独立行政法人国立病院機構 西埼玉中央病院  院長、東京慈恵会医科大学 外科学講座 客員教授

日本外科学会 外科専門医・指導医 日本消化器外科学会 消化器外科専門医・消化器外科指導医・消化器がん外科治療認定医 日本消化器病学会 消化器病専門医・消化器病指導医 日本内視鏡外科学会 技術認定取得者(消化器・一般外科領域) 日本消化管学会 胃腸科専門医 日本食道学会 食道科認定医 日本医師会 認定産業医

小村 伸朗 おむら のぶお 先生

基本情報

診療科・主な得意領域

  • 消化器外科
  • 消化管外科(食道・胃外科) 
  • 腹腔鏡下手術

資格・学会・役職

日本外科学会 外科専門医・指導医
日本消化器外科学会 消化器外科専門医・消化器外科指導医・消化器がん外科治療認定医
日本消化器病学会 消化器病専門医・消化器病指導医
日本内視鏡外科学会 技術認定取得者(消化器・一般外科領域)
日本消化管学会 胃腸科専門医
日本食道学会 食道科認定医
日本医師会 認定産業医
  • 独立行政法人国立病院機構 西埼玉中央病院  院長
  • 東京慈恵会医科大学 外科学講座 客員教授
  • 医学博士 取得
  • 日本消化器外科学会 評議員
  • 日本臨床外科学会 評議員
  • 日本内視鏡外科学会 評議員
  • 日本消化器病学会 評議員/胃食道逆流症(GERD)ガイドライン作成委員会委員
  • 日本消化管学会 評議員/和文誌編集委員会委員/学術企画委員会委員
  • 日本食道学会 評議員/食道アカラシア取扱規約委員会委員/教育委員会委員/食道アカラシア取扱い英文規約委員会委員長/機関誌Esophagus Reviewer
  • 単孔式内視鏡手術研究会 世話人
  • 所沢消化器疾患セミナー 世話人
  • 埼玉上部消化器癌研究会 世話人
  • 所沢市要保護児童対策協議会 代表者会議委員
  • 所沢市医師会  救急医療・第二次救急委員会委員/感染症・災害対策委員/病診連携委員会委員/周産期医療会議委員/脳卒中・心筋梗塞ネットワーク協議会委員
  • 国立病院機構 医療事故調査支援室長
  • 埼玉県西部地域保健医療・地域医療構想協議会 委員
  • 所沢市市民医療センター運営委員会 委員

所属病院

西埼玉中央病院

  • 内科 外科 精神科 神経内科 脳神経外科 小児科 整形外科 皮膚科 泌尿器科 産婦人科 眼科 耳鼻咽喉科 リハビリテーション科 放射線科 歯科 麻酔科 呼吸器内科 循環器内科 消化器内科 内分泌内科 代謝内科 頭頸部外科 病理診断科
  • 埼玉県所沢市若狭2丁目1671
  • 西武池袋線 小手指 徒歩20分 西武池袋線 狭山ヶ丘 徒歩20分 西武池袋線 小手指 バス(約7分):西埼玉中央病院行又は西埼玉中央病院・所沢ロイヤル病院前経由宮寺西行 西埼玉中央病院下車 徒歩20分 西武池袋線 狭山ヶ丘 ところバス(約7分):航空公園駅 西路線新所沢・三ケ島コース 西埼玉中央病院下車 徒歩20分 西武池袋線 小手指 バス(約7分):西埼玉中央病院行又は西埼玉中央病院・所沢ロイヤル病院前経由宮寺西行 西埼玉中央病院下車 徒歩20分 西武池袋線 狭山ヶ丘 ところバス(約7分):航空公園駅 西路線新所沢・三ケ島コース 西埼玉中央病院下車 徒歩20分
  • 04-2948-1111
公式ウェブサイト
西埼玉中央病院

医療記事

来歴等

略歴

1988年 東京慈恵会医科大学卒業
1994年 東京慈恵会医科大学大学院修了・医学博士取得
1999年 東京慈恵会医科大学外科講師
2010年 東京慈恵会医科大学外科准教授
2012年 東京慈恵会医科大学附属病院消化管外科診療部長
2014年 独立行政法人国立病院機構西埼玉中央病院 統括診療部長
2015年 同上 副院長
2018年 4月 同上 病院長
2018年 10月 東京慈恵会医科大学外科学講座 客員教授

