sinus in en bloc resections of malignant skull base tumors. Head Neck 1999; 21: 734-742.

    Saito K, Fukuta K, Takahashi M, Tachibana E, Yoshida J.

  • Ergot alkaloids block neurogenic extravasation in dura mater: proposed action in vascular headaches. Ann Neurol 1988; 24: 732-737.

    Saito K, Markowitz S, Moskowitz MA.

著書

  • 【共著】神経線維腫症2型(NF2)「最新遺伝性腫瘍・家族性腫瘍と遺伝カウンセリング:三木義男(編)」.メディカルドゥ.2016年

  • 【共著】神経線維腫症II型「希少疾患/難病の診断・治療と製品開発」.技術情報協会.2012年

  • 【共著】脊索腫の治療戦略と各種アプローチ「ビジュアル脳神経外科 7 頭蓋底②後頭蓋窩・錐体斜台部:片山容一、冨永悌二、斉藤延人(編)」.メディカルビュー.2012年

  • 【共著】頭蓋底の修復と閉鎖「イラストレイテッド脳腫瘍外科学:河本圭司,本郷一博,栗栖 薫(編)」.メディカルビュー.2011年

  • 【共著】頭蓋咽頭腫に対するBasal Interhemispheric Approachの手術解剖「顕微鏡下手術のための脳神経外科解剖XX:坂田勝巳(編)」.サイメッド・パブリケーションズ.2008年

その他

  • 【受賞】1987年  国際頭痛学会Enrico Greppi賞

本ページにおける情報は、医師本人の申告に基づいて掲載しております。内容については弊社においても可能な限り配慮しておりますが、最新の情報については公開情報等をご確認いただき、またご自身でお問い合わせいただきますようお願いします。

なお、弊社はいかなる場合にも、掲載された情報の誤り、不正確等にもとづく損害に対して責任を負わないものとします。