東京女子医科大学 脳神経内科 特命担当教授

日本神経学会 神経内科専門医・指導医・代議員 日本神経免疫学会 理事 日本神経治療学会 評議員 日本頭痛学会 認定頭痛専門医・指導医・代議員 日本母性内科学会 母性内科診療プロバイダー 日本内科学会 総合内科専門医・認定医 アメリカ神経学会 会員

清水 優子 しみず ゆうこ 先生

公開日
2022/02/04

基本情報

診療科・主な得意領域

  • 脳神経内科
  • 【得意な領域】神経感染症、免疫性神経疾患

資格・学会・役職

日本神経学会 神経内科専門医・指導医・代議員
日本神経免疫学会 理事
日本神経治療学会 評議員
日本頭痛学会 認定頭痛専門医・指導医・代議員
日本母性内科学会 母性内科診療プロバイダー
日本内科学会 総合内科専門医・認定医
アメリカ神経学会 会員
  • 東京女子医科大学 脳神経内科 特命担当教授

所属病院

東京女子医科大学病院

  • 内科 血液内科 膠原病リウマチ内科 外科 心療内科 精神科 神経内科 脳神経外科 呼吸器外科 消化器外科 腎臓内科 心臓血管外科 小児科 小児外科 整形外科 形成外科 皮膚科 泌尿器科 産婦人科 眼科 耳鼻咽喉科 リハビリテーション科 放射線科 歯科口腔外科 麻酔科 乳腺外科 呼吸器内科 循環器内科 緩和ケア内科 消化器内科 内視鏡内科 糖尿病内科 内分泌内科 代謝内科 人工透析内科 脳神経内科 内分泌外科 放射線診断科 精神神経科 総合診療科 病理診断科
  • 東京都新宿区河田町8-1
  • 都営大江戸線 若松河田 若松口 徒歩5分 都営大江戸線 牛込柳町 西口 徒歩8分 都営新宿線 曙橋 A2出口 徒歩12分
  • 03-3353-8111
公式ウェブサイト
東京女子医科大学病院

医療記事

来歴等

略歴

1987年 東京女子医科大学 医学部 卒業
1987年 同 神経内科学教室 入局
1991年 同 神経内科 助手
1992年 米国Cornell大学 医学部 リウマチ・アレルギー臨床免疫学 Research fellow(〜1993年12月)
1994年 医学博士 学位取得
2007年 東京女子医科大学 神経内科 講師
2012年 同 准教授
2013年 上智大学大学院 外国語学科研究科 言語学専攻 非常勤講師 兼務
2018年 東京女子医科大学 脳神経内科 特命担当教授 現在に至る

論文

  • 1. Melanoma cell adhesion molecule expressing helper T cells in CNS inflammatory demyelinating diseases.     Neurology Neuroimmunology and Neuroinflammation; DOI: https://doi.org/10.1212/NXI.0000000000001069.2021

    Ryotaro Ikeguchi, Yuko Shimizu, Kondo Akihiko, Kanda Natsuna, So Hayato, Kojima Haruka and Kazuo Kitagawa.

  • 2. Paraneoplastic AQP4-IgG-seropositive NMOSD associated with teratoma: A case report and literature review.Neurology Neuroimmunology and Neuroinflammation.;8:e1045. doi:10.1212/NXI.0000000000001045.2021

    Ryotaro Ikeguchi, Yuko Shimizu, Ayato Shimomura, Miki Suzuki, Kanoko Shimoji, Takashi Motohashi, Tomoko Yamamoto, Noriyuki Shibata, and Kazuo Kitagawa.

  • 3. Proton magnetic resonance spectroscopy differentiates tumefactive demyelinating lesions from gliomas.   Multiple Sclerosis and Related Disorders. 26:77-84.2018

    Ikeguchi R, Shimizu Y, Abe K, Shimizu S, Maruyama T , Nitta M, Abe K, Kawamata T, Kitagawa.

  • 4. CSF and clinical data distinguish CNS inflammatory demyelinating disease from CNS lymphoma. Mult Scler.  24: 1212-1223.2018

    Ikeguchi R, Shimizu Y, Shimizu S, Kitagawa K.

  • 5. Pregnancy-related relapse risk factors in women with anti-AQP4 antibody positivity and neuromyelitis optica  spectrum disorder. Mult Scler. 22:1413-1420.2016

    Shimizu Y, Fujihara K, Ohashi T, Nakashima I, Yokoyama K, Ikeguch R, Takahashi T, Misu T, Shimizu S, Aoki M, Kitagawa K. 

  • 6. Outcomes of pregnancy during interferon beta-1a therapy in Japanese patients with multiple sclerosis: interim results of a postmarketing surveillance study. Clinical and Experimental Neuroimmunology. 6 :402?408.2015

    Shimizu Y, Makioka H, Harada N, Nakabayashi S, Saida T. Kira JI.

  • 7. Plasma osteopontin levels are associated with disease activity in the patients with multiple sclerosis and   neuromyelitis optica.Journal of Neuroimmunology .263:148-151.2013

    Shimizu Y,Ota K, Kubo S, Kabasawa C, Ikeguchi R, Uchiyama S. 

