筑波記念病院 つくばハートセンター センター長

日本循環器学会 循環器専門医

我妻 賢司 わがつま けんじ 先生

  • 茨城県
  • 循環器内科

1990年より心臓カテーテル検査、治療に携わり、以後、一貫して虚血性心疾患に対するPCIを専門とする。重症患者、複雑冠動脈病変に対する経橈骨動脈アプローチによるPCI(TRI)を得意とし、海外での治療経験、招請講演も多数。

基本情報

診療科

  • 循環器内科

受診可能な病気と得意な領域

  • 狭心症
    詳細
    我妻先生の狭心症に関する得意な領域
    • TRI(経橈骨動脈アプローチによるカテーテル治療)

その他の得意な領域

  • 循環器一般

資格・所属学会

日本循環器学会 循環器専門医

役職など

  • 医学博士 取得
  • 日本内科学会認定 内科医
  • 日本医師会認定 産業医
  • 日本心血管インターベンション治療学会(CVIT) 専門医
  • 外国人医師臨床修練 指導医
  • 首都医科大学付属北京安貞医院 名誉教授
  • 長春中医薬大学 客員教授
  • 日本心臓血管内視鏡学会 理事
  • 日本冠疾患学会 評議員(FJCA)
  • 日本血管内治療学会 評議員
  • 日本画像医学会 評議員
  • 日本シネアンジオ研究会 常任幹事
  • CVIT関東甲信越地方会 運営委員
  • 米国 冠動脈造影インターベンション学会 正会員(FSCAI: Fellow in the Society for Cardiovascular Angiography and Interventions)
  • 欧州心臓病学会 特別正会員 (FESC: Fellow of the European Society of Cardiology)
  • アジア太平洋心臓病学会 特別正会員 (FAPSC: Fellow of the Asian Pacific Society of Cardiology)
  • 米国心臓病学会 特別正会員 (FACC: Fellow of the American College of Cardiology)
  • 筑波記念病院 つくばハートセンター センター長

所属病院

筑波記念病院
筑波記念病院
  • 内科 アレルギー科 血液内科 リウマチ科 外科 心療内科 精神科 神経内科 脳神経外科 呼吸器外科 消化器外科 心臓血管外科 小児科 整形外科 形成外科 皮膚科 泌尿器科 婦人科 眼科 耳鼻咽喉科 リハビリテーション科 放射線科 麻酔科 呼吸器内科 循環器内科 消化器内科
  • 茨城県つくば市要1187-299
  • つくばエクスプレス「つくば駅」 車10分

医療記事

来歴等

略歴

1988年 東京慈恵会医科大学 卒業
1990年 東京慈恵会医科大学付属第三病院内科学第2講座 助手
2001年 米国メイヨークリニック リサーチフェロー
2002年 東邦大学医学部臨床生理機能学研究室 講師
2003年 東邦大学医学部付属大森病院 心血管インターベンション室 室長
2009年 東邦大学医学部 内科学講座(大森)循環器内科 准教授
2013年 医療法人社団 筑波記念会 筑波記念病院 つくばハートセンター センター長

論文

  • Virtual histology intravascular ultrasound analysis of attenuated plaque and ulcerated plaque detected by gray scale intravascular ultrasound and the relation between the plaque composition and slow flow/no reflow phenomenon during percutaneous coronary intervention. J Interv Cardiol. 2013 Jun;26(3):295-301

    Amano H, Wagatsuma K et al

  • Transradial Versus Transfemoral Coronary Intervention for Acute Myocardial Infarction Complicated by Cardiogenic Shock; Is Transradial Coronary Intervention Suitable for Emergency PCI in High-Risk Acute Myocardial Infarction

    Iga A, Wagatsuma K et al

  • Impact of diabetes on long term follow-up of elderly patients with chronic total occlusion post percutaneous coronary intervention. J Geriatr Cardiol. 2013 Mar;10(1):16-20

    Liu W, Wagatsuma K et al

  • Basic treatment approach for coronary artery disease. Nihon Rinsho. 2011 Sep;69 Suppl 7:258-68. Review

    Wagatsuma K, Yamazaki J

  • Clinical outcomes of the placement of a drug-eluting stent with the use of Rotablator™ in dialytic patients: in comparison with non-dialytic patients. Cardiovasc Interv Ther. 2011 Sep;26(3):246-51

    Nii H, Wagatsuma K et al

  • Short- and long-term follow-up of percutaneous coronary intervention for chronic total occlusion through transradial approach: tips for successful procedure from a single-center experience

    Liu W, Wagatsuma K et al

  • A novel technique of chronic total occlusion retrograde wire crossing by wiring into the antegrade microcatheter.

    Liu W, Wagatsuma K

  • Treatment of non-left main bifurcation lesions using the sirolimus-eluting stent: A comparison of chronic outcomes of cross-over single stenting and crush stenting. J Cardiol. 2010 Mar;55(2):180-8

    Uchida Y, Wagatsuma K et al

  • Anchor balloon technique for very tortuous lesions by transradial coronary intervention. Indian Heart J. 2008 Jan-Feb;60(1 Suppl A):A42-4

    Wagatsuma K

著書

  • Transradial Approach for Calcified and Tortuous Lesions. Transradial Approach for Percutaneous Interventions (eds. Zhou, Y., Kiemeneij, F., Saito, S., Liu, W.) Springer 2017年

本ページにおける情報は、医師本人の申告に基づいて掲載しております。内容については弊社においても可能な限り配慮しておりますが、最新の情報については公開情報等をご確認いただき、またご自身でお問い合わせいただきますようお願いします。

なお、弊社はいかなる場合にも、掲載された情報の誤り、不正確等にもとづく損害に対して責任を負わないものとします。