Medical Noteとは

大人だけではない!赤ちゃんの胃食道逆流症―嘔吐や肺炎を繰り返すときは注意

  • #胃食道逆流症・GERD
  • #逆流性食道炎
  • タイアップ
  • 公開日:2016/12/26
  • 更新日:2016/12/26
大人だけではない!赤ちゃんの胃食道逆流症―嘔吐や肺炎を繰り返すときは注意

胃食道逆流症という病気は、かつて逆流性食道炎と同義語でしたが、現在ではより多彩な病態、症状を示すことがわかってきました。テレビや雑誌などで一度はこの病名を耳にしたことがある方も多いのではないでしょうか。

胃食道逆流症とは、胃の内容物が食道に逆流することで生じる様々な病態の総称です。コマーシャルなどの情報から「生活習慣が乱れた大人の病気」とイメージする方が多いかもしれませんが、胃食道逆流症は赤ちゃんや子どもに、より頻繁に起こります。赤ちゃんの胃食道逆流症は基本的に自然治癒しますが、まれに乳幼児突発性危急事態(ALTE)という危険な状態に陥ることがあるので、慎重にみていく必要があるといいます。今回は2記事にわたり、名古屋大学医学部附属病院小児外科教授の内田広夫先生と、同院小児外科講師の田井中貴久先生に、赤ちゃんによく起こる胃食道逆流症についてお話しいただきます。

最初に胃食道逆流症によって引き起こされる可能性が指摘されている「命にかかわること」についてご説明いただき、そして原因、症状、治療についてもご解説いただきました。

胃食道逆流症によって起こる危険性が高い「乳幼児突発性危急事態(ALTE)」とは?

胃食道逆流症自体はすぐに命にかかわる病気ではありません。しかし、胃食道逆流症が原因となり、赤ちゃんが乳幼児突発性危急事態(ALTE)という重篤な状態に陥ることがまれにあります。これには注意が必要です。

厚生労働省SIDS研究班の乳幼児突発性危急事態(ALTE)診断ガイドラインによると、乳幼児突発性危急事態(ALTE)とは「呼吸の異常、皮膚色の変化、筋緊張の異常、意識状態の変化のうちの1つ以上が突然発症」した状態です。乳幼児突然死症候群(SIDS:何の前触れもなく、突然1歳未満の乳児が死亡すること)の一歩手前の状態と考えられています。

その症状は赤ちゃんが突然死亡するのではないかとすら思わせるほど激しく、20秒以上呼吸が停止したり、体の色が青色や蒼白(または赤色)になったり、窒息や空嘔吐が起こります。

乳幼児突発性危急事態(ALTE)診断ガイドライン
乳幼児突発性危急事態(ALTE)診断ガイドライン(厚生労働省より)

乳幼児突発性危急事態(ALTE)が起こった場合は上図の基準にのっとった検査で原因を追究し、原因がわかればそれに対する治療を行います。

胃食道逆流症の治療の際は乳幼児突発性危急事態(ALTE)の危険性を常に考える

乳幼児突発性危急事態(ALTE)は特定の疾患ではなく、乳幼児に突然起こる症状の一つとされていますが、これは胃食道逆流症が原因となって生じるケースが最も多いことがわかっています。

そのため、我々は胃食道逆流症の赤ちゃんを治療するにあたり、乳幼児突発性危急事態(ALTE)が起きることがないかを慎重にみていきます。

胃食道逆流症の病態、原因、症状、治療について

そもそも食べ物はどのようにして胃に運ばれるのか?

胃食道逆流症についてお話しするにあたり、まずは胃の逆流防止機能についてご説明します。

人が食べ物を飲み込むと、食物は食道を通って胃へ送られます。食物が胃へ送られた後は、下部食道括約筋(胃との結合部:LES)がしっかり閉じて、胃液や胃の内容物が食道へ逆流しないようになっています。逆立ちしても胃の内容物が戻ってこないのは、この下部食道括約筋が働いているためです。また胃が動くときには下部食道括約筋がしっかりと閉じ、胃が休んでいるときは少し開くような調節をすることで、食道への逆流が起きないようになっています。

下部食道括約筋の働き
下部食道括約筋の働き

胃食道逆流症とはどんな病気?

