唐澤 久美子 先生のプロフィール

唐澤 久美子 先生

からさわ くみこ

唐澤 久美子 先生

東京女子医科大学放射線腫瘍学講座 教授・講座主任

専門分野

がん放射線療法(とくに乳がんなど)、粒子線治療

紹介

放射線療法のなかでも最先端分野である「粒子線治療」のエキスパート。世界で初めて乳がんの重粒子線治療を行い、従来の常識を覆す。大学卒業後、東京女子医科大学、順天堂大などを経て、2011年 放射線医学総合研究所 重粒子医科学センター病院治療課第三治療室長に就任、2015年 東京女子医科大学放射線腫瘍学講座 教授・講座主任に就任。
放射線療法に関わる、放射線腫瘍医のみならず、医学物理士、放射線治療専門看護師などの育成にも力を入れている。

略歴

1986年 東京女子医科大学卒業
1986年 東京女子医科大学放射線科 研修医
1986年 スイス国立核物理研究所 見学生
1989年 東京女子医科大学放射線医学講座 助手
1994年 東京女子医科大学医学博士号取得
2000年 東京女子医科大学放射線医学講座 講師
2002年 順天堂大学医学部放射線医学講座 講師
2005年 順天堂大学医学部放射線医学講座 助教授
              大学院医学研究科放射線医学 助教授併任
2006年 同大学院 先端放射線治療・医学物理学講座助教授、講座責任者
2011年 独立行政法人 放射線医学総合研究所
              重粒子医科学センター病院治療課第三治療室長
2012年 立教大学理学研究科客員教授
2015年 東京女子医科大学放射線腫瘍学講座 主任教授
2015年 東京女子医科大学放射線腫瘍学講座 教授・講座主任
現在に至る。

所属学会・資格・役職など

【所属学会】
日本放射線腫瘍学会、American Society for Radiation Oncology、European Society for Radiation Oncology、日本医学放射線学会、日本癌治療学会、日本乳癌学会、日本食道学会、日本頭頸部癌学会、日本医学物理学会、日本サイコオンコロジー学会、日本粒子線治療臨床研究会、日本放射線看護学会、日本高気圧環境・潜水医学会など
【委員等】
日本放射線腫瘍学会代議員・がん放射線治療推進委員・渉外関連学会委員、医学物理士認定機構副代表理事・渉外委員長・教育コース認定委員、日本乳癌学会評議員、日本医学物理学会代議員・教育委員・国際交流委員など
【専門医】
放射線治療専門医、乳癌学会乳腺専門医、がん治療認定医

受賞・著書・論文など

【受賞】
第72回 日本医学放射線学会総会Gold Medal.2013.4
Medical Women's International Association Award of Excellence 2013.8
第15回 乳癌最新情報カンファランス優秀演題賞 2014.8

【著書】(5本程度)
頭頸部癌の放射線治療(金原出版1995)
癌放射線治療(篠原出版1995)
癌放射線療法マニュアル(金原出版1997)
婦人科癌治療学(中山書店1997)
放射線医学サブノート(教育広報社1997)
臨床放射線のコツと落とし穴(中山書店1999)
21世紀耳鼻咽喉科 頭頸部腫瘍 放射線治療(中山書店2000)
癌放射線治療2002(篠原出版新社2002)
乳癌治療のコツと落とし穴(中山書店、2004)
乳腺疾患(医歯薬出版、2004)
乳癌診療ガイドライン(金原出版2005)
必携 診療マニュアル(中外医学社2005)
乳癌診療ガイドラインの解説(金原出版2006)
乳癌 基礎・臨床研究のアップデート(日本臨床社2007)
エビデンス放射線治療(中外医学社2007)
造血幹細胞移植のすべて(科学評論社2007)
がん放射線治療の理解とケア(学研、2007)
がん医療入門(朝倉書店2008)
放射線治療分野の医学物理士の基礎知識(篠原出版新

【受賞】
第72回 日本医学放射線学会総会Gold Medal.2013.4
Medical Women's International Association Award of Excellence 2013.8
第15回 乳癌最新情報カンファランス優秀演題賞 2014.8

【著書】(5本程度)
頭頸部癌の放射線治療(金原出版1995)
癌放射線治療(篠原出版1995)
癌放射線療法マニュアル(金原出版1997)
婦人科癌治療学(中山書店1997)
放射線医学サブノート(教育広報社1997)
臨床放射線のコツと落とし穴(中山書店1999)
21世紀耳鼻咽喉科 頭頸部腫瘍 放射線治療(中山書店2000)
癌放射線治療2002(篠原出版新社2002)
乳癌治療のコツと落とし穴(中山書店、2004)
乳腺疾患(医歯薬出版、2004)
乳癌診療ガイドライン(金原出版2005)
必携 診療マニュアル(中外医学社2005)
乳癌診療ガイドラインの解説(金原出版2006)
乳癌 基礎・臨床研究のアップデート(日本臨床社2007)
エビデンス放射線治療(中外医学社2007)
造血幹細胞移植のすべて(科学評論社2007)
がん放射線治療の理解とケア(学研、2007)
がん医療入門(朝倉書店2008)
放射線治療分野の医学物理士の基礎知識(篠原出版新社、2009)
患者さんのための乳がん診療ガイドライン(金原出版2009)
がん放射線療法2010(篠原出版新社、2010)
がん放射線療法2010別冊(篠原出版新社2010)
乳癌診療ガイドライン(金原出版2011)
米国医学物理レジデント研修記(篠原出版新社、2011)
がん放射線治療と看護の実践(金原出版2011)
医学物理の理工学(養賢堂2012)
根拠がわかるがん看護ベストプラクティス(南江堂2012)
がん看護パーフェクトガイド放射線療法(学研メディカル秀潤社 2012)
臨床放射線腫瘍学 (南光堂 2012)
放射線治療計画ガイドライン2012 (金原出版 2012)
チームで取り組む乳がん放射線療法(メディカル教育研究社 2013)
Carbon-Ion Radiotherapy. Principle, Practice, and Treatment Planning (Springer, 2014)
がん放射線治療ガイドブック(学研メディカル秀潤社 2016)
がん放射線療法2017(学研メディカル秀潤社 2017)

