新型コロナウイルス感染症特設サイトはこちら

産業医科大学若松病院 病院長、産業医科大学 整形外科学 教授

日本整形外科学会 整形外科専門医 日本骨粗鬆症学会 認定医

酒井 昭典 さかい あきのり 先生

基本情報

診療科・主な得意領域

  • 整形外科
  • 手外科
  • 四肢外傷

資格・学会・役職

日本整形外科学会 整形外科専門医
日本骨粗鬆症学会 認定医
  • 医学博士 取得
  • 日本整形外科学会 代議員
  • 日本手外科学会 理事/認定専門医
  • 日本末梢神経学会 理事
  • 日本骨粗鬆症学会 理事
  • 日本骨形態計測学会 理事
  • 産業医科大学若松病院 病院長
  • 産業医科大学 整形外科学 教授

所属病院

産業医科大学若松病院

  • 内科 小児科 外科 整形外科 脳神経外科 ⽪膚科 泌尿器科 産婦人科 眼科 ⽿⿐咽喉科 リハビリテーション科 放射線科 ⿇酔科
  • 福岡県北九州市若松区浜町1丁目17-1
  • 若松線「若松駅」 市営バス:産業医科大学若松病院下車(敷地内)  または市営バス、西鉄バス 若松区役所前下車 徒歩3分 徒歩15分
  • 093-761-0090
産業医科大学若松病院

医療記事

来歴等

略歴

1986年 産業医科大学医学部卒業
1990年 カナダ・オタワ大学医学部留学
1992年 産業医科大学大学院卒業 医学博士取得
1992年 産業医科大学整形外科 講師
2001年 産業医科大学整形外科 助教授
2007年 産業医科大学整形外科 准教授
2014年 産業医科大学整形外科 教授
2017年 産業医科大学若松病院 病院長

論文

1) Sakai A, et al. Short-term efficacy and safety of collagenase injection for Dupuytren’s contracture: Therapy protocol for successful outcomes in a clinical setting. J Orthop Sci. 2018 [Epub ahead of print].
2) Yamanaka Y, Sakai A, et al. Effect of estradiol on fibroblasts from postmenopausal idiopathic carpal tunnel syndrome patients. J Cell Physiol. 2018; 233(11): 8723-8730.
3) Tajima T, Sakai A, et al. Pisiform malalignment associated with distal radius fractures. J Orthop Sci. 2018; 23(3): 511-515.
4) Tajima T, Sakai A, et al. Cortical bone loss due to skeletal unloading in aldehyde dehydrogenase 2 gene knockout mice is associated with decreased PTH receptor expression in osteocytes. Bone. 2018; 110: 254-266.
5) Tsukamoto M, Sakai A, et al. Findings as a starting point to unravel the underlying mechanisms of in vivo interactions involving Wnt10a in bone, fat and muscle. Bone. 2018; 120: 75-84.
6) Tsukamoto M, Sakai A, et al. Systemic bone loss, impaired osteogenic activity and type I muscle fiber atrophy in mice with elastase-induced pulmonary emphysema: Establishment of a COPD-related osteoporosis mouse model. Bone. 2018; 120: 114-124.
7) Hatakeyama A, Sakai A, et al. Predictors of poor clinical outcome after arthroscopic labral preservation, capsular plication, and cam osteoplasty in the setting of borderline hip dysplasia. Am J Sports Med. 2018; 46(1): 135-143.
8) Murata Y, Sakai A, et al. Synovial mesenchymal stem cells derived from the cotyloid fossa synovium have higher self-renewal and differentiation potential than those from the paralabral synovium in the hip joint. Am J Sports Med. 2018; 46(12): 2942-2953.
9) Hirata H, Sakai A, et al. Efficacy and safety of collagenase Clostridium histolyticum injection for Dupuytren’s contracture in non-Caucasian Japanese patients (CORD-J Study): the first clinical trial in a non-Caucasian population. J Hand Surg Eur. 2017; 42(1): 30-38.
10) Okuma KF, Sakai A, et al. Disruption of the aldehyde dehydrogenase 2 gene results in no increase in trabecular bone mass due to skeletal loading in association with impaired cell cycle regulation through p21 expression in the bone marrow cells of mice. Calcif Tissue Int. 2017; 101(3): 328-340.

著書

OS NEXUS 高齢者上肢骨折に対する手術 橈骨遠位端骨折の治療方針、メジカルビュー社(株)、2018年
骨折の治療指針とリハビリテーション、南江堂、2017年
今日の治療指針 橈骨遠位端骨折、医学書院、2017年
今日の整形外科治療指針 MP関節脱臼・PIP関節脱臼骨折、医学書院、2016年
骨粗鬆症患者の骨折治療、真興交易(株)医書出版部、2014年

その他

  • 【受賞】 整形災害外科学研究助成財団 ジンマー・ジャパン奨励賞、1998年

  • 【受賞】日本整形外科学会 奨励賞、2002年

  • 【受賞】日本骨粗鬆症学会 研究奨励賞、2008年

  • 【受賞】福岡県医師会 福岡県医学会賞、2011年

  • 【受賞】日本骨代謝学会 学術賞、2015年

  • 【受賞】日本骨粗鬆症学会 森井賞、2016年

本ページにおける情報は、医師本人の申告に基づいて掲載しております。内容については弊社においても可能な限り配慮しておりますが、最新の情報については公開情報等をご確認いただき、またご自身でお問い合わせいただきますようお願いします。

なお、弊社はいかなる場合にも、掲載された情報の誤り、不正確等にもとづく損害に対して責任を負わないものとします。