Img searchbox
膝

変形性膝関節症

変形性膝関節症
に関する情報を集めました

この病気の記事に協力していただいている先生

変形性膝関節症とは

変形性膝関節症とは、膝関節の軟骨がすり減ることにより慢性炎症や変形が生じ、膝に痛みが現れる疾患です。
膝の軟骨がすり減り表面が荒れてしまうため半月板が切れてしまうことも、逆の場合もあります。…… 続きはこちらの記事をご確認ください。

症状

1. 膝に痛みが現れる動作時痛
何かの動作を行った時に膝に痛みが現れます。特に、歩行時の最初の数歩や椅子から立ち上がるときに膝に痛みを感じることが多いです。中期や進行期になると、さらにいろいろな痛みの原因が現れるため、より強い痛みを感じると言われています。
関節包にある滑膜が炎症を起こすと、強い痛みが生じやすくなります。
2. 膝に水がたまり腫れる関節水腫
膝に水がたまる関節水腫(かんせつすいしゅ)を起こすことがあります。通常、人は立ち上がると膝のお皿と呼ばれる膝蓋骨の形が見えますが、関節水腫になると、たまった水により膝の輪郭がなくなり膝のお皿が見えなくなります。また、膝の中に限界まで水がたまると膝が曲げにくくなる点も特徴です。…… 続きはこちらの記事をご確認ください。

症状・治療法など

関連記事

病気検索に戻る