胃に入った食べ物が食道に「逆流」する

ところが、力んだりして一時的にお腹の圧が高くなったり、何らかの原因で下部食道括約筋の機能が弱まると、胃の内容物や胃酸を胃内に留めることができず、胃の内容物や胃酸が頻繁に食道に逆流してしまいます。また、通常であれば物を飲み込むときのみに弛緩する下部食道括約筋が、物を飲み込んでいないにも関わらず胃の蠕動とともに緩んだときにもやはり逆流が生じます。この状態を「胃食道逆流現象(GER)」と呼び、胃食道逆流現象が慢性的に生じた結果生じた異常の総称を「胃食道逆流症(GERD: Gastro Esophageal Reflux Disease)」といいます。

赤ちゃんの胃食道逆流症―大人だけの病気ではない

胃食道逆流症は大人のみならず赤ちゃんも発症する病気です。

テレビのコマーシャルやインターネット上では、胃食道逆流症は「食べ過ぎ」「飲みすぎ」「肥満」「喫煙」「ストレス」などが原因となって発症するという情報がよく見受けられます。

そのため、胃食道逆流症は大人がかかる病気とイメージされている方も多いのではないでしょうか。しかし、実際には赤ちゃんや幼児にも非常によくみられる病気です。まずはこのことを知っておいていただきたいと考えます。

赤ちゃんの胃食道逆流症の原因は?

筋肉が未発達であるため逆流が起こりやすく、健常児にも多くみられる

胃食道逆流症の原因は上記に挙げた生活習慣の問題以外にも様々なものがあり、生まれつき下部食道括約筋の働きに障害がある場合や、食道や胃の機能が未発達な場合にも逆流が起こります。

赤ちゃんは、健康であっても食道や胃の筋肉が未発達で、不適切なときに噴門(食道と胃のつなぎ目)が弛緩することがあります。そのため、しばしば胃酸や胃の内容物が食道へ逆流します。

具体的な例としては、赤ちゃんを横向きの体勢で抱きかかえて授乳したり、授乳後すぐに寝かせたりした場合、重力の作用がなくなるので逆流が起こりやすくなり、飲んだばかりのミルクを嘔吐することがよくみられます。また授乳量が多すぎたり、お母さんがカフェインを摂取していて母乳にカフェインの成分が含まれている場合も逆流が生じやすいといわれています。

赤ちゃんの胃食道逆流症で治療が必要な場合はどんなとき?

胃食道逆流は乳児期に非常によくみられますが、成長とともに下部食道の距離が発達するため、多くの場合は自然に改善します。しかし胃食道逆流が24時間のうち合計1時間以上みられる場合は要注意で、経過を観察しているうちに治療が必要となる場合があります。

胃食道逆流症は赤ちゃんの成長に影響を及ぼす

なぜ逆流が多いと治療が必要なのでしょうか。その理由は、赤ちゃんの胃食道逆流症を放置すると成長障害につながる恐れがあるからです。

また、長時間食道が胃酸にさらされたり、逆流した胃酸や胃の内容物が食道の中に停滞していると、様々な病気の発症につながります。

これらのことから、逆流が多い場合には治療を検討する必要があると考えます。

赤ちゃんの胃食道逆流症の症状は?

胃食道逆流症による症状には個人差があります。最もわかりやすい症状は嘔吐ですが、何回も嘔吐する方もいれば、それほど嘔吐しない方もいます。

その他、下記のような症状が現れることがありますが、どの症状が出るかは個人差が大きく、一概に述べることはできません。

  • 神経過敏
  • 哺乳障害
  • 体をねじったり不自然な姿勢をとったりする
  • 耳が痛む
  • 声がかれる
  • しゃっくりがでる
  • 副鼻腔炎
  • 鉄欠乏性貧血
  • 食道狭窄

