湘南厚木病院 肝胆膵外科 無輸血外科治療外科 部長

日本外科学会 外科専門医・指導医 日本消化器外科学会 消化器外科専門医・消化器外科指導医・消化器がん外科治療認定医 日本肝胆膵外科学会 肝胆膵外科高度技能専門医

川元 俊二 かわもと しゅんじ 先生

輸血を受けられない患者さんの声から無輸血外科治療の道へ

1983年に熊本大学医学部を卒業後、消化器外科医としてのキャリアを歩み始める。肝臓移植を学びたいとの思いから、オーストラリアへ留学。当地でエホバの証人の方から、「宗教上の理由により輸血が受けられない」という話を聞いたことがきっかけで、無輸血外科治療に興味を持つ。1996年からは、福岡徳洲会病院にて、宗教上の理由や様々な免疫反応、感染症の予防的観点から輸血を希望しない患者さんに対して、無輸血外科治療の実践を開始する。現在は、湘南厚木病院の肝胆膵外科にて無輸血外科治療を提供している。

川元先生のストーリー記事

医療は永遠に不完全なものである
医療は永遠に不完全なものである

後悔と反省を繰り返しながら、無輸血外科治療に取り組む川元俊二先生のストーリー

基本情報

診療科

  • 消化器外科

主な領域

  • 消化器がん
  • 肝胆膵領域がん
  • 肝胆膵がん切除術
  • 食道胃がん切除術
  • 結腸直腸がん切除術
  • がん化学療法

資格・所属学会

日本外科学会 外科専門医・指導医
日本消化器外科学会 消化器外科専門医・消化器外科指導医・消化器がん外科治療認定医
日本肝胆膵外科学会 肝胆膵外科高度技能専門医

役職など

  • 湘南厚木病院 肝胆膵外科 無輸血外科治療外科 部長
  • 厚生労働省認定外国人医師臨床修練指導医 取得
  • SABM(Society for the Advancement of Blood Management) 会員
  • ASPBM(Asian-Pacific Society for Patient Blood Management) 会員
  • IASGO(International Association of Surgeons, Gastroenterologists and Oncologists) 会員

所属病院

湘南厚木病院

  • 内科 外科 神経内科 脳神経外科 呼吸器外科 消化器外科 腎臓内科 心臓血管外科 小児科 整形外科 形成外科 皮膚科 泌尿器科 肛門科 婦人科 眼科 耳鼻咽喉科 リハビリテーション科 放射線科 麻酔科 乳腺外科 呼吸器内科 循環器内科 消化器内科
  • 神奈川県厚木市温水118-1
  • 小田急線「本厚木駅」 バスの利用も可能(東京農業大学行/森の里方面行 赤羽根入口下車 徒歩1分) 徒歩15分
  • 046-223-3636
湘南厚木病院

医療記事

Q&A

Q
無輸血治療外科を受診したい場合には、何曜日に受診すればよいでしょうか?
月曜日と木曜日の午前中に予約外来を行っています。
Q
無輸血治療外科への受診を検討している場合の問い合わせ先はありますか?
湘南厚木病院にお電話いただき、無輸血治療外科の外来受診をご希望ください。

来歴等

略歴

1983年 熊本大学医学部 卒業
1983年 熊本大学第一外科 医局
1990年 熊本大学大学院 卒業 医学博士取得
1991年 豪州Queensland Liver Transplant Service,
Senior Transplant Fellow
1994年 熊本大学第一外科 医局
1996年 福岡徳洲会病院外科
1998年 同外科部長
2002年 九州大学医学部臨床助教授
2003年 徳島大学医学部臨床教授
2014年 福岡大学医学部臨床教授
2017年 湘南厚木病院 無輸血治療外科部長

論文

Inhibition of ischemia and reflow-induced liver injury by an SOD derivative
that circulates bound to albumin.
Kawamoto S, Inoue M, Tashiro S, et.al.,
Arch Biochem Biophys 277; 160-165, 1990.
Changes in the circulatory status and transport function of the liver induced by reactive
oxygen species.
Kawamoto S, Tashiro S, Miyauchi Y, Inoue M:
Am J Physiol 268:G47-G53,1995
Liver transplantation in the presence of situs inversus totalis:
Application of reduced-size graft.
Kawamoto S, Strong RW, Lynch SV, et.al.,
Liver Transplantation and Surgery 1: 23-25, 1995
Orthotopic liver transplantation for adult-onset type II citrullinaemia.
Kawamoto S, Strong RW, Kerlin P, et.al.,
Clin Transplantation 11: 453-458, 1997
Additional techniques adopted for major vascular anastomoses during
orthotopic liver transplantation.
Kawamoto S, Pillay SP, Lynch SV, et.al.,
Surgery Today 28:1237-1241, 1998
肝切除後肝不全に対する新しい治療戦略
―N-acetylcysteine投与による治療報告―
川元俊二、木村正美、杉原重哲
日本消化器外科学会雑誌 35:1546-1550、2002 
エホバの証人への無輸血治療~インフォームドコンセントと院内医療連携の重要性~
川元俊二、稲田一雄、金丸隆幸、他.
日本輸血細胞治療学会誌 54:31-37, 2008
重症肝損傷に対する系統的治療戦略の組み立て
川元俊二、稲田一雄、永尾修二、他.
日本腹部救急医学会雑誌 28:783-790, 2008
回収式自己血輸血を適用したエホバの証人に対する悪性腫瘍手術の経験
川元俊二、永尾修二、稲田一雄、他.
自己血輸血 26:53~59, 2013
消化器系腫瘍を担うエホバの証人の外科治療~Patient Blood Managementに立脚した切除術と周術期治療の実際
川元 俊二、寺島 孝弘、 黒木 則光、他.
日本輸血細胞治療学会誌 65:577―583, 2019

その他

  • 【学術発表】「エホバの証人」への無輸血手術 川元俊二 第54回日本輸血学会総会 教育講演1 2006年6月9,10日(大阪)

  • 【学術発表】エホバの証人の無輸血治療の実際~シンポジウム I:現代医療における生命倫理~ 川元俊二 第37回医学系大学倫理委員会連絡会議 2007年7月20,21日(神奈川)

本ページにおける情報は、医師本人の申告に基づいて掲載しております。内容については弊社においても可能な限り配慮しておりますが、最新の情報については公開情報等をご確認いただき、またご自身でお問い合わせいただきますようお願いします。

なお、弊社はいかなる場合にも、掲載された情報の誤り、不正確等にもとづく損害に対して責任を負わないものとします。