新型コロナウイルス感染症特設サイトはこちら

金沢医科大学医学部神経内科学 主任教授

日本神経学会 会員 日本内科学会 会員 日本神経免疫学会 会員 日本神経治療学会 会員 日本末梢神経学会 会員 日本老年医学会 会員 日本脳卒中学会 会員 日本臨床免疫学会 会員 日本認知症学会 認知症専門医・指導医

松井 真 まつい まこと 先生

公開日
2020/05/12

1981年に京都大学医学部医学科を卒業後、京都大学医学部附属病院神経内科で亀山正邦教授の薫陶を受け、患者さんの診療を通して老年医学と神経内科学の修練を積む。1987年に医学博士を取得し、米国ハーバード大学へ留学。帰国後、佐賀医科大学、国立病院機構宇多野病院を経て、2005年より現職。

基本情報

診療科・主な得意領域

  • 脳神経内科
  • 松井先生の多発性硬化症に関する得意な領域
    • 現在保険適用のある6薬剤の特性を活かしたpersonalized therapy
  • 松井先生の重症筋無力症に関する得意な領域
    • 各種の免疫療法と胸腺摘除術を組み合わせたpersonalized therapy
  • 松井先生の頭痛に関する得意な領域
    • 生活リズムに合わせたpersonalized therapy
  • 神経感染症(髄膜炎・脳炎)
  • 神経感染症に対する適切な抗菌および抗ウイルス薬と副腎皮質ステロイド薬の併用療法
  • 神経感染症とは似て非なる自己免疫介在性脳炎の診断と免疫療法
  • 神経変性疾患(パーキンソン病、小脳失調症、筋萎縮性側索硬化症、アルツハイマー病等)
  • 患者さんの生活環境および社会的背景を考慮した治療法と療養環境の整備

資格・学会・役職

日本神経学会 会員
日本内科学会 会員
日本神経免疫学会 会員
日本神経治療学会 会員
日本末梢神経学会 会員
日本老年医学会 会員
日本脳卒中学会 会員
日本臨床免疫学会 会員
日本認知症学会 認知症専門医・指導医
  • 金沢医科大学医学部神経内科学 主任教授
  • 日本神経学会 代議員
  • 日本神経免疫学会 理事
  • 日本神経治療学会 評議員
  • 日本末梢神経学会 評議員
  • 日本神経感染症学会 評議員
  • 日本老年医学会 代議員
  • 日本脳卒中学会 評議員
  • American Academy of Neurology Corresponding Active

所属病院

金沢医科大学病院

  • 内科 精神科 神経内科 呼吸器内科 循環器内科 消化器内科 小児科 外科 整形外科 形成外科 脳神経外科 呼吸器外科 心臓血管外科 小児外科 皮膚科 泌尿器科 産科 婦人科 眼科 耳鼻いんこう科 リハビリテーション科 内視鏡内科 放射線科 病理診断科 歯科 矯正歯科 小児歯科 麻酔科 救急科 腫瘍内科 血液・リウマチ膠原病科
  • 石川県河北郡内灘町大学1丁目1
  • 北陸鉄道浅野川線「内灘駅」 医科大学病院行き、総合公園行き バス JR北陸本線(米原~金沢)「金沢駅」 特急・急行バスあり(金沢医科大学病院経由) 車25分
  • 076-286-3511
金沢医科大学病院

来歴等

略歴

1981年 京都大学医学部医学科 卒業
1987年 京都大学大学院医学研究科内科系 修了 医学博士取得
1987年 京都大学医学部附属病院神経内科 文部教官助手
1989年 米国ハーバード大学 留学(research fellow)
1991年 佐賀医科大学医学部内科学 文部教官助手
1993年 佐賀医科大学医学部附属病院内科 講師
1997年 国立療養所宇多野病院神経内科 医長
2005年 金沢医科大学医学部神経内科学 主任教授

論文

  • A double-label flow cytometric analysis of the simultaneous expression of OKT4 and Leu2a antigens on circulating T lymphocytes in myasthenia gravis. J Neuroimmunol 1986; 11: 311-319.

    Matsui, M. and Kameyama, M.

