まんせいこうまくかけっしゅ

慢性硬膜下血腫

脳

目次

項目をクリックすると該当箇所へジャンプします。

概要

慢性硬膜下血腫とは、硬膜と脳の間に血がたまる病気です。脳は硬膜(こうまく)と呼ばれる膜で覆われており、さらにその上から丈夫な頭蓋骨で包まれ保護されています。慢性硬膜下血腫とは比較的時間をかけてゆっくりと硬膜と脳の間に血の塊ができた状態です。

頭部の外傷(怪我など)がきっかけで発症します。非常に軽い外傷でも発症することがあります。きっかけとなった外傷から1~2か月後に、頭痛や認知症状などを起こすことがあります。

原因

慢性硬膜下血腫の原因の多くは頭部外傷によるものです。転倒のほか、机の角や鴨居などに頭をぶつけたなど、軽微な衝撃がきっかけとなることもあります。
また、以下のような条件に当てはまると発症リスクが上昇します。

  • アルコール多飲
  • 脳の萎縮が認められる
  • 抗凝固剤の服用
  • 水頭症の手術後
  • 透析を受けている 

など

症状

血腫により頭蓋内圧が高くなり頭痛や吐き気などの症状が現れます。また、血腫の位置などによっては、運動機能や感覚機能に関与する神経が障害を受け、麻痺(まひ)やしびれなどが生じることもあります。ほかにも、けいれんや構音障害(うまく話ができない)などを伴うこともあります。

さらに、物忘れや意欲の低下、失禁、見当識障害(時間・人・場所などがわからなくなる)など認知症のような症状が現れることもあります。

検査・診断

慢性硬膜下血腫の典型的な画像所見では、脳の表面と頭蓋骨の間に三日月型の血腫が認められます。そのため、頭部CTやMRIを実施することで、こうした所見がみられるかを調べます。また、血腫により脳組織が圧迫されると脳のシワの寄り方にも不自然な左右差が生じることがあるため、画像検査によってこうした違いも調べます。

治療

手術による血腫の除去が基本となります。局所麻酔でチューブを脳表面へと挿入して血腫を除去します。状況によっては全身麻酔を選択することもあります。また、血腫の大きさや患者さんの状況によっては、漢方薬による内科的治療を選択することもあります。