新型コロナウイルス感染症特設サイトはこちら

岐阜大学大学院医学系研究科病態制御学講座泌尿器科学分野 教授

日本泌尿器科学会 泌尿器科専門医・泌尿器科指導医 日本泌尿器内視鏡学会 泌尿器腹腔鏡技術認定者 日本内視鏡外科学会 技術認定取得者(泌尿器科領域) 日本がん治療認定医機構 がん治療認定医 日本移植学会 移植認定医 日本内分泌学会 内分泌代謝科(泌尿器科)専門医

古家 琢也 こいえ たくや 先生

基本情報

診療科・主な得意領域

  • 泌尿器科

資格・学会・役職

日本泌尿器科学会 泌尿器科専門医・泌尿器科指導医
日本泌尿器内視鏡学会 泌尿器腹腔鏡技術認定者
日本内視鏡外科学会 技術認定取得者(泌尿器科領域)
日本がん治療認定医機構 がん治療認定医
日本移植学会 移植認定医
日本内分泌学会 内分泌代謝科(泌尿器科)専門医
  • 岐阜大学大学院医学系研究科病態制御学講座泌尿器科学分野 教授
  • 医学博士 取得
  • 日本ロボット外科学会 Da Vinci Case Observation Site認定医
  • 日本泌尿器内視鏡学会 泌尿器ロボット支援手術プロクター
  • 日本ロボット外科学会 Robo-Doc Pilot国際B級

所属病院

岐阜大学医学部附属病院

  • 総合内科 血液内科 外科 精神科 神経内科 脳神経外科 呼吸器外科 消化器外科 腎臓内科 心臓血管外科 小児科 整形外科 形成外科 皮膚科 泌尿器科 産婦人科 眼科 耳鼻咽喉科 リハビリテーション科 放射線科 歯科口腔外科 麻酔科 乳腺外科 呼吸器内科 循環器内科 感染症内科 消化器内科 糖尿病内科 内分泌内科 代謝内科 脳神経内科 放射線診断科 放射線治療科 頭頸部外科 病理診断科
  • 岐阜県岐阜市柳戸1-1
  • 名鉄名古屋本線 名鉄岐阜 バスの利用も可能(岐阜大学病院行 長良橋経由、または忠節経由 岐阜大学病院下車、所要時間約40分) 車20分 JR高山本線 岐阜 バスの利用も可能(岐阜大学病院行 長良橋経由、または忠節経由 岐阜大学病院下車、所要時間約40分) 車20分
  • 058-230-6000
公式ウェブサイト
岐阜大学医学部附属病院

医療記事

来歴等

略歴

1994年 弘前大学医学部 卒業
1998年 弘前大学大学院 卒業・医学博士取得
1999年 弘前大学泌尿器科 助手
2002年 弘前大学泌尿器科 講師
2012年 弘前大学泌尿器科 助教授
2016年 弘前大学泌尿器科 臨床教授
2018年 岐阜大学泌尿器科 教授

論文

  • Int J Urol. 2019;26(11):1083-1084.

    Nakane K, Muramatsu Maekawa Y, Iinuma K, Mizutani K, Makiyama K, Koie T.

  • Utility of robot-assisted radical cystectomy with intracorporeal urinary diversion for muscle-invasive bladder cancer. Int J Urol. 2019;26(3):334-340.

    Koie T, Ohyama C, Makiyama K, Shimazui T, Miyagawa T, Mizutani K, Tsuchiya T, Kato T, Nakane K.

  • Neoadjuvant chemohormonal therapy followed by robot-assisted and minimum incision endoscopic radical prostatectomy in patients with high-risk prostate cancer: comparison of perioperative and oncological outcomes at single institution. Int Urol Nephrol. 2018;50(11):1999-2005.

    Fujita N, Koie T, Hashimoto Y, Narita T, Tobisawa Y, Tanaka T, Noro D, Oikawa M, Hagiwara K, Yoneyama T, Imai A, Yamamoto H, Hatakeyama S, Yoneyama T, Ohyama C.

  • Robotic cross-folded U-configuration intracorporeal ileal neobladder for muscle-invasive bladder cancer: Initial experience and functional outcomes. Int J Med Robot. 2018;14(6):e1955.

