新型コロナウイルス感染症特設サイトはこちら

名古屋大学大学院医学系研究科 小児外科学教授

日本小児外科学会 小児外科指導医・小児外科専門医 日本外科学会 指導医・外科専門医 日本内視鏡外科学会 技術認定取得者(小児外科領域)

内田 広夫 うちだ ひろお 先生

圧倒的な小児内視鏡手術症例経験を持つ小児内視鏡外科のスペシャリスト。「成長・発達が著しい小児に対してこそ侵襲性の低い術式が求められる」と強く訴え、へその部分のみから手術を行う単孔式腹腔鏡下鼠径ヘルニア根治術を開発・導入し数多くの子どもを救ってきた。小児外科の教育制度の改革にも積極的に関与し、小児外科の将来を改善させるために尽力している。

基本情報

診療科・主な得意領域

  • 小児外科
  • 内視鏡外科
  • 新生児外科
  • 肝胆膵外科
  • 腫瘍外科

資格・学会・役職

日本小児外科学会 小児外科指導医・小児外科専門医
日本外科学会 指導医・外科専門医
日本内視鏡外科学会 技術認定取得者(小児外科領域)
  • 名古屋大学大学院医学系研究科 小児外科学教授
  • 医学博士 取得
  • 日本小児外科学会 評議員
  • 日本外科学会 代議員
  • 日本小児がん 認定外科医
  • IPEG (International Pediatric Endosurgery Group) Membership Committee 会員

所属病院

名古屋大学医学部附属病院

  • 内科 血液内科 リウマチ科 外科 精神科 神経内科 脳神経外科 呼吸器外科 消化器外科 腎臓内科 心臓血管外科 小児科 小児外科 整形外科 形成外科 皮膚科 泌尿器科 産婦人科 眼科 耳鼻咽喉科 リハビリテーション科 放射線科 歯科口腔外科 麻酔科 乳腺外科 呼吸器内科 循環器内科 消化器内科 総合診療科
  • 愛知県名古屋市昭和区鶴舞町65
  • JR中央本線(名古屋~塩尻)「鶴舞駅」 名大病院口側 徒歩3分 名古屋市営地下鉄鶴舞線「鶴舞駅」 徒歩8分 名古屋市営地下鉄東山線「栄駅」 栄18系統 妙見町行き 名大病院下車 バス
  • 052-741-2111
名古屋大学医学部附属病院

医療記事

来歴等

略歴

1989年 東京大学医学部 卒業
2001年 東京大学大学院医学系研究科 卒業
2001年 獨協医科大学越谷病院小児外科講師
2003年 埼玉県立小児医療センター小児外科医長
2009年 埼玉県立小児医療センター小児外科科長
2010年 埼玉県立小児医療センター小児外科科長兼部長
2013年 名古屋大学大学院医学系研究科 小児外科学教授

論文

1. Tanaka Y, Uchida H, Kawashima H, et al. More than one-third of successfully nonoperatively treated patients with complicated appendicitis experienced recurrent appendicitis: Is interval appendectomy necessary? J Pediatr Surg. 2016;09.17. DOI: 10.1016/j.pedsurg.2016.09.07
2. Shirota C, Uchida H, Ono Y, et al. Long-term outcomes after revision of Kasai portoenterostomy for biliary atresia. J Hepatobiliary Pancreat Sci. 2016. 2016 Sep 3. doi: 10.1002/jhbp.395.
3. Tanaka Y, Uchida H, Kawashima H, K, et al. Long-term outcomes of operative versus nonoperative treatment for uncomplicated appendicitis. J Pediatr Surg. 2015;50:1893-7.
4. Murase N, Uchida H, Ono Y, Tainaka T, Yokota K, Tanano A, et al. A New Era of Laparoscopic Revision of Kasai Portoenterostomy for the Treatment of Biliary Atresia. Biomed Res Int. 2015;2015:173014.
5. Amano H, Uchida H, Kawashima H, Deie K, Murase N, Makita S, et al. The umbilical benz incision for reduced port surgery in pediatric patients. JSLS. 2015;19:2014.00238.
6. Tanaka Y, Uchida H, Kawashima H, Sato K, Takazawa S, Jimbo T, et al. Successful two-stage thoracoscopic repair of long-gap esophageal atresia using simple internal traction and delayed primary anastomosis in a neonate: report of a case. Surg Today. 2013;43:906-9.
7. Deie K, Uchida H, Kawashima H, Tanaka Y, Masuko T, Takazawa S. Single-incision laparoscopic-assisted appendectomy in children: exteriorization of the appendix is a key component of a simple and cost-effective surgical technique. Pediatr Surg Int. 2013;29:1187-91.
8. Uchida H, Kawashima H, Goto C, Sato K, Yoshida M, Takazawa S, et al. Inguinal hernia repair in children using single-incision laparoscopic-assisted percutaneous extraperitoneal closure. J Pediatr Surg. 2010;45:2386-9.

その他

  • 【受賞】2001年 関湊賞(獨協医科大学研究助成) 新規生体内生理活性物質MAY-Iの同定とその臨床応用のための基礎的実験

本ページにおける情報は、医師本人の申告に基づいて掲載しております。内容については弊社においても可能な限り配慮しておりますが、最新の情報については公開情報等をご確認いただき、またご自身でお問い合わせいただきますようお願いします。

なお、弊社はいかなる場合にも、掲載された情報の誤り、不正確等にもとづく損害に対して責任を負わないものとします。