新型コロナウイルス感染症特設サイトはこちら
疾患啓発(スポンサード)

見逃してはいけない危険な頭痛の特徴——原因となる病気とは?

見逃してはいけない危険な頭痛の特徴——原因となる病気とは?
原 徹男 先生

国立研究開発法人国立国際医療研究センター病院 副院長・脳卒中センター長、順天堂大学大学院医学研...

原 徹男 先生

目次
項目をクリックすると該当箇所へジャンプします。

頭痛は、一般的な病態のひとつです。日常的に頭痛を経験したことがある方は多いのではないでしょうか。しかし、中には、放っておくと命に関わるような病気が原因となり頭痛が生じている場合があります。このような場合には、早期発見と早期治療が重症化を防ぐために大切です。

原因となる病気には、どのようなものがあるのでしょうか。また、どのような頭痛に注意すべきなのでしょうか。今回は、国立国際医療研究センター病院 脳神経外科の原 徹男(はら てつお)先生に、見逃してはいけない危険な頭痛の特徴についてお話しいただきました。

頭痛は、大きく一次性頭痛と二次性頭痛に分けられます。

一次性頭痛とは、何らかの器質的な病変を原因とせずに生じる頭痛を指します。一次性頭痛には、片頭痛緊張型頭痛群発頭痛などが含まれます。

【主な一次性頭痛の種類と特徴】

  • 片頭痛:主にこめかみから側頭部にかけて生じる、ズキンズキンと脈打つような頭痛
  • 緊張型頭痛:主に頭の両側に生じる締め付けられるような圧迫感のある頭痛
  • 群発頭痛:主に片側の目の周辺を中心に激痛が生じる頭痛

一方、二次性頭痛とは、何らかの器質的な病変を原因として生じる頭痛のことです。後ほど詳しくお話ししますが、頭痛の原因となる病気には、くも膜下出血脳腫瘍慢性硬膜下血腫(まんせいこうまくかけっしゅ)などがあります。二次性頭痛の場合、原因となる病気によって重症化し、命に関わるケースも少なくありません。

ご説明した頭痛の分類のうち、命に関わる可能性があるため見逃してはいけないものは、二次性頭痛です。二次性頭痛の原因には、主にくも膜下出血脳腫瘍慢性硬膜下血腫があります。

確率的に9割の頭痛は、緊急性も低く積極的な治療を必要としないものであると考えられます。しかし、およそ1割程度に、見逃してはいけない危険な頭痛が含まれています。約1割と頻度が低いために過度に不安になる必要はありませんが、重症化を防ぐためには注意が必要です。

二次性頭痛の原因となる3つの病気とそれぞれの頭痛の特徴についてお話しします。

見逃してはいけない危険な頭痛の原因となる代表的な病気が、くも膜下出血です。くも膜下出血とは、くも膜と脳実質の間のくも膜下腔に出血が起こる病気であり、脳の動脈の一部がコブ状に膨らんだ脳動脈瘤の破裂によって生じることが多いです。

くも膜下出血を発症すると、昏睡状態に陥り、亡くなる可能性もあります。救命されたとしても、半身の麻痺など障害が残ることもあるでしょう。

くも膜下出血とは?

くも膜下出血とは?

くも膜下出血では、突然、激しい頭痛が起こる点が特徴です。“ハンマーで叩かれたような痛み”などと形容されることもあるように、今まで経験したことがないような強い痛みが突然生じることが多いです。

お話ししたように、くも膜下出血は突然の激しい頭痛で起こりますが、中には、出血が少量のため軽微な頭痛で発症する場合もあります。

つまり、脳動脈瘤がわずかに破裂し微小の出血が起こると、それほど強くない頭痛が起こったり体がだるかったりすることがあります。これらは、マイナーリークと呼ばれる微小の出血によって現れる症状です。

この微小の出血の段階で脳動脈瘤を発見することができれば、その後の再破裂を防ぐことができるケースもあります。

くも膜下出血と間違われやすい病気

くも膜下出血と区別すべき病態に“片頭痛”もあります。片頭痛も突然の急激な痛みが現れることがあるからです。しかし、片頭痛は時間の経過とともに治ることが多い一方、くも膜下出血による痛みは、適切な処置を受けない限り治ることはありません。

また、マイナーリークによるわずかな頭痛は、風邪症状とよく似ている場合があります。

次に、原因となる病気に脳腫瘍があります。脳腫瘍とは、頭蓋内に生じる腫瘍を指し、頭蓋内に存在するあらゆる組織から発生します。

脳は部位によって司る機能が異なるため、脳腫瘍が生じる場所によって、現れる症状も異なります。運動野に生じると片側の運動麻痺やけいれんを起こしたり、左の頭頂後頭葉にかけての脳腫瘍の場合には、ゲルストマン症候群と呼ばれる症状を起こしたりすることがあります。

<ゲルストマン症候群の主な症状>

  • 失書:字を書くことができなくなる状態
  • 失算:計算することができなくなる状態
  • 手指失認:指定された指を示すことができなくなる状態
  • 左右失認:左右が分からなくなる状態