    Koie T, Ohyama C, Yoneyama T, Nagasaka H, Yamamoto H, Imai A, Hatakeyama S, Hashimoto Y.

  • Significance of preoperative butyrylcholinesterase level as an independent predictor of survival in patients with upper urinary tract urothelial carcinoma treated with nephroureterectomy. Jpn J Clin Oncol. 2018;48(2):184-189.

    Noro D, Koie T, Hashimoto Y, Tanaka T, Ohyama C, Tobisawa Y, Yoneyama T, Imai A, Hatakeyama S, Yamamoto H, Kitayama M, Hirota K.

  • Incidental prostate cancer in patients with muscle-invasive bladder cancer who underwent radical cystoprostatectomy. Jpn J Clin Oncol. 2017;47(11):1078-1082.

    Tanaka T, Koie T, Ohyama C, Hashimoto Y, Imai A, Tobisawa Y, Hatakeyama S, Yamamoto H, Yoneyama T, Horiguchi H, Kodama H, Yoneyama T.

  • A phase I/II study of cancer peptide vaccine S-288310 in patients with advanced urothelial carcinoma of the bladder. Ann Oncol. 2017;28(4):798-803.

    Obara W, Eto M, Mimata H, Kohri K, Mitsuhata N, Miura I, Shuin T, Miki T, Koie T, Fujimoto H, Minami K, Enomoto Y, Nasu T, Yoshida T, Fuse H, Hara I, Kawaguchi K, Arimura A, Fujioka T.

  • The feasibility and effectiveness of robot-assisted radical cystectomy after neoadjuvant chemotherapy in patients with muscle-invasive bladder cancer. Jpn J Clin Oncol. 2017;47(3):252-256.

    Koie T, Ohyama C, Yamamoto H, Imai A, Hatakeyama S, Yoneyama T, Hashimoto Y, Yoneyama T, Tobisawa Y, Yamauchi A, Shimazui T, Ohtani M.

  • Urinary exosome as a potential biomarker for urinary tract infection. Cell Microbiol. 2019;21(7):e13020.

    Mizutani K, Kawakami K, Horie K, Fujita Y, Kameyama K, Kato T, Nakane K, Tsuchiya T, Yasuda M, Masunaga K, Kasuya Y, Masuda Y, Deguchi T, Koie T, Ito M.

  • The utility of neoadjuvant gemcitabine plus carboplatin followed by immediate radical cystectomy in patients with muscle-invasive bladder cancer who are ineligible for cisplatin-based chemotherapy. Int J Clin Oncol. 2017;22(1):159-165.

    Murasawa H, Koie T, Ohyama C, Yamamoto H, Imai A, Hatakeyama S, Yoneyama T, Hashimoto Y, Iwabuchi I, Ogasawara M, Kawaguchi T.

著書

  • 新前立腺癌学,日本臨床社,2016年

  • EBM 泌尿器科疾患の治療,中外医学社,2015年

  • 新しい診断と治療のABC「腎がん・膀胱 がん」,最新医学社,2013年

  • 前立腺癌(第2版),日本臨床社,2011年

  • インフォームコンセントのための図説シリーズ,医薬ジャーナル社,2010年

その他

  • 【受賞】2005年 弘前大学医学部附属病院診療奨励賞

  • 【受賞】2006年 弘前大学医学部附属病院診療奨励賞

  • 【受賞】2007年 弘前大学医学部附属病院診療奨励賞

  • 【受賞】2009年 第96回日本泌尿器科学会総会 総会賞

  • 【受賞】2009年 弘前大学表彰

  • 【受賞】2010年 弘前大学医学部附属病院診療奨励賞

  • 【受賞】2011年 第49回日本癌治療学会学術集会 優秀演題賞

  • 【受賞】2012年 第100回日本泌尿器科学会総会 総会賞

  • 【受賞】2015年 第32回日韓泌尿器科会議 ベストポスター賞

  • 【受賞】2017年 第21回弘前大学医学部学術賞

本ページにおける情報は、医師本人の申告に基づいて掲載しております。内容については弊社においても可能な限り配慮しておりますが、最新の情報については公開情報等をご確認いただき、またご自身でお問い合わせいただきますようお願いします。

なお、弊社はいかなる場合にも、掲載された情報の誤り、不正確等にもとづく損害に対して責任を負わないものとします。