新型コロナウイルス感染症特設サイトはこちら

名古屋大学医学部附属病院 光学医療診療部 病院助教

日本内科学会 総合内科専門医 日本肝臓学会 肝臓専門医 日本消化器病学会 消化器病専門医 日本消化器内視鏡学会 消化器内視鏡専門医

今井 則博 いまい のりひろ 先生

公開日
2020/05/21

基本情報

診療科・主な得意領域

  • 消化器内科

資格・学会・役職

日本内科学会 総合内科専門医
日本肝臓学会 肝臓専門医
日本消化器病学会 消化器病専門医
日本消化器内視鏡学会 消化器内視鏡専門医
  • 名古屋大学医学部附属病院 光学医療診療部 病院助教
  • 医学博士

所属病院

名古屋大学医学部附属病院

  • 内科 血液内科 リウマチ科 外科 精神科 神経内科 脳神経外科 呼吸器外科 消化器外科 腎臓内科 心臓血管外科 小児科 小児外科 整形外科 形成外科 皮膚科 泌尿器科 産婦人科 眼科 耳鼻咽喉科 リハビリテーション科 放射線科 歯科口腔外科 麻酔科 乳腺外科 呼吸器内科 循環器内科 消化器内科 総合診療科
  • 愛知県名古屋市昭和区鶴舞町65
  • JR中央本線(名古屋~塩尻)「鶴舞駅」 名大病院口側 徒歩3分 名古屋市営地下鉄鶴舞線「鶴舞駅」 徒歩8分 名古屋市営地下鉄東山線「栄駅」 栄18系統 妙見町行き 名大病院下車 バス
  • 052-741-2111
名古屋大学医学部附属病院

医療記事

来歴等

略歴

2005年 聖マリアンナ医科大学医学部医学科 卒業
2007年 名古屋共立病院 消化器内科 医員
2009年 虎の門病院 肝臓科 専攻医
2016年 名古屋大学大学院医学系研究科 卒業 医学博士取得
2016年 ブラザー記念病院 消化器内科 医長
2017年 米国Weill Cornell Medical College 消化器肝臓内科 博士研究員
2020年 名古屋大学医学部附属病院 光学医療診療部 病院助教

論文

  • Trimming the Fat: Acetyl-CoA Carboxylase Inhibition for the Management of NAFLD. Hepatology. 2018 Dec;68(6):2062-2065.

    Imai N, Cohen DE

  • Hepatocyte-Specific Depletion of Ubiquitin Regulatory X Domain Containing Protein 8 (UBXD8) Accelerates Fibrosis in a Mouse Non-Alcoholic Steatohepatitis Model. Histochem Cell Biol. 2017 Sep;148(3):219-227.

    Imai N, Suzuki M, Ishizu Y, Honda T, Hayashi K, Ishigami M, Hirooka Y, Ishikawa T, Goto H, Fujimoto T

  • Hepatocyte-Specific Depletion of UBXD8 Induces Periportal Steatosis in Mice Fed a High-Fat Diet. PLoS One. 2015 May 13;10(5):e0127114.

    Imai N, Suzuki M, Hayashi K, Ishigami M, Hirooka Y, Abe T, Shioi G, Goto H, Fujimoto T

  • Transarterial chemoembolization for hepatocellular carcinoma: A review of techniques. World J Hepatol. 2014 Dec 27;6(12):844-50.

    Imai N, Ishigami M, Ishizu Y, Kuzuya T, Honda T, Hayashi K, Hirooka Y, Goto H

  • An Increase in Lesion Density Can Predict Lower Local Recurrence After Transarterial Chemoembolization in Patients With Hepatocellular Carcinoma. Hepatogastroenterology. 2013 Feb 20;60(127).

    Imai N, Katano Y, Kuzuya T, Honda T, Hayashi K, Ishigami M, Itoh A, Hirooka Y, Goto H

  • Transcatheter Arterial Chemotherapy with Miriplatin for Hepatocellular Carcinoma Patients with Chronic Renal Failure - Report of Three Cases. GUT Liver. 2013 Mar;7(2):246-51.