  • The imbalance in CSF T cell subsets in active multiple sclerosis. Acta Neurol Scand 1988;77: 202-209.

    Matsui, M., Mori, K.J., Saida, T., Akiguchi, I., and Kameyama, M.

  • Circulating CD4+CD8+ cells in myasthenia gravis: supplementary immunological parameter for long-term prognosis. J Neurol 1989; 236: 329-335.

    Matsui, M., Fukuyama, H., Akiguchi, I., and Kameyama, M.

  • Cellular immunoregulatory mechanisms in the central nervous system: characterization of noninflammatory and inflammatory cerebrospinal fluid lymphocytes. Ann Neurol 1990; 27: 647-651.

    Matsui, M., Mori, K.J., and Saida, T.

  • T-cell recognition of an immunodominant myelin basic protein epitope in multiple sclerosis. Nature 1990; 346: 183-187.

    Ota, K., Matsui, M., Milford, E.L., Mackin, G.A., Weiner, H.L., and Hafler, D.A.

  • Double-blind pilot trial of oral tolerization with myelin antigens in early relapsing-remitting multiple sclerosis. Science 1993; 259: 1321-1324.

    Weiner, H.L., Mackin, G.A., Matsui, M., Orav, E.J., Khoury, S., Dawson, D.M., and Hafler, D.A.

  • Potential role of thymoma and other mediatinal tumors in the pathogenesis of myasthenia gravis. J Neuroimmunol 1993; 44: 171-176.

    Matsui, M., Wada, H., Ohta, M., and Kuroda, Y.

  • Clonal expansion and persistence of human T cells specific for an immunodominant myelin basic protein peptide. J Immunol 1994; 152: 5581-5592.

    Wucherpfennig, K.W., Zhang, J., Witek, C., Matsui, M., Modabber, Y., Ota, K., and Hafler, D.A.

  • Structural requirements for binding of an immunodominant myelin basic protein peptide to DR2 isotypes and for its recognition by human T cell clones. J Exp Med 1994; 179: 279-290.

    Wucherpfennig, K.W., Sette, A., Southwood, S., Oseroff, C., Matsui, M., Strominger, J.L., and Hafler, D.A.

  • Characterization of humoral and cellular immunity in the central nervous system of HAM/TSP. J Neurol Sci 1995; 130: 183-189.

    Matsui, M., Nagumo, F., Tadano, J., and Kuroda, Y.

  • Aberrant immunity in the central nervous system in relation to disease progression in HAM/TSP. Clin Immunol Immunopath 1997; 82: 203-206.

    Matsui, M., and Kuroda, Y.

  • Homozygosity for an allele carrying intermediate CAG repeats in the dentatorubral-pallidoluysian atrophy (DRPLA) gene results in spastic paraplegia. Neurology 1997; 48: 1087-1090.

    Kurohara, K., Kuroda, Y., Maruyama, H., Kawakami, H., Yukitake, M., Matsui, M., and Nakamura, S.

  • Immunological disturbances in the central nervous system linked to MRI findings in multiple sclerosis. J Neuroimmunol 2002; 125: 149-154.

    Wang, H.-Y., Matsui, M., and Saida, T.

  • Chemokine receptors associated with immunity within and outside the central nervous system in early relapsing-remitting multiple sclerosis. J Neuroimmunol 2002; 133: 184-192.

    Wang, H.-Y., Matsui, M., Araya, S., Onai, N., Matsushima, K., and Saida, T.

  • Circulating lymphocyte subsets linked to intracellular cytokine profiles in normal humans. Clin Exp Immunol 2003; 134: 225-231.

    Matsui, M., Araya, S., Wang, H.-Y., Onai, N., Matsushima, K., and Saida, T.

  • Immunomonitoring measures in relapsing-remitting multiple sclerosis. J Neuroimmunol 2004; 148: 192-199.

    Matsui, M., Araya, S-i., Wang, H.-Y., Matsushima, K., and Saida, T.

  • Differences in systemic and central nervous system cellular immunity relevant to relapsing-remitting multiple sclerosis. J Neurol 2005; 252: 908-915.

