胃・十二指腸

胃食道逆流症(いしょくどうぎゃくりゅうしょう)

胃食道逆流症とは

胃酸を多く含む胃内容物が食道内に逆流し、胸やけなどの症状をおこす疾患です。GERD(gastroesophageal reflex disease:ガード)とも呼ばれます。

胸やけや胃酸の上がってくるような感じ(呑酸)の症状があって胃カメラ検査を行うと食道にびらんや潰瘍が確認されることがあります。このようなびらんなどを伴うGERDを逆流性食道炎といいます。
しかし、食道にこれといった病変が見つからない方も多く、非びらん性胃食道逆流症(NERD)と呼びます。食道内への胃内容物の逆流はあるものの軽微であるために、びらんや潰瘍には至っていない状態であり、食道粘膜が胃酸に対して過敏だったり、胃酸が食道の上の方まで上がってきていたり(食道の上部は特に敏感な部分といわれています)するために症状が出るものと考えられています。

原因

もともと胃と食道の境目には胃の内容物が逆流しないように逆流防止装置があります。そのため通常は胃酸が食道に上がることはありません。この防止の装置とは食道の下部にある筋肉(下部食道括約筋)のことであり、食道と胃の境目を閉じるはたらきをすることで食道に胃酸が上がらないように維持されています。しかし食道裂孔ヘルニア(胃の一部が食道の方に飛び出てしまい食道と胃の境目が閉じにくくなる病態)など何かしらの原因により、この下部食道括約筋が一時的に緩んでしまうと、逆流を起こしてしまうのです。
一時的な下部食道括約筋の緩みは、脂肪を摂ったときに出るホルモンや、そのほかさまざまな食べ物によって影響を受けるといわれています。油っこい食事やアルコール、刺激のある食事を食べた後に胸やけが起こりやすいのはこのためだと考えられます。また食べ過ぎて胃が内容物でパンパンであったり、肥満があって腹圧がかかりやすかったりすると、より逆流が起こりやすくなります。

症状

胃食道逆流症(GERD)の代表的な症状は胸やけ、呑酸です。その他の症状としては胸の痛みや、飲み込みにくさ(嚥下障害:えんげしょうがい)、声のかすれ(嗄声:させい)、また慢性の咳などを訴えることもあります。ときに睡眠障害の症状が出現することがあります。

検査

問診

胸やけや呑酸などの胃酸の逆流を疑う症状について聴取していきます。慢性の咳や睡眠障害、嗄声などだけが症状として現れ、胸やけや呑酸の症状を伴わないこともあるため注意が必要です。

上部消化管内視鏡検査(胃カメラ)

口や鼻から内視鏡(胃カメラ)を挿入して、食道の粘膜の様子を直接観察します。びらん性GERD(逆流性食道炎)では、食道の下端に縦方向に走るびらんや潰瘍が認められ、その程度を診断することができます。日本では欧米と比較して程度の軽いものが多いとされています。

食道内pHモニタリング

胸やけや呑酸の症状があるにもかかわらず胃カメラでは食道にびらんや潰瘍を認めない非びらん性GERD(NERD)を疑うような場合に有効な検査です。食道内のpHを持続的に測ることで胃酸の逆流があるかどうかをチェックします。ただし、特殊な検査であるために必要に応じて限られた医療施設で行われている検査です。

治療

胃食道逆流症で起こる食道炎に対しては、胸やけや呑酸などの症状を軽減させることを目標として治療を行っていきます。胃食道逆流症の一番の原因は食道に逆流してくる胃酸であるため、第一選択で使用する薬はプロトンポンプ・インヒビター(PPI)という酸を抑える薬(制酸薬)です。
このPPIでの治療で効果が乏しいような場合には、投与の量や方法を変えてみたり、粘膜を保護する薬や他の制酸薬(H2-brockerと呼ばれる薬)を追加したりと工夫していきます。一旦症状の改善が得られても、薬をやめると再燃してしまうことも多くあり、PPIを継続して内服することもあります(維持治療)。
改善に乏しいNERDの場合では、漢方薬や消化管の運動を調整するための薬、また抗不安薬などを用いることもあります。

症状改善のために生活のなかでできることとして、肥満の改善(減量)、一度にたくさん食べることを避ける、油っこい食事を避ける、オレンジジュースなどの酸度の高い食品を避ける、睡眠をとるときには上半身を少し上げておく、などがあります。これらの心がけも薬での治療と同様に大切だとされています。長期にわたって継続することで内服薬を終了できることを目標としていきます。

2015年2月からは、これまでのPPIの他に新規の薬剤であるボノプラザン(タケキャブ®)も使用されるようになりました。これはP-CAB(カルシウムイオン競合型アシッドブロッカー)というものであり効果がより早く現れて、これまでのPPIに比べて効果に個人差が少ないという特徴があります。難治性や程度の重いGERDに対して効果が期待されています。

これらの治療を行っても症状がよくならない場合には手術治療が行われることもあり、主に腹腔鏡手術を行います。腹腔鏡手術は、お腹に開けた数か所の小さな穴から内視鏡や手術器具を挿入して行う手術で、噴門形成術などがあり、胃食道逆流を防止します。
ただし長期的には効果が不明確な点が多いとされているため、手術するかどうかは慎重に検討することが必要です。

また、胃癌などで胃の切除の手術を行っているような場合では、食道を障害する原因は胃酸ではなく胆汁や膵液などの十二指腸の内容液です。この場合には、蛋白分解酵素阻害薬(メシル酸化カモスタッド:フオイパン®)が使用されることがあります。

胃食道逆流症の記事を読む

もっとみる

胃食道逆流症の記事にご協力いただいている医師