Img searchbox
脳

頭痛

目次

頭痛とは

国内ではおよそ3,000万もの人が、繰り返し起こる「頭痛」に悩んでいるとされています。しかし、ひとくちに「頭痛」といっても、痛みの強さも頻度も痛みの種類(特徴)もさまざまで、「一次性頭痛」と「二次性頭痛」の2種類に分類されます。 一次性頭痛は「原因となる病気がない頭痛」のことであり、片頭痛、群発頭痛、緊張型頭痛などのことを指します。QOLは損なわれますが(生活の質には悪い影響がありますが)、すぐに治療をしないと死に至るようなものは含まれません。 二次性頭痛は「原因となる病気があり、それにより引き起こされる頭痛」です。その原因には、くも膜下出血などの危険な病気も含まれます。二次性頭痛こそが非常に危険であり、注意しなければならない「怖い」頭痛なのです。

【一次性頭痛】 片頭痛、群発頭痛、緊張型頭痛

【二次性頭痛】 くも膜下出血、脳出血、髄膜炎、脳腫瘍、緑内障、側頭動脈炎、静脈洞血栓症、椎骨脳底動脈解離
 

…… 続きはこちらの記事をご確認ください。

原因

【一次性頭痛の場合】

・片頭痛:研究が進んできてはいるものの、「これが原因だ」という結論には至っていません。おそらく片頭痛を起こしやすい素因のある人が何らかの刺激を受け、神経伝達物質であるセロトニンが分泌されて血管が収縮と拡張を繰り返してさらに神経を刺激し、痛みが生じるものと考えられます。さらに、片頭痛には遺伝的な背景があることも指摘されています。

・緊張型頭痛:原因についてはっきりしたことはわかっていませんが、末梢性の痛みと中枢性の痛みが絡みあって起こってくるのではないかといわれています。

・群発頭痛:原因はまだ十分な解明がされていませんが、「ある時期の決まった時間になると起こる」という特徴をもつことから、時間遺伝子があるとされる視床下部を起源とする説が有力です。

【二次性頭痛の場合】 くも膜下出血、脳出血、脳腫瘍、髄膜炎など、なんらかの疾患が原因で起こります。
 

…… 続きはこちらの記事をご確認ください。

症状

頭痛には以下のような症状が現れます。

【一次性頭痛の場合】

・片頭痛の主な症状 拍動性(ズキズキとした)の痛み 吐き気をともなう 光や音、においに敏感になる

・緊張型頭痛の主な症状 頭痛が30分から7日間持続する 痛みの種類は、脈拍とは関係なく起こる圧迫感もしくはしめつけ感 日常動作によって痛みが増悪しない 食欲不振はあっても基本的には吐き気や嘔吐はない 光過敏や音過敏はあったとしてもどちらか一方

・群発頭痛の主な症状 特定の時期の決まった時間に起こる 激烈で目玉をえぐられるような耐え難い痛み 半年から一年ほどで定期的に発作が起こる

【二次性頭痛の場合】

突然起こる 過去に経験したことがない人生最大の頭痛(くも膜下出血の疑いが濃厚) 労作(運動)に伴う頭痛 麻痺もしくはしびれなどの神経症状を伴う いつもと様子が異なる 頻度と程度が増していく 50歳以降ではじめて起こる がんや免疫不全など基礎疾患を持つ患者さんの頭痛 精神症状を持つ患者さんの頭痛 高熱に加え、頸の痛みを持つ患者さんの頭痛 全く目を開くことができない 痛すぎて意識消失をしてしまう 二次性頭痛はくも膜下出血などの危険な病気も含まれ、非常に危険であり、注意しなければならない「怖い」頭痛です。
 

…… 続きはこちらの記事をご確認ください。

検査

頭が痛いという症状をおもな訴えとして受診した場合、二次性頭痛、とくに危険な頭痛を除外することが最優先課題となります。そのためには、問診や診察に加えて、CT、MRIなどの画像検査の実施を検討することがあります。原因疾患の治療を優先すべき二次性頭痛の可能性を探る必要がある場合は、さらに腰椎穿刺検査、脳波検査などの検査を実施する場合もあります。 危険な頭痛を含む二次性頭痛を否定できたら、次に検討すべきは「一次性頭痛のどのタイプか」ということです。頭痛の原因となる疾患が他にない場合、すなわち一次性頭痛においては、客観的に測定・評価できる検査があるわけではなく、「問診が9割」といわれるほど問診が重要です。推理をするように、細かな問診を行なうことによって、頭痛のタイプを見極めていきます。


…… 続きはこちらの記事をご確認ください。

治療

片頭痛に有効な治療薬であるトリプタン系薬剤が登場し、片頭痛についても積極的に治療しようという機運が高まり現在に至っています。実際、正しい治療薬を選択し、薬剤の使用過多に陥らなければ、いまや「片頭痛は治せる病気」です。 一般に、片頭痛の治療に用いられる薬剤は以下の通りです。

  • トリプタン(スマトリプタンなど)
  • アセトアミノフェン
  • 非ステロイド系抗炎症薬(NSAIDs)
  • 制吐薬(メトクロプラミドなど)
  • エルゴタミン

一方、緊張型頭痛には以下のような鎮痛薬、非ステロイド系抗炎症薬(NSAIDs)を用います(頓用)。

  • アセトアミノフェン
  • アスピリン
  • イブプロフェン
  • ジクロフェナク
  • ロキソプロフェンなど

生活習慣の改善により、頭痛を予防できたり、頻度を抑えることができる場合があります。

  • ストレスを減らす、もしくはストレスの上手な対処法を身につける
  • アルコール摂取量を最小限にする
  • 睡眠を十分にとる

これらを実践しても尚、週に一度以上頭痛が起こる場合は、毎日の予防薬内服を考えましょう。
 

…… 続きはこちらの記事をご確認ください。

頭痛に関する記事一覧

もっと見る

この病気の記事に協力していただいている先生

病気検索に戻る