新型コロナウイルス感染症特設サイトはこちら

横須賀市立市民病院 関節外科・人工関節センター 診療部長・人工関節センター長

日本整形外科学会 整形外科専門医・認定運動器リハビリテーション医

石川 博之 いしかわ ひろゆき 先生

1994年に横浜市立大学医学部卒業。1999年に学位取得。2009年、横浜市立大学整形外科助教、翌年に同大学整形外科医局長を経て、2011年に横須賀市立市民病院関節外科・人工関節センター科長、2019年に同病院関節外科診療部長・人工関節センター長に就任。

基本情報

診療科・主な得意領域

  • 整形外科
  • 膝関節

資格・学会・役職

日本整形外科学会 整形外科専門医・認定運動器リハビリテーション医
  • 横須賀市立市民病院 関節外科・人工関節センター 診療部長・人工関節センター長
  • 日本関節鏡・膝・スポーツ整形外科学会 所属
  • 日本Knee Osteotomy フォーラム 会員
  • Japan-Korea Knee Osteotomy Symposium 会員
  • 三浦半島整形外科 カンファランス

所属病院

横須賀市立市民病院

  • 内科 血液内科 リウマチ科 外科 精神科 神経内科 脳神経外科 消化器外科 腎臓内科 心臓血管外科 小児科 整形外科 形成外科 皮膚科 泌尿器科 肛門科 産科 婦人科 産婦人科 眼科 耳鼻咽喉科 リハビリテーション科 放射線科 歯科口腔外科 麻酔科 乳腺外科 呼吸器内科 循環器内科 消化器内科 糖尿病内科 内分泌内科 脳神経内科 肛門外科 病理診断科
  • 神奈川県横須賀市長坂1丁目3-2
  • 京急久里浜線「三崎口駅」 横須賀市民病院行き 横須賀市民病院下車 バス20分 JR横須賀線「逗子駅」 横須賀市民病院行き 横須賀市民病院下車 バス35分
  • 046-856-3136
横須賀市立市民病院

医療記事

来歴等

略歴

1994年 横浜市立大学医学部 卒業
1999年 横浜市立大学大学院修了 学位取得
1999年 横浜掖済会病院
2000年 横須賀北部共済病院
2003年 横浜市立大学 助手
2005年 三浦市立病院 医長
2008年 神奈川県立汐見台病院 医長
2009年 横浜市立大学 助教
2010年 横浜市立大学 整形外科 医局長
2011年 横須賀市立市民病院 関節外科・人工関節センター 科長
2019年 横須賀市立市民病院 関節外科・人工関節センター 診療部長/人工関節センター長

論文

  • 大腿四頭筋エキセントリックトレーニングによるMRI像, 筋力, 血液生化学の経時的変化. 臨床スポーツ医学,Vol.16, No.5:605-610, 1999.

    石川博之, 腰野富久, 斎藤知行, 竹内良平, 瀧上秀威,村瀬知男

  • Effect of collagen gel mixed with hydroxyapatite powder on interface between newly formed bone and grafted Achilles tendon in rabbit femoral bone tunnel. Biomaterials 22(12): 1689-1694, 2001(学位論文)

    Ishikawa H, Koshino T, Takeuchi R, Saito T

  • 術後28年目に破損による膝内反変形を呈したためヒンジ型人工膝関節の再置換術を施行した変形性膝関節症の1例.関東膝を語る会会誌,21(1):1,2005.

    石川博之,竹内良平,高橋 晃,林 毅,宮坂康之,馬場紀行,齋藤知行,三橋成行

  • AO Tomofix Plate Systemを用いたopen wedge HTOにおける工夫と合併症の検討.中部日本整形外科災害外科学会雑誌,52(1):99-100,2009.

    石川博之、天門永春、折戸啓介、竹内良平、齋藤知行

  • Medial opening wedge high tibial osteotomy with early full weight bearing. Arthroscopy 25(1):46-53, 2009.

    Takeuchi R, Ishikawa H, Aratake M, Bito H, Saito I, Kumagai K, Akamatsu Y, Saito T.

  • Cross-cultural adaptation and validation of the Oxford 12-item knee score in Japanese. Arch Ortop Trauma Surg. Feb 131(2) 247-54, 2011.

    Takeuchi R, Sawaguchi T, Nakamura N, Ishikawa H, Saito T, Goldhahn S

  • Low-intensity pulsed ultrasound accelerates fracture healing by stimulation of recruitment of both local and circulating osteogenic progenitors. Journal of Orthopaedic Research 30(9):1516-21, 2012

    Kumagai K, Takeuchi R, Ishikawa H, Saito T

  • Fractures Around the Lateral Cortical Hinge Following a Medial Opening Wedge High Tibial Osteotomy: a New Classification of Lateral Hinge Fracture, Arthroscopy, 2012, 28 (1): 85-94.

    Takeuchi R, Ishikawa H, KumagaiK, Yamaguchi Y, Chiba N, AkamatsuY, SaitoT

  • A Novel Closed Wedge High Tibial Osteotomy Procedure to Treat Osteoarthritis of the Knee: Hybrid Technique and Rehabilitation Measures. Arthroscopy Tech. 2014, 7; 3(4), e.431-7.

    Takeuchi R. Ishikawa H, Miyasaka Y, Sasaki Y, Kuniya T, Tsukahara S

  • Primary stability of different plate positions and the role of bone substitute in open wedge high tibial osteotomy. Knee. 2017, 24: 1299-1306.

    Takeuchi R, Woon-Hwa J, Ishikawa H, Yamaguchi Y, Osawa K, Akamatsu Y, Kuroda K.

著書

本ページにおける情報は、医師本人の申告に基づいて掲載しております。内容については弊社においても可能な限り配慮しておりますが、最新の情報については公開情報等をご確認いただき、またご自身でお問い合わせいただきますようお願いします。

なお、弊社はいかなる場合にも、掲載された情報の誤り、不正確等にもとづく損害に対して責任を負わないものとします。