新型コロナウイルス感染症特設サイトはこちら

医療法人愛知会 家田病院 副院長・IBD部長

日本外科学会 外科専門医 日本大腸肛門病学会 大腸肛門病指導医

太田 章比古 おおた あきひこ 先生

1984年に北海道大学医学部を卒業後、総合病院にて消化器疾患の手術を担当する。1992年より、大学病院と並行して勤務していた家田病院にて、IBD(炎症性腸疾患)の患者さんと向き合い始める。家田病院に常勤医師として赴任後は、家田浩男理事長と共にIBD治療にまい進。現在は同院の副院長・IBD部長を務め、年間1000人以上の患者さんの治療にあたっている(2019年時点)。

太田先生のストーリー記事

IBD(炎症性腸疾患)の診療にかける思い
IBD(炎症性腸疾患)の診療にかける思い

患者さんに寄り添い、医療連携体制の構築にも尽力する太田章比古先生のストーリー

基本情報

診療科・主な得意領域

  • 肛門外科

資格・学会・役職

日本外科学会 外科専門医
日本大腸肛門病学会 大腸肛門病指導医
  • 医療法人愛知会 家田病院 副院長・IBD部長
  • 日本大腸肛門病学会 評議員
  • 日本臨床肛門病学会 技能指導医

所属病院

家田病院

  • 外科 胃腸科 肛門科
  • 愛知県豊田市畝部西町城ケ堀11-1
  • 愛知環状鉄道線 三河上郷 徒歩20分
  • 0565-21-0500
公式ウェブサイト
家田病院

来歴等

略歴

1984年 北海道大学医学部卒業
1984年 名古屋第二赤十字病院 外科勤務
1992年 名古屋大学医学部付属病院 第一外科勤務
1994年 医療法人愛知会 家田病院

論文

知っておきたい炎症性腸疾患の直腸肛門病変、胃と腸53巻7号、2018年
クローン病 肛門部病変のすべて ─診断から治療まで─ 「難治性炎症性腸管障害に関する調査研究」平成30年度分担研究報告書

著書

肛門疾患の治療、Crohn病の肛門病変、中山書店
IBDチーム医療ハンドブック 肛門病変の手術と術後管理、文光堂、2012年

本ページにおける情報は、医師本人の申告に基づいて掲載しております。内容については弊社においても可能な限り配慮しておりますが、最新の情報については公開情報等をご確認いただき、またご自身でお問い合わせいただきますようお願いします。

なお、弊社はいかなる場合にも、掲載された情報の誤り、不正確等にもとづく損害に対して責任を負わないものとします。

他の医師を見る

同じ所属病院の医師