【論文】
1. Hashimoto Y, Motegi A, Akimoto T, Mitsuhashi N, Iizuka J, Tanabe K, Ishii Y, Kono S, Izumi S, Karasawa K. The 5-year outcomes of moderately hypofractionated radiotherapy (66 Gy in 22 fractions, 3 fractions per week) for localized prostate cancer: a retrospective study. Int J Clin Oncol. 2017 Jul 31. doi: 10.1007/s10147-017-1175-1
2. Kadoya N, Karasawa K, Sumida I, Arimura H, Kakinohana Y, Kabuki S, Monzen H, Nishio T, Shirato H, Yamada S. Educational outcomes of a medical physicist program over the past 10 years in Japan. J Radiat Res. 2017 Apr 11:1-6.
3. Mizuno H, Fukuda S, Fukumura A, Nakamura YK, Jianping C, Cho CK, Supriana N, Dung TA, Calaguas MJ, Devi CR, Chansilpa Y, Banu PA, Riaz M, Esentayeva S, Kato S, Karasawa K, Tsujii H. Multicentre dose audit for clinical trials of radiation therapy in Asia. J Radiat Res. 2016 Nov 17. [Epub ahead of print]
4. Shiba S, Wakatsuki M, Kato S, Ohno T, Okonogi N, Karasawa K, Kiyohara H, Tsujii H, Nakano T, Kamada T, Shozu M; The Working Group of the Gynecological Tumor. Carbon-ion radiotherapy for locally advanced cervical cancer with bladder invasion. J Radiat Res. 2016 Nov;57(6):684-690.
5. Wakatsuki M, Kato S, Ohno T, Kiyohara H, Karasawa K, Tamaki T, Ando K, イIrie D, Tsujii H, Nakano T, Kamada T, Shozu M; The Working Group of the Gynecological Tumor. Difference in distant failure site between locally advanced squamous cell carcinoma and adenocarcinoma of the uterine cervix after C-ion RT. J Radiat Res. 2015 May;56(3):523-8
6. Akamatsu H, Karasawa K, Omatsu T, Isobe Y, Ogata R, Koba Y. First experience of carbon-ion radiotherapy for early breast cancer. Jpn J Radiol. 2014 32(5), 288-295
7. Shikama N, Sekiguchi K, Nakamura K, Sekine H, Nakayama Y, Imanaka K, Akiba T, Aoki M, Hatayama Y, Ogo E, Kagami Y, Kawashima M, Karasawa K. Preliminary Results from a Multi-center Prospective Study (JROSG 05-5) on Postoperative Radiotherapy for Patients with High-risk Ductal Carcinoma in situ with Involved Margins or Margin Widths 1 mm or less than Ame J Breast Cancer Res. 2014 ;1(1)1-8
8. Karasawa K, Fujita M, Shoji Y, Horimoto Y, Inoue T, Imai T. Biological Effectiveness of Carbon-Ion Radiation on Various Human Breast Cancer Cell Lines. J Cell Sci Ther 5:180. doi: 10.4172/2157-7013.1000180, 2014
9. Karasawa K, Kunogi H, Hirai T, Hojo H, Hirowatari H, Izawa H, Ito K, Sasai K, Kawashima M, Furuya T, Sugimoto S, Kurokawa C, Ozawa S, Saito M. Comparison between Hypofractionated and Conventionally Fractionated Whole-breast Irradiation in Early Breast Cancer Patients: A Single Institutional Study of 1,098 Patients. Breast Cancer 21(4):402-408, 2014
10. Karasawa K, Wakatsuki M, Kato S, Kiyohara H, Kamada T, the Working Group for Gynecological Tumors. Clinical Trial of Carbon Ion Radiotherapy for Gynecological Melanoma.J Radiat Res 2014;55(2):343-50

続きを見る

唐澤 久美子先生 の所属する医療機関

東京女子医科大学病院

TEL: 03-3353-8111

東京女子医科大学病院

東京都新宿区河田町8-1

都営地下鉄大江戸線「若松河田駅」 若松口 徒歩5分

都営地下鉄新宿線「曙橋駅」 A2出口 徒歩8分

- -

受付時間: 9:00~16:00 土曜9:00~12:00 原則、紹介・予約制 予約外受付は7:30~11:00 科により異なる 第3土曜・創立記念日(12/5)休診 臨時休診あり

診療科目: 内科 血液内科 リウマチ科 外科 心療内科 精神科 神経内科 脳神経外科 呼吸器外科 消化器外科 腎臓内科 心臓血管外科 小児科 小児外科 整形外科 形成外科 皮膚科 泌尿器科 産婦人科 眼科 耳鼻咽喉科 リハビリテーション科 放射線科 歯科口腔外科 麻酔科 乳腺外科

唐澤 久美子 先生 の記事