論文

1)Omura N, Kashiwagi H, Chen G, Suzuki Y, Yano F, Aoki T. Establishment of surgically induced chronic acid reflux esophagitis in rats. Scand J Gastroenterol 1999;34:948-53.
2)Omura N, Kashiwagi H, Yano F, Tsuboi K, Yanaga K. Characteristics of symptomatic GERD in Japanese patients based on 24-h pH monitoring. J Gastroenterol 2005;40:791-5.
3)Omura N, Kashiwagi H, Ishibashi Y, Yano F, Tsuboi K, Kawasaki N, et al. Laparoscopic Heller myotomy and Dor fundoplication for the treatment of achalasia: assessment in relation to morphologic type. Surg Endosc 2006;20:210-3.
4)Omura N, Kashiwagi H, Tsuboi K, Ishibashi Y, Kawasaki N, Yano F, et al. Therapeutic effects of a laparoscopic Heller myotomy and Dor fundoplication on the chest pain associated with achalasia. Surg Today 2006;36:235-40.
5)Omura N, Kashiwagi H, Yano F, Tsuboi K, Ishibashi Y, Kawasaki N, et al. Prediction of recurrence after laparoscopic fundoplication for erosive reflux esophagitis based on anatomy-function-pathology (AFP) classification. Surg Endosc 2007;21:427-30.
6)Omura N, Kashiwagi H, Yano F, Tsuboi K, Hoshino M, et al.Effect of laparoscopic esophagomyotomy on chest pain associated with achalasia and prediction of therapeutic outcomes. Surg Endosc 2011;25:1048-53.
7)Omura N, Kashiwagi H, Yano F, Tsuboi K, Yanaga K. Study of reoperations for esophageal achalasia. Surg Today 2012;42: 1078-81.
8)Omura N, Yano F, Tsuboi K, Hoshino M, Yamamoto SR, Akimoto S, et al. Short-term surgical outcomes of reduced port surgery for esophageal achalasia. Surg Today. 2015;45:1139-43.
9)Omura N, Yano F, Tsuboi K, Hoshino M, Yamamoto SR, Akimoto S,
et al. Surgical results of laparoscopic Toupet fundoplication for gastroesophageal reflux disease with special reference to recurrence. Esophagus 2018;15:217-23.
10)Omura N, Tsuboi K, Yano F. Minimally invasive surgery for large hiatalhernia. Ann Gastroenterol Surg 2019;3:487-95.

著書

1)小村伸朗,柏木秀幸.胃切除術の種類.青木照明,羽生信義編.胃切除術後障害のマネジメント.大阪:医薬ジャーナル社,2000:14-24.
2)小村伸朗、矢野文章、柏木秀幸.Ⅰ食道疾患に対する内視鏡外科手術.良性疾患の手術.食道アカラシアの手術.北川雄光編.腹腔鏡下消化器外科手術 標準手技シリーズ.1.上部消化管.東京:株式会社メジカルビュー社,2015:2-13.
3)小村伸朗,矢野文章.E.各論 ①良性疾患 2.巨大食道裂孔ヘルニア.小澤壮治,木下芳一編.臨床食道学.東京:南江堂,2015:87-95.
4)小村伸朗.食道裂孔ヘルニア.柵瀨信太郎(監修).諏訪勝仁編.ヘルニアの外科.東京:南江堂,2017:332-42.
5)小村伸朗.食道アカラシア.日本消化器外科学会消化器外科専門医テキスト制作委員会(監).消化器外科専門医の心得.東京:株式会社杏林舎,2020:195-9.

その他

  • 【受賞】 東京慈恵会医科大学慈大賞,1988年

  • 【受賞】GERD研究会優秀奨励賞,1997年

  • 【受賞】東京都医師会奨励賞,1998年

  • 【受賞】ヒスタミンレセプター研究会奨励賞,1998年

  • 【受賞】日本実験潰瘍学会梅原賞,1998年

  • 【受賞】GERD研究会最優秀奨励賞,2000年

  • 【受賞】日本外科学会研究奨励賞,2007年

  • 【受賞】JDDW2013ポスター優秀演題賞,2013年

  • 【受賞】JDDW2014ポスター優秀演題賞,2014年

  • 【受賞】JDDW2015ポスター優秀演題賞,2015年

  • 【受賞】令和2年11月 JDDW2020 優秀演題賞

本ページにおける情報は、医師本人の申告に基づいて掲載しております。内容については弊社においても可能な限り配慮しておりますが、最新の情報については公開情報等をご確認いただき、またご自身でお問い合わせいただきますようお願いします。

なお、弊社はいかなる場合にも、掲載された情報の誤り、不正確等にもとづく損害に対して責任を負わないものとします。