  • 8. Therapeutic efficacy of interferon beta-1b in Japanese patients with optic-spinal multiple sclerosis (OSMS).  The Tohoku Journal of Experimental Medicine. 223 : 211-214.2011

    Shimizu Y, Fujihara K, Kubo S, Takahashi T, Misu T, Nakashima I, Yokoyama K, Itoyama Y and Uchiyama S.

  • 9. Association of Th1/Th2-related chemokine receptors in peripheral T cells with disease activity in patients with multiple sclerosis and neuromyelitis optica. European Neurology.66;91-97.2011

    Shimizu Y, Ota K, Kubo S, Kabasawa C, Kobayashi M, Ohashi T, Uchiyama S.

  • 10. High-priced drugs or multiple sclerosis and medical economy in Japan. Clinical and Experimental      Neuroimmunology.8 ;289−291.2017

    Shimizu Y.

  • 11. When and how disease- modifying drugs for multiple sclerosis should be changed in daily practice. Clinical  and Experimental Neuroimmunology. 8: 71−80.2017

    Shimizu Y, Ikeguchi R, Kitagawa K.

  • 12. Management of myasthenia gravis in pregnancy. Clinical and Experimental Neuroimmunology. 7:199−204.  2016

    Shimizu Y, Kitagawa K.

  • 13. The management for multiple sclerosis and neuromyelitis optica in pregnancy and childbearing. Clinical and Experimental Neuroimmunology. 6 :93?98.2015

    Shimizu Y.

  • 14. Japanese Guidelines for Fingolimod in MS: putting into practice. Clinical and Experimental Neuroimmunology 5:34-48.2014

    Matsui M, Shimizu Y, Doi H, Tomioka R, Nakashima I, Niino M, Kira J-I.

  • 15. 脱髄性疾患の妊娠・授乳中の治療指針. 日本臨床 79 (10) :1623-1630.2021

    日本臨床 79 (10) :1623-1630

  • 16. MS/NMO 女性患者への診療アプローチ. Annual Review 神経 2021 283-293頁 中外医学社.

    Annual Review 神経 2021 283-293頁 中外医学社

  • 17. 6.エイジング 8 多発性硬化症、視神経脊髄炎。 Clinical Neuroscience 39:99-102.2021

    清水優子、藤原一男.

  • 18. 43. 自己免疫性神経疾患治療薬、妊娠と授乳 改訂3版 563-572頁.2020

  • 19. 性差医療(6)免疫性神経疾患:妊娠・出産のマネージメント.東京女子医大学会誌.89:115-126.2019

    清水優子.

  • 20. 医事新報 質疑応答プロからプロへ「多発性硬化症患者の妊娠・出産時の治療について」.日本医事新報   No.4970:46-47.2019

    清水優子.

  • 21. 免疫抑制薬投与中の患者管理について.神経治療学.36:422-427.2019

    清水優子.

  • 22. 妊娠・出産における注意事項について教えてください.MG Frontier. 1:30-31.2019

    清水優子.

  • 23. NMO-SDにおける血清Leptin. 神経内科. 90:72-77.2019

    清水優子.

  • 24. 多発性硬化の最前線 妊娠・出産と就労.Pharma Medica. 36:59-63.2018

    清水優子.

  • 25. ここに注目!知っているようで知らない疾患のガイセツ 視神経脊髄炎関連疾患. Credentials.115:12-13.2018

    清水優子.

  • 26. 「多発性硬化症・視神経脊髄炎 診療ガイドライン2017 追加情報‐フマル酸ジメチル‐」(監修日本神経学会、編集 多発性硬化症・視神経脊髄炎診療ガイドライン作成委員会) 医学書院 (PDF版).2018

    清水優子(分担執筆)

  • 27. 「多発性硬化症・視神経脊髄炎 診療ガイドライン2017」(監修 日本神経学会、編集 多発性硬化症・視神経脊髄炎診療ガイドライン作成委員会) 医学書院.2017

    清水優子(分担執筆)

  • 28. A Case of Post-Lyme Disease Syndrome (PLDS) Involving Motor Neuropathy and Myositis . M J Neur.    3: 1-5.2018

    Shirai Y, Shimizu Y, Uchiyama Y, Kobayashi M, et al.

  • 29. Development of extensive brain lesions following interferon beta therapy in relapsing neuromyelitis optica  and longitudinally extensive myelitis. J Neurology.255:305-307.2008

    Shimizu Y, Yokoyama K, Misu T, Takahashi T, Fujihara K, Kikuchi S, Itoyama Y, Iwata M.

  • 30. A case of biopsy-proven leptomeningeal amyloidosis and IVIg-responsive polyneuropathy associated with   Ala25Thr transthyretin gene mutation. Amyloid J Protein Folding Disord. 13:37-41.2006

    Shimizu Y, Takeuchi M, Matsumura M, Tokuda T, Iwata M.

受賞

  • 1. 2016年 東京女子医科大学学会 吉岡彌生研究奨励賞

  • 2. 2017年 日本女医会 溝口昌子賞

本ページにおける情報は、医師本人の申告に基づいて掲載しております。内容については弊社においても可能な限り配慮しておりますが、最新の情報については公開情報等をご確認いただき、またご自身でお問い合わせいただきますようお願いします。

なお、弊社はいかなる場合にも、掲載された情報の誤り、不正確等にもとづく損害に対して責任を負わないものとします。

他の医師を見る

同じ所属病院の医師