など

胃食道逆流症から発生しやすい「気管支炎」「肺炎」に注意

胃食道逆流症の赤ちゃんは、繰り返し気管支炎や肺炎を起こすという特徴があります。これらは逆流した胃の内容物が気管に入ることで起こります。また、胃の内容物を大量に吸い込むと窒息したり、食道内に逆流してきた胃酸(塩酸)の刺激によって心臓の拍動が遅くなり、ひどい場合には心停止することもあります。

胃食道逆流症の検査

食道内圧検査、食道透視検査、食道内視鏡検査など

一般的には食道内圧検査、食道透視検査、24時間食道内pH検査、食道内視鏡検査など様々な検査が行われます。

胃食道逆流症の診断に特に重要な検査が、pHモニターを用いた食道pHモニタリング検査(24時間食道内pH検査)です。

この検査では、小型のセンサーつきのカテーテル(管)を鼻から挿入して、1日(24時間)放置します。センサーは食道と胃の2か所に設置し、この状態で食道および胃のpH濃度を連続記録します。胃液はpHが低いので、食道に設置したセンサーに胃液が触れると、グラフが下がる仕組みになっています。

pHモニタリング検査のグラフイメージ
pHモニタリング検査のグラフイメージ
(上段赤線:胃の24時間測定結果、下段青線:食道の24時間測定結果)

24時間を100%としたとき、何%の時間に胃液の逆流がみられたかを調べることで胃食道逆流の程度が判明します。4%(1日1時間程度)以上pHが下がっていることが確認できれば、異常な状態と診断されます。

また、食道炎や食道潰瘍、食道狭窄の程度を調べるために、食道内視鏡検査を行う場合もあります。

こうした様々な検査の組み合わせから、逆流が病的なものか、標準範囲であるかを診断していきます。

胃食道逆流症発見のポイント

嘔吐、肺炎、虫歯には注意して

胃食道逆流症では決まった症状が現れず、また赤ちゃんは自分の状態を言葉で訴えることができないため、この病気を発見するのは容易ではありません。

名古屋大学病院にいらっしゃる胃食道逆流症の赤ちゃんの場合、何度も嘔吐する、あるいは肺炎を繰り返すなどの症状がみられたことで、小児科から紹介されるケースが多くみられます。これらの症状には注意が必要といえるでしょう。また、胃酸の逆流によって歯のエナメル質が溶けるため、虫歯ができやすいのも胃食道逆流症の特徴です。

これに加えて、重症心身障害児などが鼻管での栄養管理から胃瘻に移行する際に行われる食道pHモニタリング検査(24時間食道内pH検査)で判明することもあります。

1歳未満の乳児の場合は、前述した乳幼児突発性危急事態(ALTE)が重大なサインとなります。赤ちゃんが突然窒息し、息が止まったという際には必ず胃食道逆流症であるかどうかを調べることが大事です。

引き続き、記事2『胃食道逆流症の治療―重症心身障害児には手術をする場合もある』では胃食道逆流症の治療についてご紹介します。

 

内田 広夫

内田 広夫先生

名古屋大学大学院医学系研究科 小児外科学教授

圧倒的な小児内視鏡手術症例経験を持つ小児内視鏡外科のスペシャリスト。「成長・発達が著しい小児に対してこそ侵襲性の低い術式が求められる」と強く訴え、へその部分のみから手術を行う単孔式腹腔鏡下鼠径ヘルニア根治術を開発・導入し数多くの子どもを救ってきた。小児外科の教育制度の改革にも積極的に関与し、小児外科の将来を改善させるために尽力している。

田井中 貴久

田井中 貴久先生

名古屋大学医学部附属病院 小児外科講師

小児医療の拠点である名大病院で、新生児を含む重症・難治性疾患の外科治療に数多く携わる。特に肝胆膵疾患の経験が多く、2015年には東欧から来日した女児の先天性胆道拡張症再手術に成功。胸腔鏡・腹腔鏡を用いた侵襲度の低い内視鏡手術にも高い技量を持つ。将来の小児医療をさらに発展させるべく様々な角度から日々診療と研究を続けている。

関連する記事