東京女子医科大学 脳神経外科学講座 教授・講座主任

日本脳神経外科学会 脳神経外科専門医

川俣 貴一 かわまた たかかず 先生

  • 東京都
  • 脳神経外科

基本情報

診療科

  • 脳神経外科

受診可能な病気と得意な領域

  • 髄膜腫
    詳細
    川俣先生の髄膜腫に関する得意な領域
    • 手術
    • 定位放射線治療
  • 脳梗塞
    詳細
    川俣先生の脳梗塞に関する得意な領域
    • 開頭手術
    • 血管拡張術
  • 脳動脈瘤
    詳細
    川俣先生の脳動脈瘤に関する得意な領域
    • 開頭手術
    • コイル塞栓術

資格・所属学会

日本脳神経外科学会 脳神経外科専門医

役職など

  • 日本脳神経外科学会 代議員・評議員
  • 日本脳神経外科学会 卒後カリキュラム委員会委員、脳死検討委員会委員、データベース委員会委員、専門医認定委員会委員
  • 日本脳神経外科学会関東支部 理事
  • 日本脳卒中の外科学会 代議員
  • 日本脳卒中学会 幹事・代議員・評議員
  • 日本脳循環代謝学会 評議員
  • 関東脳神経外科懇話会 幹事
  • 東京女子医科大学 脳神経外科学講座 教授・講座主任

所属病院

東京女子医科大学病院
東京女子医科大学病院
  • 内科 血液内科 リウマチ科 外科 心療内科 精神科 神経内科 脳神経外科 呼吸器外科 消化器外科 腎臓内科 心臓血管外科 小児科 小児外科 整形外科 形成外科 皮膚科 泌尿器科 産婦人科 眼科 耳鼻咽喉科 リハビリテーション科 放射線科 歯科口腔外科 麻酔科 乳腺外科 呼吸器内科 循環器内科 消化器内科
  • 東京都新宿区河田町8-1
  • 都営大江戸線「若松河田駅」 若松口 徒歩5分 都営新宿線「曙橋駅」 A2出口 徒歩8分
所属病院について

来歴等

略歴

1986年 東京医科大学医学部 卒業
1986年 東京女子医科大学脳神経センター脳神経外科学講座 入局
1988年 東京女子医科大学脳神経センター脳神経外科学講座 助手
1994年 Harvard Medical School and Massachusetts General Hospital
2006年 東京女子医科大学脳神経センター脳神経外科学講座 講師
2006年 東京女子医科大学附属八千代医療センター 脳神経外科長・講師
2007年 東京女子医科大学附属八千代医療センター 脳神経外科長・准教授
2009年 東京女子医科大学附属八千代医療センター 脳神経外科長・教授
2013年 東京女子医科大学脳神経外科学講座 教授
2015年 東京女子医科大学脳神経外科学講座 主任教授
2015年 東京女子医科大学脳神経外科学講座 教授・講座主任(規定変更に伴う呼称変更)

論文

  • Usefulness of intraoperative laser Doppler flowmetry and thermography to predict a risk of postoperative hyperperfusion after superficial temporal artery-middle cerebral artery bypass for moyamoya disease. Neurosurg Rev 34: 355-362, 2011

    Kawamata T, Kawashima A, Yamaguchi K, Hori T, Okada Y.

  • Post-carotid endarterectomy cerebral hyperperfusion can be prevented by minimizing intraoperative cerebral ischemia and strict postoperative blood pressure control under continuous sedation. Neurosurgery 64:447-454, 2009

    Kawamata T, Okada Y, Kawashima A, Yoneyama T, Yamaguchi K, Ono Y, Hori T.

  • External carotid endarterectomy followed by superficial temporal artery to middle cerebral artery anastomosis for internal carotid artery occlusion with advanced ipsilateral external carotid stenosis. Neurosurgery 62 Operative Neurosurgery Supplement 2: ONS395-ONS399, 2008

    Kawamata T, Okada Y, Kawashima A, Yamaguchi K, Hori T.

  • Navigated transcranial magnetic stimulation for glioma removal: prognostic value in motor function recovery from postsurgical neurological deficits. J Neurosurg, in press, 2017Takakura T, Muragaki Y, Tamura M, Maruyama T, Nitta M, Niki C, Kawamata T.

  • Horisawa S, Ochiai T, Goto S, Nakajima T, Kawamata T, Taira T. Ten-year results of pallidal stimulation for cricopharyngeal dystonia with spasmodic dysphonia. Neurology 88:211-213, 2017

  • Ryu B, Kawamata T, Yamaguchi K, Kawashima A, Ono M, Okada Y. Moyamoya disease concurrent with Graves’ disease treated by direct bypass: clinical features and treatment strategies. Acta Neurochir (Wien) 157: 1095-1102, 2015

  • Yoneyama T, Kawamata T, Tanaka M, Yamaguchi K, Okada Y. Omnidirectional retractor-supporting ring as a new device for carotid endarterectomy. J Neurosurg 122:148-151, 2015

  • Kawamata T, Ishii N, Amano K, Namioka T, Hori T, Okada Y. A novel simple real-time electrooculographic monitoring system during transsphenoidal surgeries to prevent postoperative extraocular motor nerve dysfunction. Neurosurg Rev 36: 371-376, 2013

  • Kawamata T, Amano K, Aihara Y, Kubo O, Hori T. Optimal treatment strategy for craniopharyngiomas based on long-term functional outcomes of recent and past treatment modalities. Neurosurg Rev 33: 71-81, 2010

  • Kobayashi T, Kawamata T, Shibata N, Okada Y, Kobayashi M, Hori T. Angiotensin II type 1 receptor blocker telmisartan reduces cerebral infarct volume and peri-infarct cytosolic phospholipase A2 level in experimental stroke. J Neurotraum 26:2355-2364, 2009

※プロフィールは医師本人の申告に基づいて作成し掲載しています。