新型コロナウイルス感染症特設サイトはこちら

東京女子医科大学 内分泌内科学講座 教授・講座主任

日本内科学会 総合内科専門医・内科指導医 日本内分泌学会 内分泌代謝科専門医・内分泌代謝科指導医 日本透析医学会 透析専門医・透析指導医 日本腎臓学会 腎臓専門医・腎臓指導医 日本抗加齢医学会 抗加齢専門医 日本医師会 認定産業医

市原 淳弘 いちはら あつひろ 先生

高血圧や内分泌疾患を診る専門医として高い実績を有する内科医。疾患の治療のみならず、患者さんの心や人生に寄り添い、力強く支える診療をモットーとしている。2011年には東京女子医科大学 内分泌内科学講座の主任教授に就任し、後進の育成にも尽力している。

市原先生のストーリー記事

患者さんの心・人生に寄り添いたい
患者さんの心・人生に寄り添いたい

医師は天職と語る市原淳弘先生のストーリー

基本情報

診療科・主な得意領域

  • 代謝内科
  • 内分泌内科
  • 内分泌疾患全般

資格・学会・役職

日本内科学会 総合内科専門医・内科指導医
日本内分泌学会 内分泌代謝科専門医・内分泌代謝科指導医
日本透析医学会 透析専門医・透析指導医
日本腎臓学会 腎臓専門医・腎臓指導医
日本抗加齢医学会 抗加齢専門医
日本医師会 認定産業医
  • 東京女子医科大学 内分泌内科学講座 教授・講座主任
  • 日本高血圧学会 理事/評議員/認定専門医/指導医/特別正会員
  • 日本内分泌学会 評議員/関東甲信越支部幹事
  • 日本内科学会 評議員
  • 日本動脈硬化学会 評議員/認定専門医/指導医
  • 日本心血管内分泌代謝学会 理事/評議員
  • 日本妊娠高血圧学会 常任理事
  • 日本母性内科学会 理事
  • 日本臨床分子医学会 監事/評議員
  • 日本腎臓学会 学術評議員
  • 日本糖尿病学会 会員
  • 日本神経内分泌学会 会員
  • 日本甲状腺学会 会員
  • 日本血管生物医学会 会員
  • 米国内分泌学会 会員
  • 欧州内分泌学会 会員
  • 米国腎臓学会 会員
  • 米国生理学会 会員
  • 国際高血圧学会 会員
  • 国際腎臓学会 会員
  • 慶應義塾内科学教室同窓会 幹事
  • 川崎三四会 副会長
  • 新宿三四会 顧問
  • 新宿三田会 会員

所属病院

東京女子医科大学病院

  • 内科 血液内科 膠原病リウマチ内科 外科 心療内科 精神科 神経内科 脳神経外科 呼吸器外科 消化器外科 腎臓内科 心臓血管外科 小児科 小児外科 整形外科 形成外科 皮膚科 泌尿器科 産婦人科 眼科 耳鼻咽喉科 リハビリテーション科 放射線科 歯科口腔外科 麻酔科 乳腺外科 呼吸器内科 循環器内科 緩和ケア内科 消化器内科 内視鏡内科 糖尿病内科 内分泌内科 代謝内科 人工透析内科 脳神経内科 内分泌外科 放射線診断科 精神神経科 総合診療科 病理診断科
  • 東京都新宿区河田町8-1
  • 都営大江戸線「若松河田駅」 若松口 徒歩5分 都営大江戸線「牛込柳町駅」 西口 徒歩8分 都営新宿線「曙橋駅」 A2出口 徒歩12分
  • 03-3353-8111
東京女子医科大学病院

来歴等

略歴

1986年 慶應義塾大学医学部卒業
1986年 慶應義塾大学病院内科研修医
1995年 米国Tulane大学医学部生理学教室リサーチフェロー
1997年 米国Tulane大学医学部生理学教室講師
1998年 川崎市立井田病院内科医長
2001年 慶應義塾大学医学部内科助手
2007年 慶應義塾大学医学部 抗加齢内分泌学講座 講師
2009年 慶應義塾大学医学部 抗加齢内分泌学講座 准教授
2011年 東京女子医科大学 内分泌内科学講座 主任教授