    Matsui, M., Araya, S-i., Wang, H.-Y., Matsushima, K., and Saida, T.

  • Gluten sensitivity in Japanese patients with adult-onset cerebellar ataxia. Intern Med 2006; 45: 135-140.

    Ihara, M., Makino, F., Sawada, H., Mezaki, T., Mizutani, K., Nakase, H., Matsui, M., Tomimoto, H., Shimohama, S.

  • Nationwide survey of acute juvenile female non-herpetic encephalitis in Japan: relationship to anti-N-Methyl-D-Aspartate receptor encephalitis. Intern Med 2009; 48: 673-679.

    Kamei, S., Kuzuhara, S., Ishikawa, M., Morita, A., Taira, N., Togo, M., Matsui, M., Ogawa, M., Hisanaga, K., Mizutani, T., Kuno, S.

  • CD8+CD11ahigh cells decreased in multiple sclerosis but not in neuromyelitis optica. Eur Neurol 2010; 63: 159-163.

    Matsui, M., Tahara, M., Tanaka, M., Tanaka, K., Matsui, M., Konishi, T.

  • Phenytoin at optimum doses ameliorates experimental autoimmune encephalomyelitis via modulation of immunoregulatory cells. J Neuroimmunol 2011, 233; 112-119.

    Hashiba, N., Nagayama, S., Araya, S-i., Inada, H., Sonobe, Y., Suzumura, A., Matsui, M.

  • Novel FUS mutation in patients with sporadic amyotrophic lateral sclerosis and cortical basal degeneration. J Clin Neurosci 2012; 19: 1738-1739.

    Nagayama, S., Minato-Hashiba, N., Nakata, M., Kaito, M., Nakanishi, M., Tanaka, K., Arai, M., Akiyama, H., Matsui, M.

  • Relevance of distinct monocyte subsets to clinical course of ischemic stroke patients. PLOS one 2013; 8: e69409.

    Kaito, M., Araya, S-i., Gondo, Y., Fujita, M., Minato, N., Nakanishi, M., Matsui, M.

  • Intractable cough as characteristic symptom of neuromyelitis optica and neuromyelitis optica spectrum disorder. Mult Scler J 2016; 22: 576-577.

    Fujita-Nakata, M., Tomioka, R., Tanaka, K., Nakanishi, M., Nagayama, S., Takahashi, R., Machiya, T., Hamada, T., Matsui, M.

  • Relationship of systemic inflammation and cellular immunity with advancement of cognitive decline in patients with Alzheimer’s disease. Clin Exp Neurimmunol 2018; 9: 182-188.

    Kawai, U., Uchida, N., Oono, M., Fujita-Nakata, M., Nakanishi, M., Sanada, M., Nagayama, S., Matsui, M.

著書

  • 【共著】Matsui, M., Hafler, DA., Weiner, HL. Neurologic aspects of autoimmunity. In: Molecular autoimmunity (Talal, N., ed.) , pp359-383, 1991, Academic Press, London.

  • 【共著】Matsui, M. Multiple sclerosis: Diagnosis and treatment, In: Neuroimmunological Diseases (Kusunoki, S., ed.), pp105-122, 2016, Springer Japan, Tokyo.

  • 【編集】多発性硬化症・視神経脊髄炎診療ガイドライン2017(「多発性硬化症・視神経脊髄炎診療ガイドライン」作成委員会(委員長 松井 真)編集)、2017年、医学書院、東京

  • 【編集】多発性硬化症診療最前線。Pharma Medica 36巻3号、2018年(メディカルレビュー社、東京)

その他

  • 【受賞】2019年 12th Congress of the Pan-Asian Committee for Treatment and Research in Multiple Sclerosis (PACTRIMS), MSJ-PACTRIMS Investigator Award

本ページにおける情報は、医師本人の申告に基づいて掲載しております。内容については弊社においても可能な限り配慮しておりますが、最新の情報については公開情報等をご確認いただき、またご自身でお問い合わせいただきますようお願いします。

なお、弊社はいかなる場合にも、掲載された情報の誤り、不正確等にもとづく損害に対して責任を負わないものとします。

他の医師を見る

同じ所属病院の医師