脳腫瘍では、慢性的な頭痛を生じます。頭痛が起こる頻度は人によって異なりますが、自然に頭痛がおさまることはなく、徐々に悪化していく点が特徴です。じわじわとした頭痛が続き、痛みが強くなったときに受診にいたるケースが多いです。

このため、慢性的な頭痛があり、徐々に痛みが強くなっていく場合には、注意が必要です。また、脳腫瘍が大きくなった場合、嘔吐や手足の麻痺、けいれんなどを伴うこともあります。

徐々に痛みが強くなっていく慢性的な頭痛が特徴

脳腫瘍の場合、朝方に頭痛が起こることが多くなるケースがあります。なぜ朝方に頭痛が起こるかというと、就寝中には呼吸が浅くなり二酸化炭素が血液中にたまりやすくなり、その結果、朝方に血管が拡張しやすくなるからです。血管がもっとも拡張されるのが朝方であることが多いため、朝方に頭痛が起こることが多いと考えられています。

血管の拡張に伴い脳の血液量も増え、頭蓋内の圧力が高くなり、頭痛が起こるようになります。脳腫瘍があると、それだけで頭蓋内圧は上がるため、少し血管が広がっただけでも頭痛を生じるようになります。

脳腫瘍と間違われやすい病気

脳腫瘍と区別すべき病態に“片頭痛”があります。しかし、片頭痛は時間の経過とともに治ることが多い一方、脳腫瘍による頭痛は、一時的に治ることがあっても徐々に悪化していく点が特徴です。

徐々に悪化していく慢性的な頭痛があれば、受診のうえ、CTやMRIによる画像検査を受けることをおすすめします。

慢性硬膜下血腫とは、高齢者に多い病気であり、軽い頭部打撲をきっかけに生じることがあります。たとえば、乗り物への乗り降りのときや、自宅で軽度の段差につまずいたときなどに軽く頭をぶつけたことをきっかけに発症することもあります。

頭をぶつけた後、1~2か月の間に、脳を覆っている硬膜と脳の間に徐々に血液がたまっていき、正常脳が圧迫されることによって、頭痛や認知機能の低下などさまざまな症状が現れます。

慢性硬膜下血腫とは?

慢性硬膜下血腫では、じわじわとした頭痛が続く点が特徴でしょう。また、慢性硬膜下血腫になると、頭痛とともに認知機能の低下を生じるようになります。具体的には、計算ができない、自分で服が着られなくなる、道に迷ってしまうなどの症状が現れることがあります。頭部の打撲がきっかけで発症することが多いため、2~3か月以内に頭をぶつけた覚えがないかどうか、記憶をたどることも病気の発見のために有効であると思います。

慢性硬膜下血腫と間違われやすい病気

慢性硬膜下血腫では認知機能の低下による症状が現れるため、認知症と間違われることが多いです。認知症と鑑別するためには、CTやMRIによって器質的な病気がないか確認する必要があるでしょう。

受診について相談する
  • 国立研究開発法人国立国際医療研究センター病院 副院長・脳卒中センター長、順天堂大学大学院 医学研究科客員教授

    原 徹男 先生

「メディカルノート受診相談サービス」とは、メディカルノートにご協力いただいている医師への受診をサポートするサービスです。
まずはメディカルノートよりお客様にご連絡します。現時点での診断・治療状況についてヒアリングし、ご希望の医師/病院の受診が可能かご回答いたします。
  • 受診予約の代行は含まれません。
  • 希望される医師の受診及び記事どおりの治療を保証するものではありません。
  • 国立研究開発法人国立国際医療研究センター病院 副院長・脳卒中センター長、順天堂大学大学院 医学研究科客員教授

    原 徹男 先生の所属医療機関

    国立国際医療研究センター病院

    • 内科血液内科リウマチ科外科心療内科精神科神経内科脳神経外科呼吸器内科呼吸器外科腎臓内科心臓血管外科小児科小児外科整形外科形成外科皮膚科泌尿器科産婦人科眼科耳鼻咽喉科リハビリテーション科放射線科歯科歯科口腔外科麻酔科乳腺外科乳腺腫瘍内科
    • 東京都新宿区戸山1丁目21-1
    • 都営大江戸線「若松河田駅」 河田口 徒歩5分東京メトロ東西線「早稲田駅」 2番出口 徒歩15分
    • 03-3202-7181
    S150x150 8993677c b75d 40d1 a933 2effb92612d7

    「くも膜下出血」を登録すると、新着の情報をお知らせします

    処理が完了できませんでした。時間を空けて再度お試しください

    本ページにおける情報は、医師本人の申告に基づいて掲載しております。内容については弊社においても可能な限り配慮しておりますが、最新の情報については公開情報等をご確認いただき、またご自身でお問い合わせいただきますようお願いします。

    なお、弊社はいかなる場合にも、掲載された情報の誤り、不正確等にもとづく損害に対して責任を負わないものとします。

    「受診について相談する」とは?

    まずはメディカルノートよりお客様にご連絡します。
    現時点での診断・治療状況についてヒアリングし、ご希望の医師/病院の受診が可能かご回答いたします。

    • お客様がご相談される疾患について、クリニック/診療所など他の医療機関をすでに受診されていることを前提とします。
    • 受診の際には原則、紹介状をご用意ください。