論文

1. Nartita T, Ichihara A, Matsuoka K, Takai Y, Bokuda K, Morimoto S, Itoh H, Seki
H. Placental (pro)renin receptor expression and plasma soluble (pro)renin receptor levels in preeclampsia. Placenta. 2016 Jan;37:72-8.
2. Wang F, Lu X, Peng K, Fang H, Zhou L, Su J, Nau A, Yang KT, Ichihara A, Lu A, Zhou SF, Yang T. Antidiuretic Action of Collecting Duct (Pro)Renin Receptor Downstream of Vasopressin and PGE2 Receptor EP4. J Am Soc Nephrol. 2016 Oct;27(10):3022-3034.
3. Ramkumar N, Stuart D, Calquin M, Quadri S, Wang S, Van Hoek AN, Siragy HM, Ichihara A, Kohan DE. Nephron-specific deletion of the prorenin receptor causes a urine concentration defect. Am J Physiol Renal Physiol. 2015 Jul 1;309(1):F48-56.
4. Morimoto S, Ando T, Niiyama M, Seki Y, Yoshida N, Watanabe D, Kawakami-Mori F, Kobori H, Nishiyama A, Ichihara A. Serum soluble (pro)renin receptor levels in patients with essential hypertension. Hypertens Res. 2014 Jul;37(7):642-8.
5. Kurauchi-Mito A, Ichihara A, Bokuda K, Sakoda M, Kinouchi K, Yaguchi T, Yamada T, Sun-Wada GH, Wada Y, Itoh H. Significant roles of the (pro)renin receptor in integrity of vascular smooth muscle cells. Hypertens Res. 2014 Sep;37(9):830-5.
6. Kinouchi K, Ichihara A, Sano M, Sun-Wada GH, Wada Y, Ochi H, Fukuda T, Bokuda K, Kurosawa H, Yoshida N, Takeda S, Fukuda K, Itoh H. The role of individual domains and the significance of shedding of ATP6AP2/(pro)renin receptor in vacuolar H(+)-ATPase biogenesis. PLoS One. 2013 Nov 4;8(11):e78603.
7. Watanabe N, Morimoto S, Fujiwara T, Suzuki T, Taniguchi K, Mori F, Ando T, Watanabe D, Kimura T, Sago H, Ichihara A. Prediction of gestational diabetes mellitus by soluble (pro)renin receptor during the first trimester. J Clin Endocrinol Metab. 2013 Jun;98(6):2528-35.
8. Watanabe N, Morimoto S, Fujiwara T, Suzuki T, Taniguchi K, Ando T, Kimura T, Sago H, Ichihara A. Association between soluble (Pro)renin receptor concentration in cord blood and small for gestational age birth: a cross-sectional study. PLoS One. 2013;8(3):e60036.
9. Maruyama N, Segawa T, Kinoshita N, Ichihara A. Novel sandwich ELISA for detecting the human soluble (pro)renin receptor. Front Biosci (Elite Ed). 2013 Jan 1;5:583-90. PubMed PMID: 23277014.
10. A. Ichihara, M. Hayashi, Y. Kaneshiro, F. Suzuki, T. Nakagawa, Y. Tada, Y. Koura, A. Nishiyama, H. Okada, M. N. Uddin, A. H. M. N. Nabi, Y. Ishida, T. Inagami, and T. Saruta. Inhibition of diabetic nephropathy by a decoy peptide corresponding to the “handle” region for non-proteolytic activation of prorenin. J Clin Invest, 114: 1128-1135, 2004.

その他

  • 【受賞】 1997年 米国生理学会Caroline tum Suden/Frances A Hellebrandt賞

  • 【受賞】1997年 米国Tulane大学リサーチフェロー最優秀研究賞

  • 【受賞】1998年 J Walter Libby賞(American Heart Association: AHA)

  • 【受賞】1999年 若手研究奨励賞(Inter-American Society of Hypertension)

  • 【受賞】2004年 Hypertension Research Novartis Award(日本高血圧学会)

  • 【受賞】2006年 Renin Academy Award (国際高血圧学会 ISH2006)

  • 【受賞】2011年 慶應医学賞医学研究奨励賞

本ページにおける情報は、医師本人の申告に基づいて掲載しております。内容については弊社においても可能な限り配慮しておりますが、最新の情報については公開情報等をご確認いただき、またご自身でお問い合わせいただきますようお願いします。

なお、弊社はいかなる場合にも、掲載された情報の誤り、不正確等にもとづく損害に対して責任を負わないものとします。

他の医師を見る

同じ所属病院の医師