    Imai N, Ikeda K, Seko Y, Kawamura Y, Sezaki H, Hosaka T, Akuta N, Kobayashi M, Saitoh S, Suzuki F, Suzuki Y, Arase Y, Kumada H

  • Transcatheter arterial chemotherapy using miriplatin-lipiodol suspension with or without embolization for unresectable hepatocellular carcinoma. Jpn J Clin Oncol. 2012 Mar;42(3):175-82.

    Imai N, Ikeda K, Kawamura Y, Sezaki H, Hosaka T, Akuta N, Kobayashi M, Saitoh S, Suzuki F, Suzuki Y, Arase Y, Kumada H

  • Previous chemoembolization response after transcatheter arterial chemoembolization (TACE) can predict the anti-tumor effect of subsequent TACE with miriplatin in patients with recurrent hepatocellular carcinoma. Oncology. 2011;80(3-4):188-94.

    Imai N, Ikeda K, Seko Y, Kawamura Y, Sezaki H, Hosaka T, Akuta N, Kobayashi M, Saitoh S, Suzuki F, Suzuki Y, Arase Y, Kumada H

  • Transcatheter arterial chemotherapy with miriplatin for patients with hepatocellular carcinoma and chronic renal failure. Nihon Shokakibyo Gakkai Zasshi. 2011 Nov;108(11):1872-8.

    Imai N, Ikeda K, Seko Y, Matsumoto N, Kawamura Y, Hosaka T, Kobayashi M, Saitoh S, Sezaki H, Akuta N, Suzuki F, Suzuki Y, Arase Y, Kumada H

  • A case of metastatic pancreatic cancer with a remarkable response to combination therapy of gemcitabine and adoptive immune cell therapy. Gan To Kagaku Ryoho. 2010 Mar;37(3):527-9.

    Imai N, Takeda K, Utsunomiya S, Taga M, Kawata N, Ikeda T, Mizutani Y, Hirose K, Ishikawa T, Yoshida S

  • High incidence of colonic perforation during colonoscopy in hemodialysis patients with end-stage renal disease. Clin Gastroenterol Hepatol. 2010 Jan;8(1):55-9.

    Imai N, Takeda K, Kuzuya T, Utsunomiya S, Takahashi H, Kasuga H, Asai M, Yamada M, Tanikawa Y, Goto H

著書

  • 今井則博, 池田健次, ケースカンファレンス, 肝癌スクリーニングフローチャート, 各種モダリティの長所と短所, EOB-MRI肝細胞相でのみ低信号結節として指摘できる病変の診断, 肝動脈化学塞栓療法(TACE) 他, 肝癌診療ハンドブック ケースで学ぶ集学的治療のコツとセンス, 南江堂 2012年

  • 今井則博, 荒瀬康司, 劇症肝炎, 病気がみえる vol. 1 消化器 第4版, メディックメディア 2010年

その他

  • 【受賞】2019 Best Poster Award, Postdoc Research Day, Weill Cornell Medicine, The Postdoctoral Association

  • 【受賞】2019 American Heart Association Postdoctoral Fellowship, American Heart Association

  • 【受賞】2018 Irwin M. Arias, MD Postdoctoral Research Fellowship Award, American Liver Foundation

  • 【受賞】2016 International Meeting Travel Award, The Japan Society of Hepatology

  • 【受賞】2016 SEIIKAI Scholarship Award, St. Marianna University School of Medicine, Alumni

  • 【受賞】2015 Presidential Poster of Distinction, American Association for the Study of Liver Diseases, The Liver Meeting

  • 【受賞】2015 International Young Investigator Travel Award, American Association for the Study of Liver Diseases

  • 【受賞】2015 Young Investigator Award of Nagoya University Internal Medicine

  • 【受賞】2015 Best Poster Award, the 120th annual meeting of the Japanese Association of Anatomists

本ページにおける情報は、医師本人の申告に基づいて掲載しております。内容については弊社においても可能な限り配慮しておりますが、最新の情報については公開情報等をご確認いただき、またご自身でお問い合わせいただきますようお願いします。

なお、弊社はいかなる場合にも、掲載された情報の誤り、不正確等にもとづく損害に対して責任を負わないものとします。