永田 淳 先生のプロフィール

永田 淳 先生

ながた じゅん

永田 淳 先生

産業医科大学若松病院 消化器・一般外科 助教 / 診療科長

専門分野

消化器外科 / 大腸肛門外科 / 内視鏡外科

紹介

2001年より外科医としてキャリアをはじめる。研修医時代に出会った腹腔鏡手術の技術を磨くために国内有数のハイボリュームセンターであるがん研究会有明病院で研鑽を積んだ後、2016年春より母校である産業医科大学若松病院の消化器・一般外科に勤務し2018年には診療科長 に就任した。イェール大学留学中に免疫蛍光(Immunofluorescence)に関する研究に携わった経験から基礎研究と臨床医学との融合を目指すようになり、現在はFluorescenceを用いた腹腔鏡手術手技を実践している。低侵襲手術の一つである減孔式腹腔鏡下手術に着目し、術後疼痛の緩和など周術期の患者さんの負担軽減につとめた外科治療を心がけている。

略歴

2001年 産業医科大学医学部医学科 卒業
2001年 国家公務員共済組合連合会虎の門病院 外科病棟レジデント
2005年 イェール大学 消化器病センター リサーチフェロー
2007年 産業医科大学大学院医学研究科 入学
2009年 飯塚市立病院 外科 外科医師
2011年 産業医科大学大学院 博士号(医学博士)取得
2011年 日本鋼管福山病院 外科 外科医師
2012年 がん研究会有明病院消化器センター大腸外科 レジデント
2015年 がん研究会有明病院消化器センター大腸外科 チーフレジデント
2016年 産業医科大学若松病院 消化器・一般外科 修練指導医
2018年 産業医科大学若松病院 消化器・一般外科 助教/診療科長

所属学会・資格・役職など

医学博士
日本外科学会 認定医/専門医
日本消化器外科学会 消化器がん外科治療認定医
日本内視鏡外科学会 技術認定医(大腸)/評議員
日本大腸肛門病学会 専門医
日本がん治療認定医機構 がん治療認定医
日本消化管学会 暫定指導医/専門医/胃腸科認定医
日本小切開・鏡視外科学会 評議員
腹腔鏡下大腸切除研究会 施設研究責任者
Fellow of American College of Surgeon(FACS)
American Society of Colon and Rectal Surgeons(ASCRS)/Active member
European Association for Endoscopic Surgery(EAES)/International member
European Society of COLOPROCTOLOGY(ESCP)/Full member
Endoscopic and Laparoscopic Surgeons of Asia(ELSA)/Life member
Obesity Diagnosis and Treatment/Editorial board member
SM Journal of Pain & Relief/Editorial board member
International Journal of Surgical Procedures/Editorial board member
緩和ケア研修会終了、
日本医師会認定産業医、
産業医科大学産業医学ディプロマ
Certificate of da Vinci System Training as a First Assistant

受賞・著書・論文など

【受賞】
Best English Paper of the year/2016年
EAES Travel grant/Congress of European Association of Endoscopic Surgery/2017年
Young Investigator’s Award/第118回日本外科学会学術集会/2018年
13th Annual Academic Surgical Congress grant/2017年

【著書】
がん研スタイル癌の標準手術 結腸癌・直腸癌、株式会社メジカルビュー社、東京、2015年

【論文】
Nagata J, Watanabe J, Hirata K, et al. Transperitoneal rectus sheath block and transversus abdominis plane block for laparoscopic inguinal hernia repair: a novel approach. Asian J Endosc Surg. 2017
Nagata J, Watanabe J, Hirata K, et al. Novel technique of abdominal wall nerve block for laparoscopic colostomy

【受賞】
Best English Paper of the year/2016年
EAES Travel grant/Congress of European Association of Endoscopic Surgery/2017年
Young Investigator’s Award/第118回日本外科学会学術集会/2018年
13th Annual Academic Surgical Congress grant/2017年

【著書】
がん研スタイル癌の標準手術 結腸癌・直腸癌、株式会社メジカルビュー社、東京、2015年

【論文】
Nagata J, Watanabe J, Hirata K, et al. Transperitoneal rectus sheath block and transversus abdominis plane block for laparoscopic inguinal hernia repair: a novel approach. Asian J Endosc Surg. 2017
Nagata J, Watanabe J, Hirata K, et al. Novel technique of abdominal wall nerve block for laparoscopic colostomy: Rectus sheath block with transperitoneal approach. World J Gastrointestinal Surg. 2017 

Nagata J, Watanabe J, et al. A novel transperitoneal abdominal wall nerve block for postoperative pain in laparoscopic colorectal surgery. Asian J Surg. 2017 Apr 4
Nagata J, Fukunaga Y, et al. Colonic marking with near-infrared, light-emitting, diode-activated indocyanine green for laparoscopic colorectal surgery. Dis Colon Rectum. 2016 Feb;59(2):e14-8.

Nagata J, Nathanson MH, et al. Lipid rafts establish calcium waves in hepatocytes. Gastroenterology. 2007 Jul;133(1):256-67.
Akiyoshi T, Matsueda K, Hiratsuka M, Unno T, Nagata J, Ueno M, et al. Indications for lateral pelvic lymph node dissection based on magnetic resonance imaging before and after preoperative chemoradiotherapy in patients with advanced low-rectal cancer. Ann Surg Oncol. 2015 Dec;22 Suppl 
3:S614-20.
Akiyoshi T, Nagata J, Ueno M, et al. Laparoscopic salvage lateral pelvic lymph node dissection for locally recurrent rectal cancer. Colorectal Dis. 2015 Oct;17(10):O213-6.
Watanabe A, Sohail MA, Gomes DA, Hashmi A, Nagata J, et al. Inflammasome-mediated regulation of hepatic stellate cells. Am J Physiol Gastrointest Liver Physiol. 2009. Jun;296(6):G1248-57. 


Rogart JN, Nagata J, Nathanson MH, et al. Multiphoton imaging can be used for microscopic examination of intact human gastrointestinal mucosa ex vivo. Clin Gastroenterol Hepatol. 2008 Jan;6(1):95-101. 

Minagawa N, Nagata J, Nathanson MH, et al. Cyclic AMP regulates bicarbonate secretion in cholangiocytes through release of ATP into bile. Gastroenterology. 2007 Nov;133(5):1592-602. 


続きを見る

永田 淳先生 の所属する医療機関

産業医科大学若松病院

TEL: 093-761-0090

産業医科大学若松病院

福岡県北九州市若松区浜町1丁目17-1

JR筑豊本線(若松線)「若松駅」 徒歩15分

- - -

受付時間: 8:30〜11:00 13:00〜14:30 一部診療科紹介予約制 科により異なる 開学記念日(4/28)休診 臨時休診あり

診療科目: 内科 血液内科 外科 脳神経外科 小児科 整形外科 皮膚科 泌尿器科 婦人科 眼科 耳鼻咽喉科 リハビリテーション科 放射線科 麻酔科