谷山 清己 先生のプロフィール

谷山 清己 先生

たにやま きよみ

谷山 清己 先生

独立行政法人国立病院機構 呉医療センター・中国がんセンター 院長

専門分野

消化器癌、進行大腸癌、癌転移(微小転移)、肝細胞癌、細胞診、乳がん、子宮頸がん、 腹腔洗浄細胞診、病理外来、テレパソロジー/Virtual Microscopy 等

紹介

1978年広島大学医学部卒業。2000年広島大学医学部臨床教授。2002年国立病院機構呉医療センター・中国がんセンターを経て、2014年同センター院長に就任。広島大学客員教授、第17回日本デジタルパソロジー研究会総会会長、第64回日本病理学会秋期特別総会会長。
病理医が病理診断結果を直接患者に説明する“病理外来活動”を我が国で最初に公表した。

略歴

1978年 広島大学医学部卒業
1979年 松山赤十字病院
1981年 広島大学医学部第一病理学教室
1985年 西ドイツハノーバー市北市民病院留学
1992年 国家公務員共済組合連合会呉共済病院
1998年 米国カリフォルニア大学サンディエゴ校がんセンター留学
2000年 広島大学医学部臨床教授
2002年 国立病院呉医療センター・中国がんセンター
2014年 同院長
2016年 広島大学医学部客員教授

所属学会・資格・役職など

医学博士
日本病理学会 学術評議員、病理専門医、研修指導医、学術委員
日本臨床細胞診学会 評議員、細胞診指導医・専門医、教育研修指導医
日本臨床検査医会 臨床検査専門医
日本癌学会
アメリカ癌学会
国際病理学会(IAP)
がん診療に携わる医師に対する緩和ケア研修会修了( 2010年6月) 等

受賞・著書・論文など

【受賞】
2009年 7月3日 第10回Breast Cancer 優秀論文賞

【著書】
1. 亀井敏昭、谷山清己(編集):アトラス細胞診と病理診断(医学書院): 2010
2. Taniyama K, et al.: Topoisomerase II-alpha index predicts the efficacy of anthracycline-based chemotherapy for breast cancers. In: HER2 and Cancer. S. I. Williams et al., eds., Nova Science Publishers, N.Y. 2011, pp.187-200
3. 谷山清己、中西貴子。乳がん患者の心を救う新たな治療、日本評論社、2013年
4. Taniyama K, Kamiike W.(Eds): Advances in Modern Medicine. Bentham Science Publishers, Sharjah(UAE), 2017. 等。他18編

【論文】
1) Taniyama, D., Taniyama, K., Kuraoka, K., et al. Long-term follow-up study of gastric adenoma; tumor-associate

【受賞】
2009年 7月3日 第10回Breast Cancer 優秀論文賞

【著書】
1. 亀井敏昭、谷山清己(編集):アトラス細胞診と病理診断(医学書院): 2010
2. Taniyama K, et al.: Topoisomerase II-alpha index predicts the efficacy of anthracycline-based chemotherapy for breast cancers. In: HER2 and Cancer. S. I. Williams et al., eds., Nova Science Publishers, N.Y. 2011, pp.187-200
3. 谷山清己、中西貴子。乳がん患者の心を救う新たな治療、日本評論社、2013年
4. Taniyama K, Kamiike W.(Eds): Advances in Modern Medicine. Bentham Science Publishers, Sharjah(UAE), 2017. 等。他18編

【論文】
1) Taniyama, D., Taniyama, K., Kuraoka, K., et al. Long-term follow-up study of gastric adenoma; tumor-associated macrophages are associated to carcinoma development in gastric adenoma. Gastric Cancer, 2017; 20(6): 929-939, 2017.
2) Shigematsu, H., Ozaki, S., Taniyama, K. et al. Comparison of CK-IHC assay on serial frozen sections, the OSNA assay, and in combination for intraoperative evaluation of SLN metastases in breast cancer. Breast Cancer, 2017 Nov 1. pii: 10.1007/s12282-017-0811-y. doi: 10.1007/s12282-017-0811-y.
Accession Number; 29094254.
3) Yosuke Kawakami, Tamaki Toda, Kiyomi Taniyama, et al. Evaluation of Cervical Liquid-Based Cytology in Abnormalities of Japanese Women. In; Advances in Modern Medicine, Eds., Taniyama, K. & Kamiike, W., Bentham Science Publishers, Sharjah, 2017, pp126-138.
4) Takako Nakanishi, Kyouko Kosugi, Kiyomi Taniyama, et al. Cancer Counseling and Pathology Clinic. In; Advances in Modern Medicine, Eds., Taniyama, K. & Kamiike, W., Bentham Science Publishers, Sharjah, 2017, pp150-159.
5) Masahiro Tanemura, Eiji Miyoshi, Kiyomi Taniyama, et al. Cancer immunotherapy for pancreatic utilizingα- galepitope/natural anti-Gal antibody reaction. World Journal of Gastroenterology, 2015; 21(40):11396-11410.
6) Junichi Sakane, Kiyomi Taniyama, Kazuaki Miyamoto, et al. Aberrant DNA methylation of DLX4 and SIM1 is a predictive marker for disease progression of uterine cervical low-grade squamous intraepithelial lesion. Diagnostic Cytopathology, 2015;43(6):462–470.
7) Nagashima-Nishimaki, M., Taniyama, K., Minami, H., Takebayashi, M. The effect of a pathology clinic on the mental state and adjustment of patients with breast cancer. Palliative & Support Care, 2015;13(6):1615-1621.
8) Kazuya Kuraoka, Kiyomi Taniyama, Miho Tanaka, et al. Auto-Analysis for Ki-67 Indices of Breast Cancer Using Specified Computer Software and a Virtual Microscopy. Journal of Analytical Oncology, 2014;3:88-93.
9) Kazuhiro Takehara, Kiyomi Taniyama. Human Papillomavirus Vaccine: Its Application and Perspective. Annals of Vaccines and Immunization, 2014;1(1): 1002(1-6).
10) Taniyama, K., Shimbo, T., Iwase, H., et al. Evidence-based therapy according to the guideline for gastric ulcers is cost-effective in Japan. Journal of Physiology & Pharmacology, 2011;62(6):627-635.

続きを見る

谷山 清己 先生 の記事